1976年製 ダットサン280Zの魅力

スポンサーリンク
日産

ダットサン280Zは、おそらく史上最も美しい日本製スポーツカーのひとつであり、もしあなたがクラシックカーにおよそ5万ユーロ(~6万ドル)の予算をかけられるのであれば、この車はあなたのためにあるかもしれません。

 

 

この280Zは、1976年にカリフォルニアで納車され、現在はオランダに保管されています。ヨーロッパに輸入された時期は記載されていませんが、オリジナルの状態に戻すために包括的なレストアが行われたことが記載されています。

 

 

小さな修理が必要な部分の塗装には手が加えられており、ボディワークの他の部分と同じメタリックブラウンの色合いでスプレーされた大型のフロントおよびリアスポイラーも付いています。さらに、ブラックのホイールアーチエクステンションと、クローム仕上げのリップを備えたゴールドのホイールが、このクルマの魅力を高めています。

 

 

そのほかにも、いくつかの変更が加えられています。また、BCレーシング製の車高調を装着して車高を下げ、ブッシュも硬めのものに交換されています。

 

 

車内には、ブラックビニール、3本スポークのステアリングホイール、木製のシフトノブなどが装備されています。

 

 

出品者のGallery Aaldering氏は、168馬力の2.8リッター直列6気筒に5速マニュアルトランスミッションを組み合わせて後輪を駆動し、素晴らしい走行状態を維持していると付け加えています。年式が古いにもかかわらず、走行距離はわずか31,961kmで、希望価格は47,950ユーロ(57,249ドル)です。

 

 

【参照】https://www.carscoops.com/2021/06/1976-datsun-280z-is-ideal-for-lovers-of-classic-japanese-sports-cars/

コメント

タイトルとURLをコピーしました