カージャパン・インフォ

日本車を中心にした自動車発売情報まとめ

レクサス

2017年秋に日本発売!レクサス 新型CT200h 2018 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

レクサス CT200h 2018

2011年にデビューした、レクサスのセグメントハッチバックのハイブリッド「CT200h」。

コンパクトなサイズで、且つ高級な内外装は、女性にも人気のモデルとなっています。

2017年にビッグマイナーチェンジされ、秋ごろに日本発売となる予定です。

レクサス 新型CT200h 2018の最新情報を随時更新していきます。

 

 

【関連記事】2017年9月14日にマイナーチェンジ。 レクサス 新型 NX 2018【新型車情報・発売日・スペック・価格】

 

---------スポンサードリンク---------

 

2017年マイナーチェンジ

レクサス 新型CT200h 2018 情報更新日(2017年6月15日):

ヘッドライト内に、レクサス定番のアロー形状のクリアランスランプが配置されました。

また、ナビゲーションのディスプレイも10.3インチに拡大。

レクサスの予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を装備。

 

エクステリアの写真

全体的に引き締まった印象になりました。

Fスポーツパッケージ

なかなかスポーティで、あまり派手すぎずいい感じです。

インテリアの写真

より洗練され、質感が高まったように思います。

---------スポンサードリンク---------

 

フルモデルチェンジの主な内容

レクサス 新型CT200h 2018 情報更新日(2017年6月9日):

クロスオーバータイプとして発売される噂されていましたが、新車種のUXが、トヨタC-HRのレクサス版として2017年9月に登場予定なので、これは無いようです。

現時点では、なにも開発に関する情報が無いので、もしかしたら廃盤になる可能性があります。

GSも今後にモデルチェンジが無いと北米メディアが記事にしていますので、ラインアップの見直しを図っているものと思われます。

とはいえ、欧州ではいまだ人気のCセグメントハッチバックなので、欧州でシェアを拡大したいレクサスにとっては、なんらかのアクションがあると期待できます。

 

---------スポンサードリンク---------

初代レクサス CT200hの概要

2011年に初登場し、2017年にビッグマイナーチェンジ。スピンドルグリルが採用されました。

基本スペック

サイズ

全長:4,350mm

全幅:1,765mm

全高:1,460mm

ホイールベース:2,600mm

 

パワートレイン

1.8リッター 直4 ガソリンエンジン +モーター

最高出力:99PS/5,200pm +60kW

最大トルク:14.5kgm/4,000rpm +207Nm

 

トランスミッション

CVT

燃費

JC08モード燃費:26.6km/L

安全性能

【緊急自動ブレーキ】対車両

【誤発進制御】無

【クルーズコントロール】低速

価格

外装(エクステリアデザイン)まとめ

※写真は欧州仕様

【参照】https://www.netcarshow.com/lexus/2014-ct_200h/

内装(インテリア)まとめ

※写真は欧州仕様

【参照】https://www.netcarshow.com/lexus/2014-ct_200h/

動画 まとめ

 

 

 

-レクサス
-, , , , , , ,