カージャパン・インフォ

日本車を中心にした自動車発売情報まとめ

三菱

三菱 アウトランダー 2018 【新型情報・発売日・スペック・価格】

目次

アウトランダー アクティブギア(ACTIVE GEAR)を追加

三菱 アウトランダー 2018 情報更新日(2017年7月21日):

デリカD5で先に登場した「アクティブギア」のアウトランダー版が登場しました。

価格

【直列4気筒SOHC 2.0L CVT(INVECS-III) 2WD】2,895,480円

【直列4気筒SOHC 2.4L 4WD】3,189,240円

ACTIVE GEAR コンプリートパッケージは、70,437円

 

オフィシャル写真

 

---------スポンサードリンク---------

 

アウトランダーPHEV 2017年モデルの発表

三菱 アウトランダー 2018 情報更新日(2017年2月16日):

2017年式のアウトランダーPHEVが発表されました。

安全機能などの追加と、ラインアップにスポーティなエディション「S EDITION」が追加。

 

【参照】https://www.hyogo-mitsubishi.com/news/outlander-phev20170209000002.html

 

 

 

アウトランダー ガソリン仕様もマイナーチェンジ

PHEVのスポーティな「S EDITION」の様なグレードが出ないようです。

インテリア・デザインの変更(センターコンソール)が一番大きなトピックかもしれません。

個人的にはSDAは良いなと思います。グーグルマップが結構優秀なので。

主な変更点

グレードの追加

■20G Navi Packageの設定

 

予防安全技術の追加

■衝突被害軽減ブレーキのシステムの変更・・・ミリ波レーダーからカメラとレーザーレーダーを併用したシステムに変更し、「歩行者検知機能」が追加。

■後側方車両検知警報システムの追加

■オートマチックハイビームの追加

■マルチアラウンドモニターの追加

 

予防安全技術の追加

■SDA・・・スマートフォン連携ディスプレイオーディオのオプション設定(Apple CarPlayやAndroid Autoが利用可能

■電動パーキングブレーキの追加

 

エクステリア

■フロントフォグランプをLEDに変更

■ルーフアンテナがシャークフィンタイプに

 

インテリア

■センターコンソールの変更・・・PHEVモデルと同じようなデザインに変更。「漆喰」のイメージした光沢のあるブラックに。

 

 

---------スポンサードリンク---------

 

アウトランダー:北米モデルインプレッション動画

三菱 アウトランダー 2018 情報(2017年2月13日更新):

カナダ2017年型モデルのインプレッション。SDA(Smartphone Link Display Audio)が装着されています。

アウトランダーPHEV S Editionの装備

■ルーフがブラックになり、2トーンの仕様に

■ダークシルバーの専用アルミホイール

■レッドステッチ・加飾パネル

S Editionのエクステリア写真

【参照】https://www.hyogo-mitsubishi.com/news/outlander-phev20170209000002.html

S Editionのインテリア写真

【参照】https://www.hyogo-mitsubishi.com/news/outlander-phev20170209000002.html

CM動画

機能説明動画

アウトランダーPHEV 100V AC電源/V2H

アウトランダーPHEV e-Assist/マルチアラウンドモニター

アウトランダーPHEV 充電電力使用時走行距離/3つの走行モード

アウトランダーPHEV ツインモーター4WD/静粛性/S-AW

アウトランダーPHEV 停まっている時の価値篇

アウトランダーPHEV 所有する歓び篇

アウトランダーPHEV 走る歓び篇

スマートフォン連携ディスプレイオーディオ「Apple CarPlay篇」

スマートフォン連携ディスプレイオーディオ「Android Auto™篇」

 

2017年モデルの追加装備・変更点

PHEV性能の更なる向上

①EVプライオリティーモード

電動車ならではのEV走行領域を最大にするEVプライオリティーモードを設定。スイッチを押すだけで、エンジンを始動させずガソリンを使わず排出ガスゼロで走行可能。

②バッテリー出力向上

駆動用バッテリーの出力アップにより、EV走行性能を強化。

③バッテリー特別保証拡大

駆動用バッテリーの特別保証を8年16万km(←16型 5年10万km)に拡大。

④急速充電時間の短縮

充電制御を改良し、急速充電時間を約30分から約25分へ短縮

⑤5つのタイマーセットが可能

三菱リモートコントロールの利便性向上として、1日に複数(5つ)のタイマーをセット可能に。

⑥LEDをフォグランプに採用

先進的なイメージを表現するLEDをフォグランプに採用。(「M」を除く類別に標準装備)

⑦電動パーキングブレーキ

スイッチを引き上げることでパーキングブレーキが作動し、押すことで解除できる電動パーキングブレーキ(三菱初)により利便性が向上。作動中は、ブレーキペダルから足を離しても停車状態が継続。

コネクティング技術の採用

「Google Android Auto」、「Apple CarPlay」両方に対応するスマートフォン連携ディスプレイオーディオをメーカーオプションとして追加設定。(S Editionは標準装備)

予防安全性能の進化

衝突被害軽減ブレーキ(FCM)

予防安全システムの更なる向上として、「衝突被害軽減ブレーキ(FCM)」に歩行者検知を追加、オートマチックハイビームを採用。(「M」を除く類別に標準装備)

後側方車両検知警報システム

後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)と後退時車両検知警報システムをメーカーオプションとして設定し、先進性と安全性が向上。

操縦安定性の強化

ショックアブソーバー改良

サスペンションには、応答性に優れたモノチューブ式のBILSTEIN社製ショックアブソーバーを採用。リニアな車両挙動とばね上の安定感を高めSUVとして高い操縦安定性と良質な乗心地を実現。

S-AWCの制御量を適正化

S-AWC(Super All Wheel Control)の制御量を適正化し、滑りやすい路面での走破性が向上、旋回時のライントレース性能が向上し、より安定した走行が可能に。

【引用】https://www.hyogo-mitsubishi.com/news/outlander-phev20170209000002.html

 

 

 

アウトランダーPHEVにスポーツ仕様のモデルを追加

アウトランダーPHEVで足まわり強化、ビルシュタインを装備した、スポーツ仕様が追加されるようです。
発表は2017年1月29日。

新型アウトランダーPHEVの予告広告

 

アウトランダーPHEV、2017年にマイナーチェンジ(一部改良)を実施

2016年12月27日更新

【参照】http://minkara.carview.co.jp/image.aspx?src=http%3a%2f%2fcdn.snsimg.carview.co.jp%2fminkara%2fblog%2f000%2f039%2f056%2f147%2f39056147%2fp1.jpg%3fct%3d61d996669099

 

 

 

 

 

スペック:アウトランダーPHEV

全長x全幅x全高(mm) 4695x1800x1710
ホイールベース(mm) 2670
定員 5名
エンジン 2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン (4B11型)
最高出力 118ps/4500回転
最大トルク 19.0kgf.m/4500回転
モーター S61(フロント) / Y61(リヤ)
モーター最高出力 82ps(フロント) / 82ps(リヤ)
モーター最大トルク 14.0kgf.m(フロント) / 19.0kgf.mY61(リヤ)
駆動方式 S-AWC

-三菱
-, , , ,