三菱

三菱

三菱エボリューションX ファイナルエディションは21世紀で最も悲しい別れの涙を流したモデル

しかし、ある世代にとっては、三菱ランサーエボリューションXとの別れの日ほど辛いものはない。 北米市場で何十年もイノベーションを起こそうとしなかった経営陣によって作られ、その結果、その品質はそれほど高くはなかったかもしれない。
三菱

2023年 三菱エクリプスクロスに新機能が追加されたが我々が望んだものではない

エクリプスクロスには、初めて全輪駆動が全車種に標準装備されます。三菱によると、これはただのAWDシステムではなく、WRCやダカールなどのラリーレースでの勝利にインスパイアされたものだという。ここでは、この新システムが何をするのか、そしてそれを手に入れるためにいくら支払うことになるのかについて、詳しく見ていきましょう。
三菱

生まれ変わった三菱コルト、ハイブリッド搭載で2023年発売を予告

"コルト"-久しぶりに使う名前です。2023年、三菱は約10年間眠っていたこの名称をほじくり返すことになる。1962年に発売された初代コルト600の誕生60周年を記念して、サブコンパクトハッチバックが欧州で復活するのです。この発表は、車の外観について漠然としたアイデアを与える影のあるティーザー画像と一緒に行われました。
三菱

このミッドエンジンFRエクリプスは三菱が過去に製造したどの製品よりも魅力的です

三菱エクリプスGSXが生産中止になったときは、悲しかったですね。あの流麗なモデルは、4輪にパワーを送るパンチの効いたターボチャージャーのスポーツカーだったが、二度と戻ってくることはなかった。そのエクリプスのミッドエンジン版、後輪駆動版を作ろうと決めた男がいる。
三菱

三菱自動車、旧パジェロ工場を大王製紙に売却へ

三菱は、閉鎖された中部地方の工場を大王製紙に約40億円(3400万ドル)で売却することに合意した。この工場では最近まで人気の高いSUV「パジェロ」を製造していたが、現在はトイレットペーパーやティッシュペーパーを製造するために転用されるようだ。
三菱

三菱ラリーアート「トライトン」ラリーカーを発表、ピックアップとSUVのチューニングモデルを示唆

2022年のアジアクロスカントリーラリー(AXCR)に参戦する三菱自動車のプライベートチーム「チーム三菱ラリーアート」への技術支援という形で、三菱がモータースポーツへの関与を再開したことを示す特別仕様車のトライトン/L200ラリーカーが登場しました。
三菱

三菱ラリーアート SUV・MPV用アクセサリーラインナップを発表

三菱自動車は、アウトランダーPHEV、エクリプス クロス、RVR(ASX)、デリカD:5向けに、ラリーアートブランドの各種アクセサリーを日本市場に導入しました。化粧品は、2ヶ月前の東京オートサロン2022で発表したコンセプトカー「Ralliart Style」と同じもので、三菱の豊かなモータースポーツの伝統にインスパイアされたものです。
三菱

三菱、2022年型アウトランダー ブラックエディションでダークサイドに進出

新型アウトランダーは、12月に過去最高の販売台数を達成し、昨年度のブランド総販売台数の33.2%を占め、米国における三菱自動車の運命を逆転させたと言えるでしょう。 これは大きなニュースであり、三菱はこの勢いを維持するために、新型アウトランダー ブラックエディションを導入しようとしています。
三菱

1990年代の三菱シグマはクラシックなユーロアジアデザインとそれに見合う快適さを備えた車だった

80年代前半から90年代にかけては、三菱にとって素晴らしい時代だった。世界が日本車を受け入れていたのだ。ラリーで我々を感動させただけでなく、日本の自動車メーカーは、BMW 5シリーズやボルボ240といったヨーロッパの競合車種に支配されつつある高級車市場に参入しようとしていた。
三菱

三菱i-MiEV: 真剣に取り組む最初の現代的EV

正直に言おう。2000年代後半、三菱i-MiEVが登場したときの反応は、いわば賛否両論だった。もしi-MiEVが当時のEV技術の最高峰だとしたら、EVの分野ではそれほど期待されていなかったに違いない。
三菱

三菱ランサーエボリューションの無謀な運転により3台の車が衝突する事故が発生

この事故は、2022年2月10日の夜遅く、シドニーの南西約20km(12マイル)にあるヤゴナの町で起こったようです。当初、自動車運転手の後方ダッシュカムには、黒いEvo VIIが積極的に交通をかき分け、前方を左折してきた白い貨物バンに追突するのを辛うじて避ける様子が映っていたそうです。
三菱

1976年の三菱ジープは日本が生んだアメリカン4X4の傑作

アメリカ人なら誰でもジープとわかるものを製造するために、世界中の一握りの自動車メーカーがどれだけのお金を稼いだか、あなたは信じないでしょう。しかし、そうではないかもしれません。なぜなら彼らは、Jeep の歴史と同じくらい長い間、それを続けてきたのですから。
三菱

三菱、新型『アウトランダー』のPHEVモデルをニュージーランドに投入

三菱は、新型クロスオーバーSUV『アウトランダー』のプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルを、海外市場で初となるニュージーランドで3月6日より販売開始します。 同国では、昨年11月より発売に先駆けて先行注文を受付開始しており、2月20日までに目標を超える500台を受注。
三菱

2022 三菱アウトランダーにブラックのアクセントを加え、ストームトルーパー仕様に

三菱アウトランダーは、ルノー、日産との提携により、最も安全で洗練されたコンパクトクロスオーバーとして、現在4代目となる最新モデルを発表しています。
三菱

2023年型アウトランダーPHEVは三菱を墓場から救うことができる

三菱自動車が21世紀に入ってから、どれほど危機的状況に陥っていたかを、人々は理解していないようだ。エボ10の死は、日本の上層部にとって、三菱のアメリカ乗用車事業の優先順位が下がったことを告げるかのようであった。
タイトルとURLをコピーしました