日産

日産

2023年日産「アリア」、ベース車をより安価に変更、他のラインナップはより高価に

日産は、米国市場における2023年型アリアの価格と発売時期を発表し、新しいFFエントリーレベルトリムにより43,190ドルから、大型バッテリーを搭載したフラッグシップAWD e-4ORCEの60,190ドルにまで引き上げました。
日産

2023年日産フェアレディZ GT4ニスモレースカーを予告、9月28日デビュー予定

日産は、高性能なニスモ部門と協力して、ソーシャルメディアでZの新しい何かを予告しています。公式デビューは現地時間の9月28日午前8時に行われる予定なので、私たちは東部時間の明日夕方にスピードクーペを見ることができることになります。
日産

日産、「スカイライン」を一部仕様変更と価格改定し、2022年10月末より発売すると発表

日産を代表するプレミアムスポーツセダンの「スカイライン」は、多くのお客さまに長く愛されるブランドとして支持されながら、「スカイライン」史上最高の405馬力を誇る「400R」や、V6ツインターボ搭載による力強い走りをもたらす「GT Type SP」の投入など、先進技術の搭載とともに進化を遂げています。
日産

2023年モデル「日産アルティマ」のマイナーチェンジを実施

日産は今年初めにフェイスリフトしたアルティマを発表し、今回、価格を25,290ドルからにすると発表しました。
日産

日産、オートマチックトランス付きスポーツカー「フェアレディZ」の販売中止を決定

日産は、サプライチェーンの問題からスポーツカーZの米国での発売を延期していましたが、今年の夏にようやく発売を開始しました。そして今、日産は9速オートマチック・ギアボックスを搭載した2023年型Zの販売停止と納入保留命令を出し、新たな難関に直面している。問題とは?転がり落ちる可能性のある問題です。
日産

2023年日産マキシマ、新ロゴと値上げを発表

日産は2023年型マキシマの価格を明らかにし、ベースモデルは控えめな価格上昇となるが、より多くの安全技術を標準装備することになる。 38,140ドルからスタートする2023年型マキシマSVは、2022年型より300ドル高い(いずれも1,095ドルのデスティネーションフィー前の価格)。
日産

「日産デイズ」、「日産ルークス」を一部仕様向上し、2022年9月15日から発売

「デイズ」は、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて「スモールモビリティ部門賞」を受賞し、存在感のあるデザインと広々として質感の高いインテリアや、運転支援技術「プロパイロット」、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、「SOSコール」、「踏み間違い衝突防止アシスト」などの充実した先進安全技術がお客さまから好評を得ています。
日産

『ワイルドスピード4』でポール・ウォーカーが使用したR34日産スカイラインGT-Rを販売開始

GT-Aインターナショナルは、「ワイルド・スピード」シリーズ第4弾の撮影に使用された日産スカイラインGT-R R34をオークションに出品することを発表しました。 この車は、ユニバーサルスタジオの依頼を受け、カイゾーインダストリーのダリル・アリソン氏が改造したもので、「ワイルドスピード4」の撮影のために特別に作られたワンオフモデルです。
日産

2023年日産パスファインダーの価格を昨年より値上げ

日産パスファインダーの最新世代は、2022年モデルでデビューした。2023年モデルでは、頑丈なロッククリーク・トリムを導入。トリムレベルにより、価格は1,900ドルもアップしている。
日産

日産、「NV200バネット」バン4WDモデルを一部仕様向上し、2022年9月9日より発売

「NV200バネット」は、ビジネスシーンからデイリーユース、そしてレジャーユースまで、幅広いシーンでの使い勝手の良さが、多くのお客さまから好評を得ています。 今回の一部仕様向上では、バン4WDの最大積載量を2名乗車時は従来より150kgアップの650kgに、5名乗車時は100kgアップの400kgとすることで、使い勝手を向上させました。
日産

日産、「リーフ」の電力を家庭に取り込む充電器を承認

日産自動車は本日、米国で日産リーフに使用するための史上初の双方向電気自動車用充電器を承認したことを発表しました。 Fermata Energy社製のFE-15は、実は2018年に自動車メーカーが初めて展示したもので、今回、リーフで使用するための日産の重要な要件を検証し、合格となりました。
日産

2023年型「日産エクストレイル」新型を公開 欧州向けにはパワートレインを電動化

日産X-TRAILの4代目が、米国仕様の兄弟車ローグのデビューから2年以上を経て、ついに欧州に到着しました。当然ながら、このSUVは欧州では電動モデルのみとなり、ハイブリッド(e-Power)とマイルドハイブリッド(ガソリン)のパワートレインがラインアップされています。
日産

2023年型日産フェアレディZを452HP、523Lb-Ftに強化するチューナー

2023年型日産Zが発売されてまだ日が浅いにもかかわらず、AMSパフォーマンスがこのスポーツカーのためのECUチューンを開発しました。
日産

2023年モデルの日産キックスの価格詳細が発表

2023年モデルの日産キックスの価格詳細が発表されましたが、当然のことながら、昨年のモデルよりも高価なものとなっています。 2023年モデルのベースとなるのは、キックスSです。
日産

日産 ローグに新型「ミッドナイトエディション」を追加し、2023年に向けて価格改定を実施

日産は、2023ローグのための新しいミッドナイト版パッケージで暗くなっています。 ミッドレベルのローグSVで利用可能な、1,535ドルのパッケージは、グロスブラックグリル、ブラックバッジ、およびマッチングミラーキャップを追加することにより、ブラックアウトトレンドを包含しています。
タイトルとURLをコピーしました