アメリカではMazda6とCX-3が発売終了に

マツダ
スポンサーリンク

日本の自動車メーカーが、Mazda6とCX-3の両モデルをアメリカで販売しないことを発表したため、Mazda6とCX-3は終焉を迎えます。

 

 

マツダは短い声明の中で、これらのモデルがブランドに貢献してきたパフォーマンス、デザイン、品質、安全性を「誇りに思っている」と述べています。しかし、消費者の関心は変化しており、このモデルはもはやマツダのラインナップには存在しません。

 

 

Mazda6のカタログ落ちは驚くべきことではありませんが、その廃止は痛ましいことです。とはいえ、2015年以降、販売台数が毎年減少しているマツダを責めることはできません。当時、米国では57,898台を販売していましたが、昨年はわずか16,204台にまで落ち込みました。パンデミックの前にも、2019年の販売台数は2万1524台に激減した。

 

 

一方、CX-3は、単にクロスオーバー化したハッチバックでした。それが悪いわけではないが、このモデルは、より大きくてパワフルなCX-30よりも1260ドルしか安くなかった。

 

販売台数は、2016年の1万8,557台をピークに、その後の3年間は1万6,500台前後で推移したため、当初から期待外れだった。しかし、2020年には販売台数が8,335台まで落ち込んだ。パンデミックが影響していることは間違いないが、CX-30の登場でカニバリゼーションが起きた可能性も高い。

 

 

いずれにしても、マツダの米国でのラインアップは大幅に縮小し、ミッドサイズのセダンが不足することになります。

 

【参照】https://www.carscoops.com/2021/05/mazda6-and-cx-3-are-getting-the-axe-in-america/

コメント

タイトルとURLをコピーしました