ホンダ

ホンダ

2023年型アキュラ インテグラのマニュアルは2022年型ホンダ シビック Siより8,500ドル高くなる

さすがはアキュラ、新型インテグラのマニュアルトランスミッションは5,000ドルの有料仕様にロックされています。しかし、無段変速機は、1,095ドルの納車税抜きで、30,800ドルである。
ホンダ

ターコイズブルーのホンダ・シビック・タイプRは静寂とデジタルマッドネスが見事に調和している

2023年型ホンダ・シビック・タイプR(FL、11代目コンパクトシリーズがベース)は、カモフラージュされた状態でもすでに記録的なラップ走行を始めているかもしれないが、人々はまだ現行のFK8を捨てる準備をしないほうがいい。少なくとも、バーチャルにではない。
ホンダ

アキュラの復活とは全く異なるスタンスのホンダ・インテグラ タイプRのCGI

5代目インテグラの名前を正しい視点でとらえることは、それほど難しいことではありません。ある人は、この復活はホンダのシビックSiにアキュラのバッジをつけたものに過ぎないと言うだろう。また、それ以上のものだと主張する人もいるでしょう。
ホンダ

東風Honda、新型EV「e:NS1(イーエヌエスワン)」を4月26日より発売

Hondaの中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司(以下、東風Honda)は、新型電気自動車(EV)「e:NS1(イーエヌエスワン)」を4月26日(火)に発売します。また、5月には同じく四輪車生産販売合弁会社である広汽本田汽車有限公司(以下、広汽Honda)も新型EV「e:NP1(イーエヌピーワン)」の予約受付を開始します。
ホンダ

ホンダCR-Vが3月の新車販売台数1位、米国で最も早く売れる車種であることが判明

米国では、クロスオーバーに対する大きな需要が続いています。バイヤーは、それらを素早く手にしています。iSeeCars.comによる3月の最新市場調査では、ホンダCR-Vが買い手を見つけるまでの平均ロット日数がわずか7.6日と、米国で最も早く売れる車種であることが判明しました。
ホンダ

走行距離わずか197kmの希少な2009年型ホンダS2000 CRが20万ドルで落札される

2009年当時、ホンダS2000は、このような希少なCRモデルでさえ4万ドルを下回る価格で販売されていたスポーツカーの代表格だった。それがわずか13年後、25万ドル近い価格で転売されることになろうとは、誰が予想できただろう。2022年、この時代には、あらゆるものにとんでもない値段がついているようだ。
ホンダ

ホンダ、1989年型インテグラのアクセサリーカタログでノスタルジーにひたる

純正アクセサリーのブランドであるホンダアクセスは、2代目インテグラのオリジナル・アクセサリーカタログを公開し、80年代後半の日本の人気モデルの懐かしさを伝えています。
ホンダ

ホンダ、将来のレンジに3つのEV専用プラットフォームを採用へ

ホンダは先日、電動化戦略として30車種のEVの投入を計画し、2030年までに200万台以上のEVの年間生産台数を目標にすると発表しました。そして今回、それらのモデルが、すでに開発中の3つの新しいEV専用アーキテクチャをベースとすることが確認された。
ホンダ

2024年型無限ホンダ「インテグラ」タイプRの非公式レンダリング画像がほぼ完璧に見える

これはジョーダン・ルービンシュタイン・タウラーによる独立したデザインであり、アキュラやホンダによって承認されたものでも、関係するものでもない。 私たちは、他の多くの人々と同様に、アキュラが本質的にホンダシビックSiのリバッジバージョンであるセダンのためにインテグラの名前を復活させたのを見て失望しました。
ホンダ

新型ホンダCR-Vハイブリッドの米国市場投入を決定、アコードハイブリッドとシビックハイブリッドも投入

カーボンニュートラルを追求するためにF1から撤退したホンダは、2040年までに北米で100%電気自動車を普及させることを目標に掲げていることを確認しました。この野心的な計画は、今年、モデルチェンジを控えたCR-Vから実施される予定です。また、ホンダは今年6月にインサイトの生産を終了する予定です。
ホンダ

ホンダ、新型「シビック e:HEV」を先行公開

ホンダは、昨年の発売以降、スポーティーな走りなどで好評のシビックに、新開発となる2.0L直噴エンジンと進化したハイブリッドユニットを組み合わせたe:HEVモデル、新型「CIVIC e:HEV(シビック イーエイチイーブイ)」を追加し、2022年7月に発売します。
ホンダ

アキュラ、中国での敗北を認め参入からわずか6年で市場から退出

中国市場での足掛かりを得るための非常に短い試みの後、ホンダは2022年末にアキュラブランドの車を中国から撤退させることを決定しました。2016年に現地の合弁会社GACと協力して準高級ブランドを導入してから、わずか6年での撤退となる。ホンダは今後、中国市場向けの新ラインナップ「e:NP」に資源を再配分するとの声明を発表している。
ホンダ

2023年型ホンダ HR-V、新たなティーザー映像で荷物の積載量をアピール

ホンダはすでに2023年型HR-Vのエクステリア・スタイリングを公開していますが、インテリアの公開はまだ先です。ホンダはまだそれを明らかにする準備ができていないので、我々はもう少し待つことになる。しかし、ホンダはクロスオーバーの荷室を公開する一方で、センターコンソールやダッシュボードの一部など、内部の残りの部分を予告しています。
ホンダ

ホンダ、電気自動車計画を刷新し、2台の新型電気スポーツカーを発表

ホンダは、自動車電動化事業に関する説明会の概要を発表した。それに伴い、新たにラインナップに加わる2台の電動スポーツカーのティーザーが公開されました。この発表には、ティザーイメージが添付されており、このページのトップで見ることができます。
ホンダ

ホンダ「N-BOX」が2021年度の新車販売台数第1位を獲得

Hondaの軽乗用車「N-BOX(エヌボックス)」の2021年度(2021年4月~2022年3月)における販売台数が191,534台となり、登録車を含む新車販売台数において第1位を獲得しました。 新車販売台数においては2019年度以来、軽四輪車 新車販売台数においては7年連続の首位獲得となります。
タイトルとURLをコピーしました