マツダ

マツダ

マツダ、CX-5を商品改良して2022年10月14日より予約開始

マツダ株式会社は、クロスオーバーSUV「MAZDA CX-5」を商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて2022年10月14日より予約を開始いたします。発売は11月中旬を予定しています。
マツダ

2023 マツダ CX-60、オーストラリアで3種類のエンジンを搭載、3.3Lターボ直6は280HPにとどまる

マツダCX-60は、まもなくオーストラリアで発売され、ハイブリッド専用モデルとして提供される予定です。 オーストラリアでは、3種類のパワートレインから選択することができます。フラッグシップモデルは、2.5リッター直列4気筒のスカイアクティブGエンジンに、100kW(134ps)の電気モーターと17.8kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせています。
マツダ

イタリアで過去最大規模となる707台のマツダ・ロードスターのパレードを開催

マツダ ロードスターの人気の高さは、先週末のイタリアでも証明されました。9月18日、モデナサーキットで過去最大規模となる707台のマツダ ロードスターのパレードが行われ、ギネスワールドレコードの公式認定を受けた。
マツダ

マツダ 新型CX-60 2023 写真・動画・スペック・情報

次期CX-5は名称を変更し、「CX-60」になります。 2023年型CX-60は、4気筒2.5リッターガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドパワートレインを搭載して販売する予定。
マツダ

マツダ 新型ロードスター 2024 写真・動画・スペック・情報

現行型マツダ ロードスター(Mazda MX-5 Miata)の登場からかなりの時間が経過ました。 ND時代は2014年に2015年モデルとして発売され、今回、NE型となるべきモデルが初公開。
マツダ

マツダ、「フレア」を一部商品改良し、2022年9月9日より発売

マツダ株式会社は、軽乗用車「フレア」を一部商品改良し、ターボエンジン搭載車の追加と安全装備の充実、外観/内装の一部変更を行いました。 全国のマツダ販売店を通じて、2022年9月9日より発売します。
マツダ

蒸気機関車用に設計されたトンネルを時速120kmで走るマツダ・レーシングカーをご覧ください

1966年に閉鎖されて以来、初めてケイツビートンネルが開通しました。しかし、今回は蒸気機関車ではなく、世界で最も洗練されたレーシングカーを走らせることになった。
マツダ

マツダ、エントリーモデルの「CX-9 Sport」を2023年に廃止

マツダは2023年のCX-9ラインナップを刷新し、クロスオーバーは現在38,750ドルから始まるので、バイヤーはいくつかのステッカーショックのためにある. これは、35,280ドルの旧ベース価格から大幅に跳ね上がり、この増加は、エントリーレベルのSportトリムが廃止されたことが主な原因である。
マツダ

マツダ ロードスター シューティングブレーキコンセプト 完成予想図

マツダ ロードスターは、この価格帯のFR車の中で最も運転が楽しいクルマのひとつです。マツダは、ソフトトップのカブリオとハードトップのRFの2種類のボディスタイルを提供していますが、独立系デジタルアーティストのSugar Chow氏は、このスポーツカーにさらなる実用性を加えて、シューティングブレーキの形を思い描きました。
マツダ

2023年型「Mazda3」、パワーアップと燃費向上で新登場

2023年モデルのアップデートが続き、最新はマツダからで、Mazda3の変更点を発表した。 自然吸気の2.5リッター・スカイアクティブGエンジンは、最高出力191ps(142kW/194PS)、最大トルク186lb-ft(252Nm)を発生するようになった。
マツダ

マツダ、「MAZDA3」「MAZDA CX-30」を一部商品改良し、2022年8月4日より予約受付を開始

マツダは、コンパクトカー「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」を一部商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて、本日より予約受付を開始します。発売は、「MAZDA3」が9月下旬以降、「CX-30」は8月下旬以降を予定しています。
マツダ

2023年 マツダ CX-50 メリディアンエディション、39,950ドルから発売中

今年2月に発表した「マツダ CX-50」に、「Meridian Edition(メリディアン・エディション)」パッケージを設定し、受注を開始しました。このパッケージは、より冒険的なマシンをお探しの方のために、外観とハードウェアをアップグレードしたもので、価格は39,950ドルからとなります。
マツダ

2023年 マツダCX-60に新型3.3L直列6気筒エンジンを搭載し、ディーゼルの存在感を示す

多くの自動車メーカーがディーゼルエンジンから撤退する中、マツダはプレミアムSUV「CX-60」に搭載する新しいスパークレス3.3リッター直列6気筒エンジンの欧州仕様の詳細を発表した。
マツダ

マツダ、BMWやメルセデスのユーザーを魅了する新色「ロジウムホワイト」プレミアムペイントを発売

「CX-60」、SUV「CX-70」「CX-90」の発売により、マツダはプレミアムマーケットへの本格的な参入を果たしました。マツダは、プレミアムなクルマにはプレミアムな塗料がふさわしいと考え、今回も高級感のあるカラー「ロジウムホワイトプレミアム」を設定しました。
マツダ

マツダ、2035年までに全世界でカーボンニュートラルな工場運営を約束

マツダの現在のEVポートフォリオは、かなり小規模なものです。グローバルで見れば、ブランド初の量産型電気自動車であるMX-30があります。また、中国市場向けには、長安汽車との合弁で開発したゼロエミッション・クロスオーバー「CX-30」があります。
タイトルとURLをコピーしました