SARD Toyota GR 86 GT1 Concept 新しいカスタムボディキットを発表

スポンサーリンク
トヨタ

 

 

トヨタGR 86は、その初公開以来、日本のチューナーたちの関心を集め、オーナーに最高のカスタマイズを提供しようと競い合っています。

 

 

トヨタ車のチューニングとレースを専門とするSARDは、GR 86 GT1コンセプトを発表し、後輪駆動のスポーツカーのためのチューニングキットを提案しました。

 

新型GR 86のボディキットは、先代のトヨタGT 86の改造に比べて、デザインを進化させてすっきりとした外観になっています。デザインが変更されたバンパーは、中央に細長いインテークがあり、その上にスプリッター、三角形のサイドインテーク、バッドレスノーズがすっきりと統合されています。

 

 

また、サイドシルエクステンションがフロントフェンダーとリアフェンダーに向かって伸びており、バンパーとの視覚的なつながりを形成しています。ボディとエアロパーツのホワイトカラーは、ダーク仕上げの18インチBBS RE-V7アルミリムと245/35R18ブリヂストンポテンザタイヤとのコントラストを際立たせています。

 

 

後方には、ブラックの背景に丸いLEDグラフィックを配した新しいテールライト、非常に大きな2本のテールパイプ、カーボンファイバー製の低い位置にあるリアウィングがあります。インテリアでは、チタン製のシフトノブ、レッドレザーのバケットシート(ヘッドレストにSARDのバッジ付き)、レッドのフットウェルなどが採用されています。

 

 

機械的なアップグレードのリストについては言及していませんが、いくつかのものが用意されている可能性があります。これまでのモデルから判断すると、GR 86にはトルセン式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルが採用され、トラクションの向上が図られているかもしれません。また、ローダウンして硬くなったサスペンションは、ハンドリングを向上させ、重心を下げる効果があります。

 

 

パワーアップについては、まだ正式には発表されていませんが、前世代のSARD Toyota 86 GT3 Conceptのようなターボキットをぜひとも採用してほしいと思います。これは、ボルグワーナー製EFRターボチャージャー、カスタムダウンパイプ、チタン製エグゾースト、新しいラジエター/インタークーラーを装備し、従来の2.0リッターエンジンの出力を約300ps(304PS/224kW)まで向上させたものです。一方、新型の2.4リッター自然吸気フラット4エンジンは、最高出力232ps(235PS / 173kW)、最大トルク184lb-ft(250Nm)を発揮し、0-62mph(0-100km/h)加速6.3秒、最高速度149mph(240km/h)を実現しているという。

 

【参照】https://www.carscoops.com/2021/06/sard-toyota-gr-86-gt1-concept-previews-tuners-new-custom-bodykit/

コメント

タイトルとURLをコピーしました