日産

日産

日産、インドにおけるダットサンの生産を停止

2013年3月、日産自動車は「ダットサン」ブランドを復活させた。インドネシア、ネパール、南アフリカ、インド、ロシアなどの市場向けに、格安の商品で再スタートした。しかし、2019年に日産はロシアとインドネシアでダットサンの生産を停止すると発表したが、今度は別の主要市場でも同じことが起こった。
日産

ニスモのエクステンドスポイラーで日産ノート・オーラの134馬力を封じ込めた

2022年型日産ノート オーラ ニスモは、2つの新しいエアロダイナミクスエレメントを導入することで、より人目を引く存在となりました。 ノート オーラ ニスモのフロントには、真っ赤に塗られた標準のスプリッターに取り付ける、黒く塗られたチンスポイラーが新たに追加されました。
日産

日産、電気自動車「日産リーフ」を一部仕様向上し、今夏に発売すると発表

「日産リーフ」は、モータードライブならではのスムースでパワフルな加速や静粛性に加え、自宅では家庭用の蓄電池としての活用することができる等、電気自動車ならではの魅力が、多くのユーザーから高く評価されています。
日産

日産フェアレディZ「400Zカブリオ」、見た目はスポーティで高級感溢れるデザインでミアータと間違われる

ソーシャルメディアではsugardesign_1として知られるバーチャルアーティスト、シュガー・チョウは、素人でも彼のCGI作品が実際に現実世界の一部であるかのように簡単に騙されてしまう、ピクセルマスターの一人です。
日産

ピーターセン自動車博物館にて「2023年 日産フェアレディZ」を展示

クルマはアートになり得るか?はい、でもどんなクルマでもいいというわけではありません。問題は、2023年の日産Zはアートと言えるのか、ということです。ピーターセン美術館はそう考え、現在3階にプリプロダクションモデルを展示しています。
日産

この謎の「日産フェアレディZ」は、NISMOの開発モデルではないか?

昨年8月に発表された日産Zの初代モデルが、いよいよ販売店頭に並ぼうとしています。しかしこのたび、このスポーツカーのNISMOモデルが開発中であることを示唆する新たな動画が登場しました。
日産

日産アリアとニッサン パビリオンがドイツのiFデザインアワードを受賞

日産は、「日産アリア」と「ニッサンパビリオン」がドイツの「iF(アイエフ)デザインアワード」を受賞したと発表しました。
日産

日産、2021年度下半期の国内登録車販売で「ノート」「ノート オーラ」が電動車販売台数No.1を獲得

日産は2022年4月15日、2021年度下半期(2021年10月-2022年3月累計)の国内登録車販売で、同社の「ノート」と「ノート オーラ」合わせて56,119台を記録し、電動車(含ハイブリッド車)販売台数No.1を獲得したと発表しました。
日産

日産は固体電池を搭載した電気スポーツカーを望んでいる

固体電池は、EV開発の次のブレークスルーであり、まさにゲームチェンジャーと考えられている。現在のリチウムイオン電池に比べ、急速充電が可能で、エネルギー貯蔵量もかなり多い。高密度の電池は、自動車メーカーが航続距離を稼ぐためにかさばる電池を追加する必要がないため、重量を増やす上で非常に重要です。
日産

「日産リーフ」電気ハッチバックが2023年に向けてアップデート、ベースモデルはより安価に

2022年ニューヨークオートショーが、プレス向けに明日(4月13日)、一般向けに2日後に正式に開幕し、すでにいくつかの自動車メーカーが展示される新車の一部を発表しています。日産は最新で、今夏発売予定の2023年型リーフのベールを脱いだところです。
日産

日産「ZERO」コンセプトは現在のガソリン価格に対する迅速なスポーツカーEVの解決策を提供

現実の世界では、日産は来る2022年のニューヨーク・オートショーと進行中のEV革命について、慎重に冒険しています。しかし、バーチャルな自動車アーティストの領域では、すべての悩みを素早く解決する方法をさりげなく提示しているのです。
日産

2023年 日産パスファインダー、新型「ロッククリークエディション」でさらに冒険的な世界へ

昨年発表された新型日産パスファインダーのファミリーに、ロッククリークエディションが加わりました。ルックスの向上、技術的なアップグレード、そして純正を上回るパワーを誇るこのモデルは、数ヵ月後に発売される予定です。
日産

日産、全固体電池とその製造工場を初公開

日産は、2028年までにASSB(全固体電池)を作ると約束するだけでは不十分だと考えたのだ。日産は、この電池のプロトタイプの最初の画像だけでなく、現在この電池が作られている場所のビデオも発表しました。下記からご覧いただけます。
日産

日産アリア、ドイツのレッド・ドット・デザイン賞を受賞

日産は、「日産アリア」がドイツの「レッド・ドット・デザイン賞」をプロダクトデザインカテゴリーにおいて受賞したと発表しました。 日産が同賞を受賞するのは今回で7度目となります。
日産

日産「アルティマ」マイナーチェンジモデルを先行公開

日産は、パスファインダーやタイタンなどの新型車を含む大きなブランドリフレッシュの真っ最中です。そして今、アルティマもその仲間入りをしようとしている。ほとんどカモフラージュされていない中国仕様のモデルが目撃されたことで、そのほとんどが顔に対応したミッドサイクル・リフレッシュであることが明らかになった。
タイトルとURLをコピーしました