スズキ

スズキ

2025年の量産型EVクロスオーバーを予感させる「スズキeVXコンセプト」を公開

スズキは電気自動車分野で競合他社に遅れをとっているが、日本の会社はついに初の量産型EVを導入するために動いているようだ。2025年まで来ないだろうが、どんな車になるかは分かってきた。スズキは、インドのデリーで開催された2023年のオートエキスポでeVXコンセプトを公開し、10年半ば頃に登場予定の連続電気クロスオーバーを予告した。
スズキ

スズキ、SUV「ジムニー」を発表、Gクラス、ディフェンダー、ハスラーをモチーフにしたデザインで登場

ダムドが2023年の東京オートサロンに持ち込むのは、スズキの改造車5台という印象的なラインナップだ。ジムニーをベースにメルセデス・ベンツGクラスのベイビーバリエーションのような3台に、旧型ディフェンダーの顔をしたエブリィキャンパーと、アクセサリー満載のハスラー軽自動車を加えたものです。
スズキ

スズキ・ジムニーをキャンピングカーにするポップトップテント「キャノティエJ3」登場

愛らしいプロポーションとオフロードの走破性で人々を魅了するスズキ・ジムニー。そのジムニーにぴったりのポップトップ・テントが、日本の「かまど」から登場しました。 キャノティエJ3は、フランス語でボーターハット(理髪店のカルテットがかぶるような平らなトップの麦わら帽子)を意味する言葉から、ジムニーの上に帽子をかぶせるようなイメージで名づけられました。
スズキ

マルチ・スズキ、インド・オートエキスポに電気自動車用SUVのコンセプトカーを出展

マルチ・スズキは、インドのAuto Expoで2台の新型SUVと電気自動車のSUVコンセプトを発表する予定であることを明らかにした。 具体的な内容については明らかにしなかったが、マルチ・スズキの竹内久CEOは、「Auto Expo'23は、持続可能で技術主導の製品群を通じて、未来のモビリティに向けた我々のコミットメントを紹介する新たな機会です」と述べた。
スズキ

スズキ、「東京オートサロン2023」出展概要を発表

スズキは、2023年1月13日(金)から15日(日)まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2023」に、12月15日に発売した「ソリオ」や新型「スペーシア ベース」のほか、「ハスラー」、「スペーシア ギア」、「エブリイワゴン」、「クロスビー」の純正用品装着車の全7台を出品。
スズキ

スズキ キャリイにレトロなマツダの顔を与えるチューナー登場

1977年から1989年にかけて生産された2代目マツダ・ポーターキャブにインスパイアされたそうです。日本の道路でよく見かけたはずの小さなLCVを、懐かしさを感じさせるようにリニューアルしている。このクルマは、マツダ・ポーターキャブの現代版であるマツダ・スクラムのベース車でもあるのだ。
スズキ

スズキ・ジムニーがターボチャージャー搭載の小型トラックに大変身

スズキ・ジムニーをイタリアのZ.Mode社が改造し、ターボチャージャーを搭載した愛らしいトラックに変身させました。この特別仕様車は1台限りのものですが、Z.Modeは22台の限定生産で、スズキ・ジムニーNEXTピックアップコンバージョンとして、その女王のようなクールな姿を提供しています。
スズキ

マルチ・スズキ・イーコ、インドで新エンジンを搭載し旧来のデザインを踏襲してアップデート

LCVはスタイリング、テクノロジー、ドライビング・ダイナミクスの面で大きく進歩したが、インドのような世界の一部地域では、前世紀に設計された旧式の製品がまだ残っている。そのひとつが、90年代のバンのような外観ながら、新しい1.2リッターエンジン、デジタルメータークラスター、新しいエクステリアシェードでアップデートされたばかりのマルチ・スズキ・イーコです。
スズキ

2023 スズキ・アクロス、トヨタRAV4ツインから新デジタルコックピットを獲得

スズキ・アクロスは2022年に高速充電を中心としたマイナーモデルチェンジを行ったが、インフォテイメントとインストルメントクラスターは旧型のままであった。これが2023年になると、プラグインハイブリッドSUVに、最近フェイスリフトしたトヨタRAV4ツインに搭載された新しいインフォテインメントのタッチスクリーンとデジタルメータークラスターが採用されます。
スズキ

スズキ「ジムニー」コンバーチブルが中国に登場、その魅力に迫る

スズキジムニーは、常にされていると、おそらく永遠に大きな機能を持つかわいいオフローダーであり続けるでしょう - そのすべての過去と未来の形で. 我々は、日本のメーカーは、そのないアメリカのSUVの5ドアバージョンに取り組んでいるという事実を知っているが、我々は工場から来るオープントップのバリアントについて何も聞いたことがない.
スズキ

ポップトップとミニコンロを搭載したスズキの小型キャンピングカーがかわいい

道路を走るクルマは、限られたスペースで経済的に走行することが求められます。1989年式のスズキ・スーパーキャリーは、全長10.2フィート(3.1メートル)の車両に多くの機能を詰め込み、この梱包効率を新たなレベルにまで高めているのです。
スズキ

スズキ 新型Sクロス S-Cross 2023 写真・動画・スペック・情報

主なトピックスズキ 新型Sクロス S-Cross 2023 情報更新日:2021年11月26日:スズキは、クロスオーバー車の「SX4S-CROSS」を全面改良したSUVの新型「S-CROSS(エスクロス)」を世界初公開しました。今回の全面改...
スズキ

スズキ、トヨタ自動車と共同でインド市場向け小型EVを開発

スズキは、2025年のインド市場投入を目指し、トヨタと共同開発した新たなEV専用アーキテクチャを採用した完全電気自動車モデルの開発を進めています。この動きは、すでに世界各地で技術やモデルの交換を行っている自動車メーカー間の協力関係を拡大するものです。
スズキ

スズキ、新型「スペーシア ベース」を8月26日より発売

スズキは、軽商用車 新型「スペーシア ベース」を8月26日より発売します。 新型「スペーシア ベース」は、「遊びに仕事に空間自由自在。新しい使い方を実現する軽商用バン」をコンセプトに、商用車の積載性や広い荷室空間、使い勝手のよさと、乗用車のデザインや快適性、運転のしやすさを融合した新型軽商用車です。
スズキ

スズキ「アルトK10」、インドで発売開始

マルチ・スズキは、インド市場向けに廉価な都市型車両である新型「アルトK10」を発売しました。アルトK10は、やや小型のアルト800の上に位置し、ワゴンR、セレリオ、イグニス、スイフト、バレーノの順で下位に位置するモデルである。また、日本仕様のアルトとは、名前は同じでも別モデルであることにも注意が必要です。