レクサス

レクサス

レクサス、「IS500 F SPORT Performance」を日本国内導入

LEXUSは、「IS500“F SPORT Performance”」を日本国内に導入しました。 導入に際して、特別仕様車“F SPORT Performance First Edition”を設定し、500台を抽選販売いたします。
レクサス

レクサスLFA電気自動車後継車のウォークアラウンドを実施

レクサスが、"LFAの開発を通じて培った走りの味、つまり秘伝のソースを継承した次世代バッテリーEVスポーツカー "と謳う「Electrified Sport」で我々を驚かせたのは、2021年12月半ばのことだった。この見事なコンセプトが、2022年にイギリスで開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで一般公開されたのは、今年6月のことだった。いずれは市販版も登場することでしょう。
レクサス

レクサス電動スポーツコンセプト、2022年モンテレー・カーウィークで初公開

レクサスのElectrified Sportコンセプトは、Monterey Car Week、特にThe QuailとPebble Beach Golf Linksにて米国でデビューする予定です。また、2023年のRX 500h F SPORT Performanceも参加し、2021年のSEMAショーからヒラク株式会社のIS 500を改造したモデルもチェックすることができます。
レクサス

レクサスLFAの電気式後継モデルはマニュアルギアボックスをシミュレートした可能性がある

昨年末、親会社のトヨタがEV戦略を発表したとき、レクサスは私たちを驚かせましたが、その中には、うねるようなスーパーカーの姿も初めて垣間見えました。2022年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで発表されたこのゼロエミッション・マシンは、「エレクトリファイド・スポーツ」として知られ、日本からヨーロッパへと旅立ちました。
レクサス

レクサス、スピンドルグリル誕生から10年を振り返る

レクサスのスピンドルグリルは、レクサスのデザインの中心的な存在であり、好き嫌いは別として、私はこのグリルを公然と嫌う人を少なからず知っている。2011年に登場したLF-Ghコンセプトから数えて、実に10年もの間、レクサスのスピンドルグリルは存在し続けているのです。
レクサス

2023年 レクサスGX、ブラックラインエディションに改良を加え、他はあまり改良せず

レクサスにはぴかぴかの新型LXがあるかもしれませんが、GXは踏ん張り続けており、2023年に向けていくつかのアップデートが施されるようです。 昨年、10.3インチのインフォテインメントシステムを搭載したインテリアのアップデートが行われたため、2023年の変更は比較的小規模で、刷新されたブラックライン特別仕様車が目玉となる。
レクサス

レクサスLFA後継モデルは、LC500耐久レーサーのツインターボV8を採用か

2021年末、レクサスは多数の電気自動車コンセプトカーを発表したが、そのうちの1台が「Electrified Sport Concept」で、伝説のLFAの後継となる全電気自動車のハローカーと言われる流麗なスポーツクーペであった。
レクサス

レクサス、「ES」を一部改良するとともに、特別仕様車「Graceful Escort」を設定し、7月28日に発売

LEXUSは、「ES」を一部改良するとともに、特別仕様車“Graceful Escort”を設定し、全国のレクサス店を通じて7月28日に発売しました。 ESは、1989年にフラッグシップセダンLSとともに販売を開始し、静粛性と乗り心地、広い室内空間が世界中の多くのお客様にご好評をいただき、これまでに80以上の国や地域において累計約293万台を販売してきたLEXUSラインアップの基幹モデルです。
レクサス

レクサス、V型8気筒5.0Lエンジン搭載「IS500」の日本導入を発表

LEXUSは、「IS」にV型8気筒5.0Lエンジンを搭載した「IS500 F SPORT Performance」を、2022年8月25日より日本国内で新たに導入することを発表しました。
レクサス

レクサスIS 500 Fスポーツ・パフォーマンス、日本上陸決定

レクサスIS 500 Fスポーツパフォーマンスが、間もなく日本で発売される可能性が高いようです。 同社の日本法人がTwitterに公開した画像には、IS 500 Fスポーツ・パフォーマンスのティーザーが含まれ、「近日発売」と記されており、詳細は7月21日に発表される予定だそうです。
レクサス

レクサスRZはヨークと一緒に可変レシオのステアバイワイヤを搭載

テスラは、物議を醸したヨークステアリングホイール装着車向けに可変ステアリングレシオを開発しているが、結果的にはレクサスが先手を打った。 オール電化のレクサスRZには、ステアバイワイヤシステムと可変ステアリングレシオを搭載したヨークステアリングホイールが提供される予定です。
トヨタ

レクサスLXとトヨタランドクルーザー、需要超過により日本での受注を一時停止

トヨタのランドクルーザーは世界中で大ヒットしていますが、それだけにアメリカ市場からの撤退を残念に思っています。もちろん、レクサスLXはトヨタの大きくてタフなSUVの高級バージョンに過ぎないが、日本での受注が停止したため、次はアメリカだと警戒していたのである。しかし、日本での受注が停止したため、次はアメリカだと警戒していたところ、今のところアメリカでの受注が続いていることが確認された。
レクサス

レクサス、新型「UX」を2022年7月7日より発売

LEXUSは、新型「UX250h/200」を発売するとともに、2タイプの特別仕様車“F SPORT Emotional Explorer”および“Graceful Explorer”を設定し、7月7日に発売しました。 UXは、「Creative Urban Explorer」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」となることを目指し、2018年にLEXUSラインアップに加わった都会派コンパクトクロスオーバーです。
レクサス

2023年 レクサスES、欧州向けに技術・インテリアを刷新

レクサスは、欧州市場向けの中型セダン「ES」の内装および技術をアップデートし、2023年モデルまで継続的に更新しています。今回の強化は、車内での体験全体をアップグレードすることを目的とし、さらに時代に合わせた利便性の高い機能を追加しています。
レクサス

手りゅう弾にも耐える高級オフローダー、「レクサスLX600」の装甲仕様

レクサスLXに装甲仕様車が登場しました。 現在、全世界で販売されているLX 600の装甲版は、CEN 1063 BR6レベルのプロテクションを提供するよう設計されています。これは、DM51手りゅう弾2発の同時爆発や、7.62mm弾のアサルトライフルによる攻撃にも耐えられるというものです。
タイトルとURLをコピーしました