レクサス

レクサス

レクサスIS 500 Fスポーツ・パフォーマンス、日本上陸決定

レクサスIS 500 Fスポーツパフォーマンスが、間もなく日本で発売される可能性が高いようです。 同社の日本法人がTwitterに公開した画像には、IS 500 Fスポーツ・パフォーマンスのティーザーが含まれ、「近日発売」と記されており、詳細は7月21日に発表される予定だそうです。
レクサス

レクサスRZはヨークと一緒に可変レシオのステアバイワイヤを搭載

テスラは、物議を醸したヨークステアリングホイール装着車向けに可変ステアリングレシオを開発しているが、結果的にはレクサスが先手を打った。 オール電化のレクサスRZには、ステアバイワイヤシステムと可変ステアリングレシオを搭載したヨークステアリングホイールが提供される予定です。
トヨタ

レクサスLXとトヨタランドクルーザー、需要超過により日本での受注を一時停止

トヨタのランドクルーザーは世界中で大ヒットしていますが、それだけにアメリカ市場からの撤退を残念に思っています。もちろん、レクサスLXはトヨタの大きくてタフなSUVの高級バージョンに過ぎないが、日本での受注が停止したため、次はアメリカだと警戒していたのである。しかし、日本での受注が停止したため、次はアメリカだと警戒していたところ、今のところアメリカでの受注が続いていることが確認された。
レクサス

レクサス、新型「UX」を2022年7月7日より発売

LEXUSは、新型「UX250h/200」を発売するとともに、2タイプの特別仕様車“F SPORT Emotional Explorer”および“Graceful Explorer”を設定し、7月7日に発売しました。 UXは、「Creative Urban Explorer」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」となることを目指し、2018年にLEXUSラインアップに加わった都会派コンパクトクロスオーバーです。
レクサス

2023年 レクサスES、欧州向けに技術・インテリアを刷新

レクサスは、欧州市場向けの中型セダン「ES」の内装および技術をアップデートし、2023年モデルまで継続的に更新しています。今回の強化は、車内での体験全体をアップグレードすることを目的とし、さらに時代に合わせた利便性の高い機能を追加しています。
レクサス

手りゅう弾にも耐える高級オフローダー、「レクサスLX600」の装甲仕様

レクサスLXに装甲仕様車が登場しました。 現在、全世界で販売されているLX 600の装甲版は、CEN 1063 BR6レベルのプロテクションを提供するよう設計されています。これは、DM51手りゅう弾2発の同時爆発や、7.62mm弾のアサルトライフルによる攻撃にも耐えられるというものです。
レクサス

レクサス、オーストラリアでスピンドルグリルの商標登録に挑戦するも失敗

多くの自動車メーカーがフロントグリルを大きくしすぎたとはいえ、シングルフレームのアウディとBMWの膨らんだ腎臓を見分けるのは容易なことだと私たちは主張します。レクサスのスピンドルグリルについても同じことが言えますが、IPオーストラリアは違う見方をしています。
レクサス

レクサス、「スピンドルグリルは嫌だ」という顧客からの声に応え、グリルを縮小するものの廃止せず

新型レクサスRXと電動専用RZは、これまで顕著だった口吻をトーンダウンさせる、極彩色のスピンドルグリルの新時代を切り開く。 Automotive Newsに語ったレクサスのグローバルデザインチーフ菅浩一氏によると、アメリカの市場調査では、大きなスピンドルグリルは顧客にとって「目障り」であり、スタイリングのために適切なバランスで実行する必要があるとのことです。
レクサス

レクサス電動スポーツコンセプト、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでユーロデビューを果たす

レクサス エレクトリファイド スポーツ コンセプトは、6月末に開催される2022年グッドウッド フェスティバル オブ スピードで日本国外で初めて公開される予定です。
レクサス

レクサスは低めのボディスタイルに専念し続けており、より多くのEVプラットフォームが必要

多くの自動車メーカーがセダンやクーペのセグメントを放棄する中、レクサスの将来のEVレンジは、従来のSUVとともに、様々なボディスタイルの車を含むことになります。レクサスヨーロッパ・EVプランニングディレクターのスピロス・フォティノス氏は、ボディスタイルの種類や異なるセグメントに関して、将来のラインナップから何かを排除することはないと述べた。
レクサス

2023年型レクサスUXを公開、新インフォテイメントと剛性アップしたボディを採用

外見からはそう見えなくても、レクサスの最小クロスオーバーは2023年に向けて大きなアップデートを遂げようとしている。UXは、8インチと12.3インチのタッチスクリーンを備えた新しいインフォテインメント・システムに切り替わる、トヨタの高級車部門の最新モデルです。UXは、8インチと12.3インチのタッチスクリーンを備えた新しいインフォテインメント・システムを搭載したトヨタの高級車です。
レクサス

レクサス LC 500 シューティングブレークがあまりにもゴージャスで、それが本当であってほしいと思う

レクサスLC500は、現在販売されている車の中で最も美しい車の一つであると言っても過言ではありませんが、この車がこれ以上良く見えないと思っていた矢先に、シュガーデザインによるレンダリングを偶然見つけました。
レクサス

2022 レクサス NX 350h、ムーステストでアンダーステアを体験

2022年型レクサスNX 350hが、難易度の高いヘラジカテストでどのようなパフォーマンスを発揮するのか、そろそろ確認したいところです。新型は、同ブランドのコンパクトクロスオーバーの2代目で、ラインナップの中ではUXとRXの間に位置するモデルです。
レクサス

レクサス LC Shootingbrake、夢の豪華邸宅に棲息し500hの高級感を実現する

自動車のバーチャルアーティストの中には、ある種の癖がある人がいます。そして、たとえ強迫観念的なルーチンに陥りたくないとしても、彼らは自分が最も好きなものを想像したいという欲求から逃れられないようです...。
レクサス

2024年 レクサスTXフラッグシップ・クロスオーバーがBMW X7の対抗馬として開発中と報道される

米国におけるレクサスのハイライダー・ファミリーは広大で、UX、NX、RXからGX、LXに至るまで多岐にわたっています。これらの車種とその派生車種は、トヨタの高級車ブランドに、ほとんどの新車購入者にアピールする十分なリーチを与えていますが、それだけでは十分ではありません。
タイトルとURLをコピーしました