レクサス

レクサス

レクサスGX470は信頼性の高い優れた製品だが技術的に一つ厄介な欠陥がある

レクサスGX470は、それ自体が牙城である。このクルマは、きちんとメンテナンスすれば、何年も元気に走ります。他の自動車メーカーと違って、日本人は大きな失敗をすることはほとんどありません。しかし、彼らは完璧ではなく、このSUVの内部がそれを証明しています。
レクサス

2022年型レクサスLXの日本での納車が最大4年延期に

2022年型LXのアメリカでの販売状況について、レクサス広報担当者から回答がありました。"アメリカでの納車/発売に影響はなく、LX 600はすでにディーラーへの入荷が始まっています。" もしあなたが今、日本で2022年型レクサスLXの注文を計画するならば、この高級SUVの納車は4年待つことになる見込みです。
レクサス

レクサス・エレクトロニック・スポーツ・コンセプト、ポルシェ911の助けを借りてルーフを失う

電気自動車はエネルギー消費を悪用できない。というのも、バッテリーパックにはそれだけのエネルギーを蓄えることができないからです。とはいえ、オープンカーの電気スポーツカーは、現在のバッテリー技術ではほとんど考えられませんが、レンダリングアーティストのTheottleが、屋根のないLexus Electrified Sport Conceptで私たちを手助けしてくれました。
レクサス

新型レクサスISスポーツクロスのレンダリング画像が公開

SUVに圧倒的な差をつけられているにもかかわらず、低く構えたデザインと実用性で、世界中に多くのファンを持つワゴン。レクサスは現在、ワゴンのラインアップを持たない自動車メーカーのひとつですが、それでも独立系デザイナー@sugardesign_1は、レクサスISスポーツクロスのレンダリングを作成するのを止めませんでした。
レクサス

レクサス、未来の電動スポーツカーの新画像を公開 ソーシャルメディアにアピール

トヨタは地球上で最も保守的な自動車メーカーのひとつですが、それでも昨年12月、大規模なEVの推進を発表し、私たちを驚かせました。レクサスはこの革命の大きな部分を担っており、レクサス電化ブランドビジョンの一環として、フルEVラインナップを開発する計画です。その中でも最もエキサイティングなのは、レクサスのアイコンであるLFAの精神を蘇らせる電気スポーツカーです。
レクサス

2022年 新型レクサスLX600 Fスポーツ、世界初のダイノランで最高出力362ps、最大トルク552Nmを達成

Ebrahim Kanooが新車のLexus LX 600 F Sportをダイノに乗せると、その期待を裏切ることなく、V6ルクスバージは力を発揮しました。このフルサイズ・スポーツ・ユーティリティ・ビークルは、慣らし運転をしていないにもかかわらず、最高出力362ps、最大トルク407ポンドフィート(552Nm)を発生させました。
レクサス

レクサスエレクトロニックスポーツコンセプト、LFA後継の電気自動車を予感させる流麗なデザインを動画で公開

レクサスは、昨年末にデビューした「エレクトリファイド スポーツ コンセプト」をよりよく理解するための新しいビデオを公開しました。 このコンセプトは、「LFAのドライビングテイスト、あるいはシークレットソースを受け継いだ」エレクトリックスポーツカーを予告するもので、クイックリリース付きの長いベンチレーションフードを備えたアグレッシブなラグジュアリークーペとなっています。
レクサス

レクサス、電動セダンのコンセプトカーを公開

トヨタとレクサスは12月のスペシャルイベントで、数々の電気自動車コンセプトを発表しました。 RZ 450eとLFA後継車が主役でしたが、レクサスもElectrified Sedanコンセプトなど、さまざまな車両を紹介しました。今回、同社はこのコンセプトをより詳しく紹介するため、新たに数枚の画像をソーシャルメディアに掲載しました。
レクサス

レクサス電動スポーツワゴン コンセプトは私たちが決して手に入れることのできないEVです

レクサスはTwitterを通じて、電気自動車のコンセプトカーを徐々に公開している。日本の高級ブランドは、電気自動車トヨタカローラのバージョンをTwitterで発表しました。このセダンは中国で大成功を収める予定の素晴らしいマシンですが、レンダリングアーティストのTheottleは、それがさらに良いもの、つまり「Electrified Sports Wagon Concept」を生み出すかもしれないと考えています。
レクサス

レクサス IS 350 スポーツワゴン、Fスポーツ・エステート時代より優れた夢のスワンキーなレンダリングを公開

米国や中国のバイヤーは、普通のセダンよりステーションワゴン型の方が良い場合があることに異論を唱えるだろう。しかし、エステートバリアントは、欧州やオーストラリアの地域全体で成功する可能性があります。高級車でも。
レクサス

レクサスLC500の巨大なワイドボディ、まるで豪華な怪獣を打ちのめしたようなムーディなCGI

レクサスLCは、決して手頃なグランドツアラーではありません。アメリカでは2022MYが約9万3000ドルから。そして、乗り心地の改善だけでなく、ダイナミックな強化が施されています。しかし、本当に気にする人がいるのでしょうか?
レクサス

2022年型レクサスLC、航空機をイメージしたリアウィングを欧州でオプション設定

レクサスLCに、エアロバティックやレースで活躍する室屋義秀氏とレクサスのコラボレーションによる航空イメージのリアウイングが欧州で発売されました。炭素繊維強化プラスチック製のこのリアウイングは、レクサス・ビスポークビルド・プログラムの一環として、数量限定で販売されます。
レクサス

レクサスの電動化SUV、より多くのアングルから見たスマートな新写真を公開

トヨタとレクサスは、2021年が終わる直前に、電動化された未来を予告した。どちらのブランドも将来の車について多くの情報を提供しなかったが、ほとんどの市場セグメントをカバーするプロトタイプのラインアップを明らかにした。レクサスの電動化された未来は、ワゴン、コンバーチブル、ハイパーカーなどが計画されており、かなり刺激的に見えるが、同社はクロスオーバーとSUVでパンのバターを塗るだろう。
レクサス

レクサス、「RZ 450e」(トヨタ「bZ4X」バージョン)の新画像を公開

バッジエンジニアリングのエピソードには面白い特徴がある。同じ自動車メーカーの複数のブランドで起こるよりも、異なるパートナー企業間で起こる傾向があるのだ。つまり、同じクルマにあえて違うバッジを付けて販売する会社はないのだ。最近の例では、トヨタbZ4Xのレクサス版であるRZ450eがそうである。
レクサス

リバティウォークが手がけた「レクサスLC500」を紹介

リバティウォークが最も得意とするところといえば、やはりワイドボディ化でしょう。もちろん、リバティ・ウォークが手がけるクルマは似たり寄ったりであることは言うまでもないが、そのゴージャスさには脱帽するばかりだ。
タイトルとURLをコピーしました