ホンダNSXタイプSが登場、そして生産終了、電動スーパーカーの最後のモデル

ホンダ
スポンサーリンク

主なスペック:US仕様 NSX タイプS

全長:4,531mm 178.4in

全幅:1,939mm 76.34in

全高:1,214mm 47.8in

ホイールベース:2,628mm 103.5in

最低地上高:94mm 3.7in

荷室容量:110リッター 3.9 cu-ft

システム最高出力:600 hp

システム最大トルク:492 lb-ft

エンジン:3.5リッター V6 ツインターボ

最高出力:520 hp at 6,500-6,850 rpm

最大トルク:600Nm at 2,300-6,000 rpm

フロントモーター:ツイントラクションモーター

最高出力:36+36 hp at 4,000 rpm

最大トルク:73+73 Nm at 0-2,000 rpm

リアモーター:ジェネレーター

最高出力:47 hp at 3,000 rpm

最大トルク:148 Nm at 500-2,000 rpm

トランスミッション:9速デュアルクラッチ、AWD

バッテリー容量:1.3 kWh(リチウムイオン)

0-60 mph加速:3秒以内

最高時速:307 km/h 191 mph

主なトピック:US仕様 NSX タイプS

  • 350台の限定生産、うち300台は米国市場向け。
  • 最高出力600ps(+27)、最大トルク492lb.ft(+16)と、アキュラ史上最もパワフルで速いロードゴーイングモデル。
  • 2021年モデルのNSXよりも2秒早く鈴鹿サーキットを周回。
  • パワートレインでは、レースカーNSX GT3 Evoと共通のターボチャージャーを採用し、ブースト圧を6%向上させ、バッテリー容量を20%、バッテリー出力を10%向上させた。
  • 9速DCTを再チューニングし、シフトアップレスポンスを50%向上、新たに「ラピッドダウンシフトモード」を搭載。
  • 革新的なトルクベクタリングを採用したスポーツハイブリッドSH-AWDは、性能を最大限に引き出すために再チューニングされました。
  • 新開発のスプリット5本スポークホイールは、前輪が0.4インチ、後輪が0.8インチ、それぞれ大きくなっています。
  • NSX Type Sのために先進のモデリング技術を駆使して開発された新型ピレリP-Zero(サイドウォールに “H0 “の表示あり)。
  • 新設計のエクステリアデザインと空力特性により、エンジンの冷却性能を向上
    NSX GT3にインスパイアされたカーボンファイバー製のリアディフューザーなど、空力性能を向上。
  •  標準装備のカーボンファイバー製ルーフにより重心が下がり、ハンドリングが向上。
  •  カーボンセラミックブレーキ(4色から選択)、カーボンエンジンカバー、カーボンインテリアトリムなどを装備したライトウェイトパッケージを用意し、総重量を約57.8ポンド(26.2kg)削減。(kg(26.2kg)の軽量化)
  • NSX Type Sに、マットメタリックペイント「ゴッサムグレー」を新たに採用。
  • NSX Type Sのコックピットは、アルカンターラのヘッドライナー、グローブボックスのType Sロゴの刺繍、ヘッドレストのNSXロゴのエンボス加工、コントラストの効いたステッチなどを採用しています。

オフィシャル動画:US仕様 NSX タイプS

オフィシャル動画:US仕様

オフィシャル写真:US仕様

ティーザー写真と動画:US仕様

長年の噂や憶測を経て、ホンダはNSXタイプSの計画を正式に発表しました。

8月12日に開催されるモントレー・カー・ウィークでデビューする予定のこのスーパーカーは、”より大きなパワー、より速い加速、よりシャープなハンドリング、そしてよりエモーショナルなドライビング・エクスペリエンス “を実現することを約束しています。

アキュラは詳細を明らかにしていませんが、NSX Type Sが “強化された “V6ツインターボエンジンと、スポーツ・ハイブリッド・スーパー・ハンドリング・オール・ホイール・ドライブ・システムを搭載することを確認しています。

標準モデルは、ミッドマウントの3.5リッターV6ツインターボを搭載し、最高出力500ps(373kW / 507PS)、最大トルク406lb-ft(550Nm)を発揮します。これをトリモーターハイブリッドシステムと1.3kWhのバッテリーパックでバックアップすることで、総合的な出力は573ps(427kW / 581PS)、トルクは476lb-ft(645Nm)に達します。

アキュラは、このモデルについて多くを語りませんでしたが、ティーザービデオと数枚の写真を公開しました。 このビデオでは、NSXブランドの赤いブレーキキャリパーを装備した5本スポークのホイールを装備していることがわかります。 また、よりアグレッシブなディフューザー、カーボンファイバー製のトリム、シリアルナンバー入りのバッジなども装備されていることがわかります。

疑問点は多いものの、アキュラは350台の限定生産であることを確認しました。 300台は米国向けで、NSX Type Sが日本以外で販売されるのは今回が初めてとなります。日本向けはわずか30台!

残念ながら、NSXの生産は2022年が最終年になることも明らかになりました。 残念ではありますが、NSXはタイプSをもってしても生産を終了するようです。

幸いなことに、アキュラは「電動化時代のスポーツカーを追求し続ける」と約束しており、その活動休止は短期間で終わる可能性があります。 このことは、次世代NSXが電気自動車になる可能性を示唆していますが、正式なものではありません。

【参照】https://www.carscoops.com/2021/08/2022-acura-nsx-type-s-teased-will-be-a-last-hurrah-for-the-electrified-supercar/

コメント

タイトルとURLをコピーしました