マツダ

2023年型「マツダ CX-60」JDM仕様の詳細を公開、4種類のエンジンを選択可能

先月、華々しく発表されたCX-60は、日本でも販売されることになりました。パワートレインは、スカイアクティブG 2.5 4ポット、e-スカイアクティブPHEV 4ポットをはじめ、当初は4種類を用意します。
日産

日産「アルティマ」マイナーチェンジモデルを先行公開

日産は、パスファインダーやタイタンなどの新型車を含む大きなブランドリフレッシュの真っ最中です。そして今、アルティマもその仲間入りをしようとしている。ほとんどカモフラージュされていない中国仕様のモデルが目撃されたことで、そのほとんどが顔に対応したミッドサイクル・リフレッシュであることが明らかになった。
レクサス

レクサスLSハイブリッド、大幅な価格改定を実施

2017年に発売された現行型レクサスLSは、この5年間、ラグジュアリーセグメントのベンチマークモデルのひとつとなっています。現在は2022年モデルを迎えており、シリーズ全体で新たな標準装備やオプション装備を導入した。その結果、最強のバージョンであるハイブリッド車LS 500hは、前モデルイヤーに比べ、より高価になっている。実は、かなり高くなっているのだ。
トヨタ

保守的なトヨタがテスラと共同でカメラビジョンによる自動運転技術を開発

テスラが自社の車からレーダーとライダーのセンサーを取り外すという選択は、大きな批判を浴びました。イーロン・マスクが「人間は目さえあれば車を運転できる」と主張したにもかかわらず、自動運転開発におけるビジョンベースのアプローチは、他社から安全性が低いと判断されたのだ。しかし今回、トヨタ自動車の子会社であるWoven Planetが、完全な自律走行を目指して同様の戦略を発表した。
ホンダ

ホンダ「N-BOX」が2021年度の新車販売台数第1位を獲得

Hondaの軽乗用車「N-BOX(エヌボックス)」の2021年度(2021年4月~2022年3月)における販売台数が191,534台となり、登録車を含む新車販売台数において第1位を獲得しました。 新車販売台数においては2019年度以来、軽四輪車 新車販売台数においては7年連続の首位獲得となります。
ホンダ

2023年 ホンダ シビック タイプRが鈴鹿でFFラップレコードを更新、現行FK8を約1秒短縮

新型ホンダ・シビックタイプRはもちろん、これほどまでに速いクルマはそうそうないだろう。ホンダは、この新型コンパクト・スポーツハッチが、地元鈴鹿サーキットで前輪駆動のラップレコードを更新する様子を映した短いビデオを数本公開しました。ラップタイムは2分23秒120で、トップから脱落しました。
スズキ

スズキ、軽四輪車「エブリイ」「エブリイワゴン」を 一部仕様変更して発売

スズキは、軽商用車「エブリイ」、軽乗用車「エブリイワゴン」を一部仕様変更して4月7日より発売。 また、福祉車両ウィズシリーズ「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を一部仕様変更して5月30日より発売します。
マツダ

マツダ、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開

マツダは、新世代ラージ商品群の第一弾である新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60(マツダ シーエックス シックスティー)」の日本仕様を公開しました。 日本での販売開始は今年初秋を予定しています。
日産

日産自動車、NASAの新型月面車のデザインに協力

日産は、シエラ・スペース社、テレダイン・ブラウン・エンジニアリング社と共同で、将来の月探査を支援する乗員付き月面車(LTV)を設計する予定である。 北米日産は、生産能力、自動車設計の専門知識、月着陸船には自動運転が必要なため、自律走行システムおよびインテリジェント・ビークル・システムを提供する予定です。
トヨタ

トヨタ、GRカローラの独占販売を継続、”One Too Few “の生産に踏み切る

トヨタの新型GRカローラは、売れ行きが期待できそうな手強いマシンのようだが、日本ブランドはこのマシンを独占的に使用できるようにしたいと考えているようだ。
日産

2023年日産 フェアレディZの同乗試乗会でV6エンジンの素晴らしいサウンドを公開

ドライブ615のバイロン・グローバーは、6速マニュアルとメルセデスからライセンスを受けて日産が生産する9速オートマチックの2種類の新型Zをチェックする機会を得ました。ボルダーグレーに塗られた車両は、ブリヂストンのポテンザS007パフォーマンスタイヤを装着したZパフォーマンス、パッションレッドのトライコートに塗られた車両は、ヨコハマ・アドバンを装着したZスポーツです。
三菱

三菱エボリューションX ファイナルエディションは21世紀で最も悲しい別れの涙を流したモデル

しかし、ある世代にとっては、三菱ランサーエボリューションXとの別れの日ほど辛いものはない。 北米市場で何十年もイノベーションを起こそうとしなかった経営陣によって作られ、その結果、その品質はそれほど高くはなかったかもしれない。
トヨタ

トヨタAE86にGRヤリスのエンジンを搭載

日本のチューニングハウスは、すでにGRヤリスのエンジンをAE86に落とし込み、非常識なほど細部にこだわった壮大なドリフトマシンを作り上げています。
トヨタ

トヨタGRMNスープラ、530馬力超のBMWエンジン搭載の噂も

トヨタ・スープラに高性能なGRMNバージョンが登場するという噂が、またもや挽き回されている。日本のSpyder7は、このスポーティなモデルには、M3やM4に搭載されているBMW S58エンジンの改良型が使われており、533馬力(397キロワット)を発生させると主張している。
スバル

スバル アウトバック L.L.ビーン エディション、レクサスと戦うステーションワゴンの意外な豪華さ

スバル・アウトバックは、この25年間、世界の自動車産業で活躍した知られざるヒーローの1つです。最近では全輪駆動のステーションワゴンというより、クロスオーバーSUVに近いと言えるが、旧型と新型のアウトバックには、かなりのファンが重複して存在する。
タイトルとURLをコピーしました