マツダ

マツダ

マツダ、新型直列6気筒エンジンが最後のICEとなることを示唆

マツダはこの流れに逆らい、直列6気筒レイアウトの大型内燃機関の新ファミリーを投入します。ガソリンとディーゼルの2種類があり、業界全体で見られるダウンサイジングとは正反対である。3.0リッターガソリンと3.3リッターディーゼルは、Zoom-Zoom社の最後の内燃機関である可能性が高いため、最高のものを最後まで取っておいたように見える。
マツダ

マツダ、次期型ロードスターについても同じレシピで作ると明言

マツダは現在、SUVのラインナップ拡充に注力しているかもしれないが、MX-5を忘れてはいない。この象徴的なロードスターは、すでに開発中の5代目も先代の良さを引き継ぎ、将来のマツダ車として位置づけられることが保証されています。
マツダ

マツダの新型3.3L直列6気筒ディーゼルエンジンはCX-60にどれくらい搭載されているのか?

マツダは、日本仕様の発表時に、CX-60のボンネットに初めて搭載する新型6気筒ディーゼルエンジンの出力・トルク値など、CX-60の詳細を明らかにした。 スカイアクティブ-D 3.3リッター直列6気筒ディーゼルエンジンは、最高出力228ps(170kW/231PS)、最大トルク500Nm(369lb-ft)を発生し、8速ATを介して4輪に電力を供給します。
マツダ

2022年型Mazda MX-30、政府機関の衝突試験で優秀な成績を収める

2019年の東京モーターショーで公開されたMX-30は、電気自動車に期待される性能を発揮できないため、販売に苦戦を強いられています。最大の失望は走行距離に関するもので、これは最高に悲惨なものです。
マツダ

マツダ直列6気筒3.3リッターディーゼルエンジンの詳細を公開、406LB-FTを実現

マツダから直列6気筒エンジンを搭載した後輪駆動プラットフォームの噂は何年も前から流れていましたが、正式な発表があったのはつい最近のことです。3.0リッターガソリンと3.3リッターディーゼルのパワートレインを搭載したFR車を発売する計画を明らかにした後、Zoom-Zoom社はついにスペックを語る準備が整ったようである。しかし、当面はオイルバーナーのもので我慢することにしよう。
マツダ

2023年 マツダCX-50、「シャドーライン」を採用しストリートライクなタフな外観を実現

マツダは現在、欧州・アジア地域で発売されたばかりのCX-60に注目していますが、北米では新型CX-50が最も注目されているようです。現実の世界でも、バーチャルの世界でも。
マツダ

2023年型「マツダ CX-60」JDM仕様の詳細を公開、4種類のエンジンを選択可能

先月、華々しく発表されたCX-60は、日本でも販売されることになりました。パワートレインは、スカイアクティブG 2.5 4ポット、e-スカイアクティブPHEV 4ポットをはじめ、当初は4種類を用意します。
マツダ

マツダ、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開

マツダは、新世代ラージ商品群の第一弾である新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60(マツダ シーエックス シックスティー)」の日本仕様を公開しました。 日本での販売開始は今年初秋を予定しています。
マツダ

2023年モデル「マツダ CX-50」をレビュー

先週、2023年型新型クロスオーバー「マツダCX-50」をオンロードとオフロードの両方でロングドライブする機会を得ました。いつものように、このクルマについて気になっていることを事前にお聞きし、今、そのすべてをお伝えすることができます。今回は、その中からいくつかの質問を取り上げました。
マツダ

2022年型マツダCX-5を「シャドーライン」でよりホットなデジタルクロスオーバーに変更

今日、自動車業界で何が起こっているのか、少し混乱した気分になりたいなら、マツダのクロスオーバーSUVファミリーの膨らませ方を見てください。こうして、目立つことが難しくなっていくのです。
マツダ

マツダ、直列6気筒FRプラットフォームはマツダスピードの復活につながらないとの見解を示す

マツダCX-60の発売により、マツダは今後後輪駆動モデルや本格的なパフォーマンス部門を立ち上げ、プレミアムセグメントへの本格的な攻勢に備えるのではと多くの人が考えていた。今月初めにはFRのMazda6セダンの発売が公式に否定され、復活したマツダスピードファミリーを見るチャンスも非常に少なくなっているようだ。
マツダ

マツダRX-7に日産370Zのヘッドライトを装着して走れるか?

日本のチューナー、RE雨宮が総合的に改造した1994年型マツダRX-7が、現在eBayのオークションに出品されています。 RE雨宮と聞いてピンとこない人もいるかもしれないが、1974年から活動しているチューナーで、数々の日本車のチューニングを手がけるとともに、日出ずる国でのレース活動でも実績を残している。
マツダ

同じパワープラントと異なる能力、2022年型マツダCX-5と2023年型新型CX-50の比較

RX7やMX-5ミアータを抜きにして、マツダを語ることはできない。これらのスポーツカーは、日本の自動車メーカーを自動車史における偉大な企業のひとつに押し上げています。しかし、今、マツダは新たな歴史を刻みつつあります。日本ではトヨタに次いで2位であり、市場のすべての競争力のある自動車セグメントに車種を有しています。
マツダ

BRZとCX-60を合体させた「マツダ MX-6 3ドアFR GT」

現実の世界では、マツダは私たちに喜びと悲しみを与えてくれています。CX-60クロスオーバーと新プラットフォームを発表したばかりですが、Mazda6にはもう関心がないようです。一方、バーチャルの世界では...
マツダ

Mazda6(マツダデミオ)のFR車代替は少なくとも欧州では消滅したとの報道

直列6気筒エンジンを搭載したFRの新型Mazda6の登場に関する報道や噂が盛り上がり始めていたところ、欧州でブランド関係者がその盛り上がりに水を差しているようだ。 2021年モデルを最後に6が生産中止になって以来、マツダのラインナップに小さな穴が空いていることは分かっていた。
タイトルとURLをコピーしました