ホンダ

ホンダCR-Vが3月の新車販売台数1位、米国で最も早く売れる車種であることが判明

米国では、クロスオーバーに対する大きな需要が続いています。バイヤーは、それらを素早く手にしています。iSeeCars.comによる3月の最新市場調査では、ホンダCR-Vが買い手を見つけるまでの平均ロット日数がわずか7.6日と、米国で最も早く売れる車種であることが判明しました。
ホンダ

走行距離わずか197kmの希少な2009年型ホンダS2000 CRが20万ドルで落札される

2009年当時、ホンダS2000は、このような希少なCRモデルでさえ4万ドルを下回る価格で販売されていたスポーツカーの代表格だった。それがわずか13年後、25万ドル近い価格で転売されることになろうとは、誰が予想できただろう。2022年、この時代には、あらゆるものにとんでもない値段がついているようだ。
スズキ

2023年 スズキ・ビターラ/エスクードがフルハイブリッド1.5Lエンジンを搭載し、静かに進化を続ける

スズキは、昨年生産を終了した「エスクード」の日本での復活を発表しました。ヨーロッパではスズキ・ビターラと呼ばれるエスクードは、先代モデルと同じ外観ですが、新型のハイブリッドパワートレインを搭載し、後継モデルの登場までのしばらくの間、行進するように設計されています。
ホンダ

ホンダ、1989年型インテグラのアクセサリーカタログでノスタルジーにひたる

純正アクセサリーのブランドであるホンダアクセスは、2代目インテグラのオリジナル・アクセサリーカタログを公開し、80年代後半の日本の人気モデルの懐かしさを伝えています。
日産

日産、高度な衝突回避機能を備えた自律走行システムを発表、新型EVクロスオーバーも予告

日産自動車は、衝突回避性能を大幅に向上させ、交通事故の低減に貢献する先進運転支援システム(ADAS)の次のステップを発表しました。この新しいADASの開発は10年半ばまでに完了し、2030年までに日産のすべての新型車に搭載される予定です。また、日産はこの場で、リーフの後継となる完全電気自動車のクロスオーバーをさらに詳しく紹介しました。
トヨタ

トヨタ ランドクルーザー300 “シャドーライン” は2023年のX7やレクサスLXを凌駕する

2023年のBMW X7 LCI(とアルピナXB7)の騒ぎは気にしないでください。少なくとも、巨大なグリルを適切な方法で誇示する方法を知っている伝説のSUVがあります。もちろん、スタイリッシュなデジタル・チューニングも施されています。
日産

日産、インドにおけるダットサンの生産を停止

2013年3月、日産自動車は「ダットサン」ブランドを復活させた。インドネシア、ネパール、南アフリカ、インド、ロシアなどの市場向けに、格安の商品で再スタートした。しかし、2019年に日産はロシアとインドネシアでダットサンの生産を停止すると発表したが、今度は別の主要市場でも同じことが起こった。
レクサス

2024年 レクサスTXフラッグシップ・クロスオーバーがBMW X7の対抗馬として開発中と報道される

米国におけるレクサスのハイライダー・ファミリーは広大で、UX、NX、RXからGX、LXに至るまで多岐にわたっています。これらの車種とその派生車種は、トヨタの高級車ブランドに、ほとんどの新車購入者にアピールする十分なリーチを与えていますが、それだけでは十分ではありません。
トヨタ

2JZエンジンで917馬力のA90型トヨタ・スープラはまさに野獣

A90トヨタ・スープラは、その「BMWらしさ」さえ克服できれば、非常に優れたスポーツカーであり、より多くの性能を引き出そうとするチューニング会社の間で、すぐに非常に人気があることが証明されました。このHooniganのクリップに登場する改造されたスープラは、私たちが出会った中で最も注目すべきものの1つです。
日産

ニスモのエクステンドスポイラーで日産ノート・オーラの134馬力を封じ込めた

2022年型日産ノート オーラ ニスモは、2つの新しいエアロダイナミクスエレメントを導入することで、より人目を引く存在となりました。 ノート オーラ ニスモのフロントには、真っ赤に塗られた標準のスプリッターに取り付ける、黒く塗られたチンスポイラーが新たに追加されました。
マツダ

2022年型マツダMX-5ミアータ(ロードスター)とトヨタ・GR 86、滅びゆく種の最後を飾る

世界が電気自動車や自律走行車に移行するにつれ、マニュアルはますます忘却の彼方へ移っていく。現実を直視しましょう。未来のクルマ好きのために、今のうちにこの体験を余すところなく味わっておくことが、2022年のマツダ ミアータ MX-5とトヨタ GR 86以上にふさわしい方法ではないだろうか?
トヨタ

トヨタGRヤリスがレクサス仕様に変身、その名称は?

トヨタのラリー用ホットハッチ、GRヤリスにレクサスのタッチが加わって、ちょっとプレミアムな路線になりました。
トヨタ

レクサスTX、トヨタグランドハイランダーが2023年に登場する予定

レクサスのディーラーは、RX Lより大きく、ボディ・オン・フレームのGXやLXより小さい3列シートのクロスオーバーを切望していました。レクサスとトヨタが、それぞれのラインアップに3列シートクロスオーバーを導入することが判明したのだ。
トヨタ

なぜ誰もこの1991年製トヨタ・ハイエースを運転しないのか?

トヨタのハイエースといえば、最も認知度の高い商用車のひとつであり、保管されてほとんど乗らないというイメージとは真逆の車です。このハイエースはちょっと違う。
レクサス

BMW X7やメルセデス GLSに対抗する3列シートの大型SUV、新型レクサス TXが開発中と報道される

米国のレクサス顧客は、まもなく別のモデルの選択肢として、TXと呼ばれるとされる大きな3列ユニボディのSUVを提示されるかもしれない。メルセデス・ベンツGLSやBMW X7のライバルとなるこのSUVは、レクサスRX Lより大きくなると言われている。
タイトルとURLをコピーしました