未分類

未分類

旭化成、創立100周年を記念して「AKXY2」コンセプトを発表

このコンセプトは、「持続可能性、満足度、社会に対する価値観が、自動化と電動化に向かう未来のモビリティのニーズにどのように影響するか」を再想像するために設計され、よりによってウィーンモービルに視覚的に類似した未来的なポッドです。
未分類

ホンダ、新型パイロットとCR-Vのデビューは2022年、アコードハイブリッドは2023年と確認

ホンダは、電気自動車のクロスオーバー「プロローグ」をメディアに初公開する一方で、今後数年のうちに、いくつかの主力モデルの次世代モデルを発表する計画を明らかにしました。その多くはハイブリッド車として登場します。
未分類

新型ホンダHR-Vのエンジンは2.0L、CARB文書で判明

カリフォルニア大気資源局(CARB)の認証データベースが更新され、2023年型ホンダHR-Vに2.0リッターエンジンが搭載されることを示唆するデータが掲載された。 Integra Talkフォーラムの投稿者によって初めて発見されたCARBデータベースは、現行モデルよりも大きなエンジンを搭載することに加え、北米仕様の新型HR-Vが前輪駆動と全輪駆動の両方で提供されることを示唆している。
未分類

マツダ、MX-5(ロードスター)をガソリンエンジン搭載のFRプラットフォームで維持することを約束

ほとんどの自動車メーカーがEV導入に向けてダウンサイジングを進めている中、マツダは正反対のことを行っています。マツダは最近、直列6気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジンを搭載した後輪駆動の新プラットフォームを発表しました。さらに、自然吸気のパワートレインを搭載した車を販売する最後の自動車メーカーのひとつでもあります。
未分類

トヨタが限定生産のGRスープラGT4 50エディションレースカーを発売

トヨタ・スープラは2020年モデルで復活し、トヨタは時間をかけずにレース参戦を果たした。また、2020年には「GRスープラGT4」を発売し、サーキット専用車の販売台数は2021年末に50台に達している。トヨタは、標準車よりも特別な装備を追加した新しいトヨタGRスープラGT4 50エディションで、その数に少なくとも6台を追加する予定です。
タイトルとURLをコピーしました