マツダ

マツダ

マツダ、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を一部商品改良し、2022年5月23日より発売

マツダは、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を一部商品改良し、先進安全技術の強化など装備改良と外観/内装の一部変更を行いました。 全国のマツダ販売店を通じて、2022年5月23日より発売します。
マツダ

2022年モデル「マツダ MX-30」、航続距離は100マイルと短いが充電時間は10分短縮

マツダは電動クロスオーバーのMX-30をアップデートし、小さなバッテリーのサイズを大きくしていないが、少なくとも充電に必要な時間を短縮することで、そのバッテリーをわずかに使いやすくしている。
マツダ

2023年型マツダCX-50をすでに大破させた人がいる

CX-50はマツダの最新モデルの1つで、米国でのデリバリーが始まったばかりです。しかし、このSUVの最初の例は、衝突事故によりフロントとリアエンドの両方にダメージを受け、すでにコパートに登場しています。
マツダ

マツダはビジョンクーペを作りたいがSUVが稼ぎ頭だ

マツダは2017年10月、痛快でゴージャスな「ビジョン クーペ」を発表し、すべての壁紙素材を私たちに提供した。4ドアクーペ」という意味不明な表現にふさわしいクルマがあるとすれば、それはこのクルマだろう。
マツダ

2022年型マツダCX-60 e-Skyactiv PHEV、試乗レビュー

2012年4月28日、つまりちょうど10年前の今日、ドイツでマツダCX-5の正式な市場導入が行われました。同シリーズは現在2代目となり、欧州での販売台数は50万台を超え、マツダの重要な柱となっています。CX-3」の後継モデル「CX-30」は、このシリーズのボトムエンドを補完するモデルです。もう一方の端はというと
マツダ

2022年型マツダMX-5ミアータ(ロードスター)とトヨタ・GR 86、滅びゆく種の最後を飾る

世界が電気自動車や自律走行車に移行するにつれ、マニュアルはますます忘却の彼方へ移っていく。現実を直視しましょう。未来のクルマ好きのために、今のうちにこの体験を余すところなく味わっておくことが、2022年のマツダ ミアータ MX-5とトヨタ GR 86以上にふさわしい方法ではないだろうか?
マツダ

マツダ、プラグイン車「MX-30」にロータリー式レンジエクステンダーを搭載し、今年発売予定であることを確認

マツダは、長年にわたって愛好家をからかってきたロータリーエンジンが、今年末にMX-30のプラグインハイブリッドシステムの一部として、単独ではなく米国で復活することを確認した。このエンジンは、直接車輪にパワーを送るのではなく、レンジエクステンダーとして使用される予定です。
マツダ

マツダ、5月に「マツダミュージアム」をリニューアルオープン

マツダは、創業からの歴史やヒストリックカーなどを展示する「マツダミュージアム」(広島本社敷地内)を全面リニューアルし、本年5月23日に一般公開を開始します。 今回のリニューアルでは、お客さまや地域の皆さまにより親しんでいただくこと、およびブランド発信拠点としての機能を強化することを目的とし、施設全体の空間デザインや展示内容を刷新。
マツダ

マツダ、CX-60の生産を開始しFR主流の時代に突入

初代CX-60の発売により、マツダは新たな時代に突入した。一から作り上げたこのSUVは、ブランド初の近代的な後輪駆動の主力モデルとなり、現在、組立ラインに投入されている。今週初め、4月18日、マツダの防府第2工場(山口県)でCX-60の生産が開始されました。欧州向けの初出荷は、4月26日を予定しています。
マツダ

マツダ、アメリカ市場に本格参入し過去最高の販売台数を目指す

数週間前、新型マツダCX-50に乗ったとき、我々はそれを気に入ったが、このオフロードに特化したSUVは氷山の一角に過ぎないことが判明した。マツダは過去最高の販売台数を目指して、ラインアップとイメージを一新する計画です。そのためには、現在のブランド・アイデンティティのポジティブな面を維持することが試されます。
マツダ

マツダ、「スクラム」シリーズを一部商品改良し、装備を拡充

マツダは、軽乗用車「スクラムワゴン」と軽商用車「スクラムバン」「スクラムトラック」を一部商品改良し、装備の拡充を行いました。全国のマツダ販売店を通じて、本日より発売。
マツダ

マツダ、新型直列6気筒エンジンが最後のICEとなることを示唆

マツダはこの流れに逆らい、直列6気筒レイアウトの大型内燃機関の新ファミリーを投入します。ガソリンとディーゼルの2種類があり、業界全体で見られるダウンサイジングとは正反対である。3.0リッターガソリンと3.3リッターディーゼルは、Zoom-Zoom社の最後の内燃機関である可能性が高いため、最高のものを最後まで取っておいたように見える。
マツダ

マツダ、次期型ロードスターについても同じレシピで作ると明言

マツダは現在、SUVのラインナップ拡充に注力しているかもしれないが、MX-5を忘れてはいない。この象徴的なロードスターは、すでに開発中の5代目も先代の良さを引き継ぎ、将来のマツダ車として位置づけられることが保証されています。
マツダ

マツダの新型3.3L直列6気筒ディーゼルエンジンはCX-60にどれくらい搭載されているのか?

マツダは、日本仕様の発表時に、CX-60のボンネットに初めて搭載する新型6気筒ディーゼルエンジンの出力・トルク値など、CX-60の詳細を明らかにした。 スカイアクティブ-D 3.3リッター直列6気筒ディーゼルエンジンは、最高出力228ps(170kW/231PS)、最大トルク500Nm(369lb-ft)を発生し、8速ATを介して4輪に電力を供給します。
マツダ

2022年型Mazda MX-30、政府機関の衝突試験で優秀な成績を収める

2019年の東京モーターショーで公開されたMX-30は、電気自動車に期待される性能を発揮できないため、販売に苦戦を強いられています。最大の失望は走行距離に関するもので、これは最高に悲惨なものです。
タイトルとURLをコピーしました