トヨタ、US仕様のGR86は2021年6月2日に発表

トヨタ
スポンサーリンク

トヨタは6月、テキサス州で公開イベントを開催しますが、その際にモデルチェンジしたGR 86を出展します。

 

詳細は明らかにされていませんが、ホイールとヘッドライトのティーザー画像が公開されました。

 

 

また、0-60mph(0-96km/h)加速が6.1秒になることを予告するとともに、数学の問題を出してきました。

 

 

後者について興味のある方は、8x + 148 = 10x – 24となります。xを解くと、答えは意外にも86となります。

 

 

米国仕様のモデルは6月2日午前10時(日本時間)に発表されますが、それまでの間、4月に発表された日本仕様のモデルが2022年のスバルBRZと一緒に開発されたことを思い出してみましょう。

 

 

 

2.4リッター4気筒エンジンを搭載し、最高出力232ps(173kW/235PS)、最大トルク184lb-ft(250Nm)を発揮します。このスペックが米国モデルに引き継がれれば、先代モデルよりも27ps(20kW / 27PS)、28lb-ft(38Nm)アップすることになります。最終的な数値にかかわらず、このエンジンには6速マニュアルまたは6速オートマチックトランスミッションが組み合わされます。

 

 

GR 86では、パワフルになっただけでなく、アルミ製フェンダーやアルミ製ルーフを採用し、低重心化を図っています。また、新設計のフロントシートや軽量化されたマフラーを採用することで、軽量化を実現しています。

 

また、ボディ剛性を向上させるとともに、ねじり剛性を約50%向上させることで、剛性の高いスポーツカーを実現しています。

 

【参照】https://www.carscoops.com/2021/05/toyota-teases-us-spec-gr-86-ahead-of-its-debut-next-month/

コメント

タイトルとURLをコピーしました