トヨタ 新型アルファード 4代目 2022 写真・動画・スペック・情報

スポンサーリンク
トヨタ

主なトピック&スペック

トヨタ 新型アルファード 4代目 2022 情報更新日:2021年2月9日:

トヨタの高級ミニバン「アルファード」の4代目の発表は、2021年末か2022年初頭と予想。

2015年1月に3代目がフルモデルチェンジされ、アルファードのモデルサイクルは6~7年となるので、今年発表される可能性がありますね。

4代目の特徴として予想されること

プラグインハイブリッドモデルの追加。

また、2.4リッターのターボモデルを追加。

TNGAプラットフォームを採用するので、さらに室内空間が広くなり、乗り心地も良くなる。

兄弟車であるヴェルファイアが無くなり、アルファード一本になる。デザインが2タイプ用意され、標準とエアロ仕様となる。

クラウンやエスティマが無くなる噂があり、アルファードがフラッグシップになる可能性がある(センチュリーを除いて)。そうなると、フラッグシップらしい高級感をさらに上げてくると予想。

ボディサイズはこれ以上大きくなると、さずがに日本市場では合わないため、ほぼ変わらない(現行モデル:全長×全幅×全高:4950×1850×1950mm、ホイールベース:3000mm)。

トヨタセーフティセンスの最新バージョン、第3世代。

 

現行モデル(3代目の写真)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました