カージャパン・インフォ

日本車を中心にした自動車発売情報まとめ

マツダ

マツダ 新型デミオ 2019 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

マツダ 新型デミオ 2019

マツダのエントリーカーで、コンパクトハッチバックの「デミオ(欧州名マツダ2)」。

2014年にフルモデルチェンジした4代目は、マツダの「鼓動デザイン」を取り入れ、このコンパクトなクラスにも妥協しない、質の高いインテリアや、躍動感のエクステリアデザインなど飛躍したモデルとなりました。

また、マツダが得意のディーゼルターボモデルも日本仕様では初の導入も話題となりました。

2016年10月と2017年の4月にマイナーチェンジを実施し、機能を拡充してます。

マツダ 新型デミオ 2019の最新情報を随時更新していきます。

 

【関連記事】2017年11月にフルモデルチェンジ!マツダ 新型アテンザ 2018 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

 

---------スポンサードリンク---------

 

2017年のマイナーチェンジの内容

マツダ 新型デミオ 2019 情報更新日(2017年6月1日):

2016年4月20日に発表

i-ACTIVSENSEを全グレードに標準化しました。この辺り、安全技術でスバルを追い越そうと本気になっているようですね。

  • スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)
  • AT誤発進抑制制御[前進時]
  • ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
  • リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)

 

2016年マイナーチェンジの内容

マツダ 新型デミオ 2019 情報更新日(2017年6月1日):

2016年10月14日に発表

  • Gベクタリングコントロールの装備
  • ナチュラル・サウンド・周波数コントロール
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイのフルカラー化
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

 

---------スポンサードリンク---------

4代目マツダ デミオの概要

1996年に初代登場し、2002の2代目、2007年に3代目、そして2014年4代目が登場。

コンパクトカーで日本唯一のディーゼルモデルや、安全運転支援機能も標準装備されるなど充実。

 

基本スペック

サイズ

全長:4,060mm

全幅:1,695mm

全高:1,525mm

ホイールベース:2,570mm

 

パワートレイン(XD)

1.5リッター 直4 ディーゼルターボエンジン

最高出力:105PS/4,000pm

最大トルク:25.5gm/1,500~2,500rpm

 

トランスミッション

6AT

 

燃費

JC08モード燃費:26.4km/L

 

安全性能

【緊急自動ブレーキ】対車両

【誤発進制御】前進/後進

【クルーズコントロール】全車速追従

 

外装(エクステリアデザイン)まとめ

 

内装(インテリア)まとめ

 

動画 まとめ

 

 

 

 

-マツダ
-, , , , , , ,