ブリッツがチューニングしたトヨタの新型GR 86を公開 Blitz’s

スポンサーリンク
トヨタ

 

トヨタGR 86 / スバルBRZは、自然吸気エンジンと優れたシャシーを備えた手頃な価格の後輪駆動スポーツカーとして、ビジュアルやメカニカルな改造のベースとして最適なようです。日本のチューナーであるブリッツは、この機会をとらえて、GR 86用のチューニングキットを予告するコンセプトカーを発表しました。

 

カスタムデザインのエアロパーツは、GR 86の外観を変え、NFSアンダーグラウンドの雰囲気を醸し出しています。フロントバンパーは、スバルBRZをベースにデザインを変更しており、中央のインテークを小さくして低い位置に配置し、サイドインレット上部にLEDライトを埋め込み、スプリッターをより強調しています。

 

 

GR 86には、ブラックのEnkei Racing Revolution RS05RRマルチスポークリムに、ダンロップ製ディレッツァZIIIタイヤ(255/35 R18)を装着しています。この18インチホイールは、ホイールアーチをきれいに埋め尽くし、リアフェンダーのアドオンと控えめなサイドシルエクステンションビットがそれを引き立てています。

 

 

後方には、カーボンファイバー製のGTウィングがテールの高い位置に取り付けられています。その下には、再設計されたバンパーがあり、2つの装飾的なサイドインテークと、目立つディフューザーが付いています。ビデオから判断すると、4本のチタン製エキゾーストパイプがアイドリング時に輝かしいサウンドを奏でています。

室内では、コ・ドライバーの前のダッシュボードに、油圧と温度を示す3つのメーターが追加されています。ギアシフターやハンドブレーキには、ブリッツのバッジとレッドのディテールが施され、ブライドレーシングシートは横方向のサポート性を高めている。

 

 

ブリッツはボンネットの中にも手を入れた。カーボンパワーエアクリーナーとカーボンインダクションキットにより、2.4リッターフラット4エンジンをより自由に呼吸できるようにし、新しいラジエーターとオイルクーラーにより冷却性を向上させている。

センターコンソールの底面に設置されたパワー&スロットルコントローラーにより、ドライバーは出力を純正の232ps(235PS/173kW)、トルクを184lb-ft(250Nm)から向上させることができるが、ブリッツはその量を明示しなかった。いずれにしても、パワーはリミテッドスリップデフの助けを借りて、6速マニュアルギアボックスを介して後輪に伝達されます。

また、ローダウンされたサスペンションは、より硬いセッティングとアグレッシブなキャンバーを備えており、フロント/リアのストラットタワーバーも装備されています。さらに、フロントには355mmディスクと6ポットキャリパー、リアには330mmディスクと4ポットキャリパーを装備したブレーキを採用しています。

チューニングされたモデルの性能を示す数値はありませんが、わずかに速くなり、コーナーでは確実にシャープになることは間違いありません。なお、トヨタ純正のGR 86は、0-62 mph(0-100 km/h)加速が6.3秒、最高速度が149 mph(240 km/h)です。

 

ブリッツGR 86コンセプトは、数週間前に日本の富士スピードウェイで公開され、HKS、Tom’s Racing、Thirdなどの日本のチューナーによるライバルモデルや、Toyota Gazoo Racingによる独自の改造車とともに登場しました。

ブリッツの公式サイトによると、前述のトヨタGR 86のアップグレードのほとんどはまだ開発中ですが、近い将来、販売に供される予定です。

 

【参照】https://www.carscoops.com/2021/06/blitzs-tuned-toyota-gr-86-comes-with-strong-nfs-underground-vibes/

コメント

タイトルとURLをコピーしました