スバル

スバル

2022年型スバルWRX レビュー、その実力を証明するも欠点がないとは言い切れない

2022年型スバルWRXは、2021年に発売が待ち望まれた1台であり、レビューでも期待できることが示されている。しかし、紙面上では疑問の残るルックスと精彩を欠いた性能を克服するほどの出来なのだろうか?そして、先代とは十分に違うのだろうか?スロットルハウスによれば、その答えはイエスだ。
スバル

スバル、「ソルテラ」の予約受付を開始、限定枠を用意

日本の自動車メーカーであるスバルがSUV「ソルテラ」を発売し、電気自動車の楽しさに参加することを発表しました。"当社初のオール電化アーキテクチャー "で作られ、トヨタ自動車とともに、今週から新しいステージに突入しています。
スバル

スバル、SUBARU BRZ「Cup Car Basic(カップカー ベーシック)」を発表

SUBARU BRZ「Cup Car Basic」は、2022年より開催予定のワンメイクレース「TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup」参戦用車両として開発。 ロールケージや6点式シートベルト用アイボルト、空冷式のエンジンオイルクーラーなどを専用装備するとともに、レース参戦向けベース車両として、各種装備の仕様を最適な設定としています。
スバル

スバルは2022年型WRXをこのレンダーのような現代版22Bに変身させる必要がある

新型スバルWRXは、その外観が批判を浴びる一方で、走りの良さは高く評価されています。新型WRXには、最高出力271ps、最大トルク258lb-ft(350Nm)の2.4リッターターボ4気筒エンジンが搭載されています。このエンジンに組み合わせるトランスミッションは、6速MTとCVTの2種類が用意されています。
スバル

F-150 2.7 EcoBoostのように燃料を消費するスバルの2022年型WRX

スバルがMotor Trendに語ったところによると、EPAはWRXのスポーツモードを作動させてテストしており、271馬力のボクサー4が最も経済的な光を放っていないことはほぼ確実だという。しかし、また全輪駆動のVWゴルフRは44馬力以上を提供するために管理しているという事実から逃れることはありません。 まだ快適にそれが20に来るとき厳しい都市走行以外のすべてでWRXを打つ/28/23 mpgの評価と燃費を上げる。
スバル

スバルBRZの地上高は1インチ、オーナーの要望でローダウンに

スバルBRZのオーナーは、そのことを証明するかのように、周囲の視線を集める。しかし、その視線は決して賞賛のものばかりではありません。1インチ(約2.54cm)の地上高を残すのはやりすぎだが、この日本製スポーツクーペのキャンバーほどはやりすぎていない、というのが多くのオーナーの感想だ。
スバル

スバル「2022B」WRXは、象徴的なインプレッサ22B STIのスポーツクーペとして生まれ変わることをイメージ

イギリスのアストンマーティンは、世界最強のラグジュアリーSUVとしてDBX707を発売したところです。アメリカにも誇れる導入がある。例えば、砂丘を走り、岩を這い回る2022年型フォード・ブロンコ・ラプター。あるいは、3列シートのファミリーアドベンチャラー、2023年型トヨタ・セコイア。
スバル

鍛造カーボン スバル WRX STIはS209バリスの傑作のように見えます

今、世界中のスビーファンが、2代目(VB)スバルWRXの登場に対して、さまざまな思いを抱いていることでしょう。その中で、このデザインに対する事実上の償いとして、様々な試みがなされています。もちろん、STIが登場すれば、すべてがうまくいくだろうと楽観的に考えている人たちもいます。
スバル

スバルはWRXワゴンのアメリカでの販売を再考すべきか

スバルは2007年以来、2010年代前半に登場したWRXハッチバックを除いて、本物のWRXワゴンを作っていない。しかし、そのどちらも本物のワゴンではなかったと言える。しかし、日本の自動車メーカーはちょうどWRX Sportswagonと呼ばれるオーストラリア市場のための最新のWRXの適切なロングルーフ版をリリースしました, そしてそれは疑問を提起する: 彼らはそれを州に持って来ることを検討すべきですか?
スバル

1966年の「スバル360」はアメリカの道路を走ることができる最もかわいいクルマのひとつです

360は日本の軽自動車規格に則って作られたので、とても小さいのです。ポルシェ911のような空冷2ストローク356cc2気筒エンジンをリアに搭載し、軽量グラスファイバー製ルーフパネルのおかげで、車重はわずか408kg。トランスミッションは3速マニュアル。
スバル

スバルWRXのEJボクサーをレクサスV8ツインターボに交換し、節約する倹約家

スバルWRXは、世界中でちょっとしたカルト的な人気を誇っている。ユニークなエンジン、全輪駆動、そして他のどの車よりも認知度の高いエキゾーストノートが特徴です。しかし、トルクフルなドリフトミサイルにはなり得なかった。南アフリカのある男が、フロントアクスルをカットし、ツインターボ付きのレクサスV8をボンネットに搭載して、その問題を解決したかもしれない。
スバル

スバル、2022年型BRZのカスタムオーダー受付を終了 供給危機のため在庫から購入するしかない状況に

2022年型SUBARU BRZの注文を控えて、完璧な仕様を決めようと悩んでいるなら、それは遅すぎたかもしれません。音楽フェスティバルのチケットを買おうとして失敗し、ライブが始まって90秒後には全部取られてしまった人の琴線に触れるような話で、FT86clubフォーラムに掲載されたディーラーメモが示すように、スバルは1月13日に静かにカスタムオーダーを停止し、その後私たちが公式に確認した。
スバル

2022年型スバル WRXは、前モデルよりもトルクが低下していることが判明

2022年モデルのWRXには大きな期待を寄せていたのですが、日本の自動車メーカーにはよくあることですが、ちょっと違うような気がしています。このデザイン重視の時代ではあるが、プラスチッキーなバンパーはどうでもいいことにしておこう。WRXの最大...
スバル

ヴァリス、東京オートサロンでトヨタGRヤリス、GR86、スバルBRZのエアロパッケージを公開

東京オートサロンが開幕し、日本のチューナーであるヴァリスは、トヨタGRヤリス、GR86、スバルBRZのエアロパッケージを公開しました。 GRヤリスの「KAMIKAZE」キットは、最もアグレッシブなものです。タイムアタック(KAMIKAZE)...
スバル

スバルWRX S4、BRZ、レヴォーグにSTIパフォーマンスコンセプトが登場

スバルは東京オートサロンで、新型WRX S4、BRZ、レヴォーグをモチーフにした3つの印象的なSTIコンセプトを発表しました。 3つのモデルには、非常によく似たデザインテーマが貫かれています。WRX S4 STI Performance C...