マツダ

マツダ、プラグイン車「MX-30」にロータリー式レンジエクステンダーを搭載し、今年発売予定であることを確認

マツダは、長年にわたって愛好家をからかってきたロータリーエンジンが、今年末にMX-30のプラグインハイブリッドシステムの一部として、単独ではなく米国で復活することを確認した。このエンジンは、直接車輪にパワーを送るのではなく、レンジエクステンダーとして使用される予定です。
ホンダ

ホンダ、将来のレンジに3つのEV専用プラットフォームを採用へ

ホンダは先日、電動化戦略として30車種のEVの投入を計画し、2030年までに200万台以上のEVの年間生産台数を目標にすると発表しました。そして今回、それらのモデルが、すでに開発中の3つの新しいEV専用アーキテクチャをベースとすることが確認された。
日産

日産、電気自動車「日産リーフ」を一部仕様向上し、今夏に発売すると発表

「日産リーフ」は、モータードライブならではのスムースでパワフルな加速や静粛性に加え、自宅では家庭用の蓄電池としての活用することができる等、電気自動車ならではの魅力が、多くのユーザーから高く評価されています。
レクサス

F…いや!?レクサス、このLCクーペのティーザーはFモデルではなくインスピレーション・シリーズと発表

レクサスは今日、Instagramで巨大な "F "マークを背負った影のあるLCクーペを公開しました。一見すると、新しいGT3レースカーかLC Fバリアントだと思われるでしょう。しかし、あなたは間違っているだろう, 日本の会社は私たちに全く異なる、はるかに少ない刺激的な何かを語ったとして.
トヨタ

2023年 トヨタGR86、英国で90分以内に完売

手頃な価格のスポーツカーは、もはや絶滅寸前です。たとえばイギリスでは、1.5リッターエンジンで24,765ポンド(32,280円)の旧型マツダMX-5ミアータか、唯一のトリムが29,995ポンド(39,100円)の新しいトヨタGR86しか手頃な選択肢はないのです。
日産

日産フェアレディZ「400Zカブリオ」、見た目はスポーティで高級感溢れるデザインでミアータと間違われる

ソーシャルメディアではsugardesign_1として知られるバーチャルアーティスト、シュガー・チョウは、素人でも彼のCGI作品が実際に現実世界の一部であるかのように簡単に騙されてしまう、ピクセルマスターの一人です。
マツダ

マツダ、5月に「マツダミュージアム」をリニューアルオープン

マツダは、創業からの歴史やヒストリックカーなどを展示する「マツダミュージアム」(広島本社敷地内)を全面リニューアルし、本年5月23日に一般公開を開始します。 今回のリニューアルでは、お客さまや地域の皆さまにより親しんでいただくこと、およびブランド発信拠点としての機能を強化することを目的とし、施設全体の空間デザインや展示内容を刷新。
スズキ

スズキ、コンパクトSUV「エスクード」に ハイブリッドシステムを搭載して2022年4月21日より発売

スズキは、コンパクトSUV「エスクード」にハイブリッドシステムを搭載し、4月21日より発売します。 今回発売する「エスクード」に搭載したハイブリッドシステムは、ハイブリッドシステムの電圧、リチウムイオンバッテリーの容量、モーターの最大出力、トルクの変更により、EV走行が可能な時間や速度の範囲を拡大し、WLTCモード走行での燃費値19.6km/Lを実現。
トヨタ

2020年型トヨタ スープラ、2JZスワップ搭載でフーニガンの新シリーズに登場

トヨタ・スープラA90の発売以来、オーナーはBMWのエンジンを2JZに換装することを熱望してきました。Hooniganの新番組「Dyno Everything」でも、そのような例が紹介され、他のシリーズに高いベンチマークを設定しました。
レクサス

2022年型レクサスNXにスポット溶接の欠落、4,215台のリコールを発令

トヨタは、アメリカやヨーロッパの競合他社よりも優れた自動車を販売することで、その名を知られるようになりました。トヨタは、アメリカやヨーロッパの競合他社よりも優れた自動車を販売することで有名になりました。しかし、自動車業界ではよくあることですが、トヨタはいつも成果を出してくれるわけではありません。
マツダ

マツダ、CX-60の生産を開始しFR主流の時代に突入

初代CX-60の発売により、マツダは新たな時代に突入した。一から作り上げたこのSUVは、ブランド初の近代的な後輪駆動の主力モデルとなり、現在、組立ラインに投入されている。今週初め、4月18日、マツダの防府第2工場(山口県)でCX-60の生産が開始されました。欧州向けの初出荷は、4月26日を予定しています。
レクサス

レクサス 新型RZ 2023 写真・動画・スペック・情報

レクサス初のバッテリーEV専用モデル「RZ」が登場。 2022年4月20日(水)、オンラインで発表予定となっています。
トヨタ

フェラーリのテールライトとレクサスのヘッドランプを装着した「トヨタ・スープラ」はあまりに不細工で気に入った?

A80 MK IV トヨタ スープラは、信じられないような伝説と素晴らしいスタイリングを持つクラシックスポーツカーであり、中古市場ではワイルドな価格設定も見られます。しかし、すべてのMk4が同じというわけではありません。例えば、このカスタマイズされたサンプルは、比較にならないほど安いのですが、非常に疑わしいデザインの選択で冷静になる必要があります。
日産

ピーターセン自動車博物館にて「2023年 日産フェアレディZ」を展示

クルマはアートになり得るか?はい、でもどんなクルマでもいいというわけではありません。問題は、2023年の日産Zはアートと言えるのか、ということです。ピーターセン美術館はそう考え、現在3階にプリプロダクションモデルを展示しています。
スバル

2023年モデル スバルBRZ、昨年より660ドル高い29,615ドルから販売開始

2023年モデルのスバルBRZは、スポーツクーペの2代目モデルとして発売されます。その価格は、1,020ドルのデスティネーションフィーを差し引いた29,615ドルからとなっています。トリムレベルは2種類のみです。PremiumとLimitedの2種類です。
タイトルとURLをコピーしました