ホンダ

ホンダ

この4ドアの1997年型ホンダ・インテグラType Rは新車よりも注目を浴びるだろう

JDMヒーローカーは、しばしば海外で新車販売されたときよりも高い値段でアメリカで売られることがあります。しかし、この1997年式ホンダ・インテグラType-Rは例外かもしれません。JDMだけの特別な演出が満載で、新型アキュラ・アキュラ・インテグラよりずっとカッコイイのです。スピードもたぶん速い。
ホンダ

ホンダ、「シビック タイプR」の発売25周年を記念し、米国が獲得できなかった全世代を想起させるイベントを開催

2023年に発売される新型ホンダ シビック タイプRの発売を前に、ホンダはこのハイパフォーマンスモデルを祝福しています。この四半世紀の間、前輪駆動のハッチバックは、このセグメントで最高の車の一つとして確固たる地位を築いてきました。Type-RのDNAに組み込まれたスピードへの欲求は、各世代を通じて容易に確認することができます。
ホンダ

次期ホンダブリーズ、中国のCR-Vの兄弟車として早くも登場

ホンダは中国で2つの非常によく似たSUVを提供している - 東風ホンダが生産する通常のCR-Vと、GACホンダが生産するBreezeです。後者の新世代は、中国工業技術部の一連の写真に登場し、そのエクステリアデザインを完全に明らかにした。
ホンダ

ホンダ、2023年発売の新型「シビック タイプR」に公式アクセサリーを装着して日本市場に投入

ホンダアクセスの公式アクセサリーを多数装着した2023年型新型シビックタイプRが初公開された。 問題のシビックタイプRは、8月6日、7日に富士スピードウェイで開催された2022年スーパーGT選手権日本大会第4戦に展示された。
ホンダ

2023年 ホンダ パイロット トレイルスポーツ、ホンダ史上最も高性能なSUVとして発表

ホンダは、新型「パイロット」の "トレイルスポーツ "の画像を公開しました。岩の多い崖を走行する写真を撮影した次期パイロットTrailSportは、「ホンダのSUVの中で最も頑丈で高性能」と説明されています。
ホンダ

2023年新型ホンダ・シビック・タイプRはセダンでも意味があるのか?

ホンダのシビックタイプRは、最も期待されているホットハッチのひとつですが、もしスポーツセダンの形でも提供されたらどうでしょう?デジタルアーティストのTheottleは、Type Rのアグレッシブなボディキットとシビックセダンの4ドアシルエットを組み合わせた一連のレンダリングでこの問いに答えました。
ホンダ

2023年 ホンダ フィットRS、パワーアップして正式発表

ホンダが4代目フィット/ジャズを発表したのは2019年10月だったが、早くもキュートなスーパーミニのニップ&タックを予告している。ここに見られるのは、秋の発売を前にしたJDM仕様のモデルで、バイヤーは以下のトリムレベルから選ぶことができるようになり、ラインナップが再編された。
ホンダ

ホンダ シビック タイプRワゴン 完成予想図

1997年に登場したホンダ・シビック・タイプRは、その赤い車名の通り、ハッチバック(主に3ドア、2015年以降は5ドア)が用意されてきた。もちろん、2007年のFD2を除いての話である。シビック タイプRは、初めて8代目モデルをベースにしたセダンとして、日本限定で販売された。
ホンダ

ホンダ 新型「シビック タイプR」、将来的にプラグインハイブリッドパワートレインを搭載する可能性あり

新型ホンダ・シビックタイプRは、この種の最後のホットハッチのひとつとして純ICE仕様で登場するが、新しいレポートによると、現行世代のホットハッチは将来的にプラグインハイブリッドパワートレインを獲得する可能性があるという。
ホンダ

2023 ホンダ シビック タイプRにカーボンウィングなどの純正アクセサリーを装着

新型シビック・タイプRは、先代に比べてビジュアルがトーンダウンし、FL5がかなりおとなしい印象になりました。FK8のアグレッシブなスタイリングとフェイクベントが、ホットハッチの外観を複雑にしすぎていたので、これは良いことだと言う人もいるだろう。
ホンダ

ホンダ・シビックタイプR:その変化を並べて見る

長い間待たされた2022年型ホンダ・シビック・タイプRが、ついに登場しました。残念ながら、自動車メーカーは新型車のメカニカルな部分について多くを語ってはいない。同社はこれが「史上最もパワフルなタイプR」であると約束しているが、それは馬力の数値が306馬力(228キロワット)よりも高いことを教えてくれるに過ぎない。
ホンダ

リークされたパンフレットによると2023 ホンダ シビック タイプRは326馬力になる

ホンダが2023年に発売する「シビック タイプR」の製品パンフレットと称する写真がネット上に流出し、この新型ホットハッチが最高出力326ps(243kW/330PS)、最大トルク310lb-ft(420Nm)であることが示唆されています。
ホンダ

2023年 ホンダ シビック タイプRのスタートアップグラフィックは、大人っぽいスタイリングを忠実に再現

1992年に「NSX Type R」として登場した「Type R」バッジの誕生から30周年を迎えたホンダが、次世代「シビック Type R」の内外装デザインを完全公開した。 ベースとなった11代目シビック・ハッチバックと同様、新型ホンダ・シビックタイプR FL5も、スタイリングはある程度抑えられている。
ホンダ

2023年 ホンダ シビック タイプR、丸型ステアリングホイールのルールを語る

2023年型ホンダ シビック タイプRは、公式発表後、K20ターボ2.0リッターエンジンの出力がどれくらい上がるのか、時速60マイル(約96km)に達するのかなど、まだわかっていないことがたくさんある。しかし、ひとつだけわかっているのは、ステアリングホイールが華麗に丸みを帯びていることだ。
ホンダ

2023年 ホンダ シビック タイプR、3Dビジュアライザーで全色試すことが可能

ホンダが「シビック・タイプR」を発表したのはつい先日のことだが、今度は日本でコンフィギュレーターを立ち上げている。ボディカラーは、ヒストリックチャンピオンシップホワイト、ラリーレッド、ブーストブルー、ソニックグレーパール、クリスタルブラックパールの5色から1色を選ぶだけなので、基本的には3Dビジュアライザーだ。
タイトルとURLをコピーしました