スズキ

スズキ

スズキ、新型「ランディ」を8月8日より発売

スズキは、3列シートミニバンの新型「ランディ」を8月8日より発売します。 今回発売する新型「ランディ」は、全長4,695mm、全幅1,730mmのボディーサイズに、セカンドシートのロングスライドによる多彩なシートアレンジを可能としており、広く自由度の高い室内空間を実現しています。
スズキ

スズキ SX4 S-クロス Hybrid Allgripに試乗

ビターラ/エスクードの兄弟車として、やや大型で実用性の高いスズキSX4 Sクロスが先日、新型に更新された。今週は、マイルドハイブリッド1.4Lエンジンとオールグリップシステムを搭載した、このSUVのフラッグシップトリムGLXのキーを手に入れ、先代からの改良点を直接確認することができた。
スズキ

2023年 スズキ 新型グランドビターラ、パワートレインを電動化しインドに初上陸

スズキは、先日公開したトヨタ・アーバンクルーザーハイリダーの双子モデルとして、マイルドハイブリッドとセルフチャージングハイブリッドを搭載した最新SUV、新型グランドビターラを発表した。新型グランドビターラは、兄弟車と同様にインドでデビューしましたが、アフリカを含む他の市場にも輸出する予定です。
スズキ

トヨタ、スズキ、ダイハツ、小型電気自動車と燃料電池トラックを開発へ

トヨタ自動車、スズキ、ダイハツの3社は、カーボンニュートラル実現に向けて、2023年度に軽商用バン型電気自動車を多数導入する。
スズキ

スズキ・アクロスPHEVは初代RAV4の良さを受け継いだ 放置型RAV4ツイン

スズキは小型車を得意としていますが、欧州ではトヨタRAV4のPHEV/Primeのリバディモデルという異例な展開をしています。スズキ・アクロスはパンチの効いた効率的なプラグインハイブリッドパワートレインを搭載し、シングルだが充実した装備のトリムレベルで提供され、双子の兄弟の代わりとなるモデルだ。
スズキ

スズキ グランドビターラ、トヨタ ハイライダーの双子としてインドで発表

トヨタ・アーバンクルーザー・ハイリダーの発売から2週間足らずで、マルチ・スズキはインドでグランド・ビターラの名で販売されるSUVの独自バージョンを予告しました。
スズキ

スズキ アクロスを試乗、このRAV4クローンについて知りたいことは?

スズキのフラッグシップモデル、アクロスPHEVをお借りすることができました。このSUVに見覚えがあるのは、スズキとトヨタのコラボレーションによって生まれた、RAV4プライム/PHEVのリバディだからだ。私たちはすでに後者に乗っているが、そのクローンの奇抜さに興味を持ったので、喜んで1週間キーをもらい、さまざまな走行条件でテストしてみた。
スズキ

スズキ「ジムニー」が「ハマーH2」のオフロード走破に挑む

スズキ・ジムニーのオフロード性能は折り紙付きだが、強大なハマーH2に勝てるのだろうか?Carwowは両車を田舎に連れ出し、数々のオフロードチャレンジでその能力を試し、ダビデとゴリアテの戦いでどちらが優れているのかを確かめた。
スズキ

マイルドハイブリッド技術を搭載した新型「マルチ スズキ ブレッツァ」を公開

先日のティーザーやリークに続き、スズキはVitara Brezzaに代わる都市型SUV、新型Brezzaを公開した。内外のスタイリングを刷新し、パワートレインはマイルドハイブリッド1種類を選択できるようになった。ブレッツァは新世代のモデルとして販売されていますが、その皮下では先代とアーキテクチャを共有しています。
スズキ

スズキ、既にリークされているインド向け新型SUV「ブレッツァ」を予告

スズキはインド市場向けに新世代のクロスオーバー「ブレッツァ」を発表する準備を進めており、ティーザー映像で新機能を確認することができる。Vitara Brezzaの後継となるモデルも、工場の現場からとされるリークがありました。
スズキ

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」を一部仕様変更、新たに「アルト ラパン LC」を6月17日より発売

スズキは、軽乗用車「アルト ラパン」を一部仕様変更するとともに、新たに「アルト ラパン LC」を6月17日より発売します。 今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備。
スズキ

スズキ、「ハスラー」を一部仕様変更し 特別仕様車「J STYLEⅡ」を設定して5月23日より発売

今回の一部仕様変更では、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能をハスラー全車に標準装備したほか、狭路でのすれ違い時の接触防止をサポートするすれ違い支援機能の設定や、HYBRID GターボにLEDヘッドランプを追加するなど、安全装備を充実させています。
スズキ

ディーゼル車問題で検察当局がスズキ本社を家宅捜索、捜査は継続中

ディーゼルエンジンの制御モジュールにディフィートデバイスの疑いがあるとして、欧州検察当局が3カ国で家宅捜索を行った。捜査対象は、スズキの事業所、エンジンサプライヤーであるステランティス社、部品サプライヤーであるマレーリ社で、ドイツ、イタリア、ハンガリーの3カ国での捜査が行われた。
スズキ

2023年 スズキ・ビターラ/エスクードがフルハイブリッド1.5Lエンジンを搭載し、静かに進化を続ける

スズキは、昨年生産を終了した「エスクード」の日本での復活を発表しました。ヨーロッパではスズキ・ビターラと呼ばれるエスクードは、先代モデルと同じ外観ですが、新型のハイブリッドパワートレインを搭載し、後継モデルの登場までのしばらくの間、行進するように設計されています。
スズキ

スズキ、コンパクトSUV「エスクード」に ハイブリッドシステムを搭載して2022年4月21日より発売

スズキは、コンパクトSUV「エスクード」にハイブリッドシステムを搭載し、4月21日より発売します。 今回発売する「エスクード」に搭載したハイブリッドシステムは、ハイブリッドシステムの電圧、リチウムイオンバッテリーの容量、モーターの最大出力、トルクの変更により、EV走行が可能な時間や速度の範囲を拡大し、WLTCモード走行での燃費値19.6km/Lを実現。
タイトルとURLをコピーしました