スバル レガシィ フェイスリフト 2023 写真・動画・スペック・情報

スバル

主なトピック

スバル レガシィ フェイスリフト 2023 情報更新日:2022年5月14日:

2023年型スバルレガシィは、主に新しいLEDヘッドライトに挟まれた巨大なグリルを受け取るフロントエンドに焦点を当てています。

さらにその下には、中央の広い吸気口とプラスチックのようなフォグランプの周囲を持つ、よりアグレッシブなバンパーがあります。

レガシィスポーツは、赤のコントラストステッチを施した黒とグレーの専用内装を採用。

また、パワームーンルーフ、GPSナビゲーション、リバースオートブレーキやドライバーフォーカス気晴らしシステムなどの安全装備も充実しています。

レガシィスポーツは、182ps(136kW / 185PS)、176lb-ft(238Nm)の自然吸気2.5リッター4気筒エンジンを搭載していましたが、スバルは実際にこのモデルにスポーツを注入することを決定しました。

その結果、スポーツチューンサスペンションと、最高出力260ps(194kW/264PS)、最大トルク277lb-ft(375Nm)の2.4リッターターボを新たに標準装備。

他の2023年型レガシィと同様に、無段変速機とシンメトリカル全輪駆動システムが組み合わされます。

追加の変更点は限られていますが、レガシィの11.6インチインフォテインメントシステム「スターリンク」には、ワイヤレスのAndroid AutoとワイヤレスのApple CarPlayが追加され、”オーディオ、HVAC、車両機能の画面コントロールも改善 “されています。

ナビゲーション搭載車では、新たにwhat3wordsの統合を実現しました。

さらに、レガシィスポーツとツーリングXTのオールウェザーパッケージには、どこに触れても暖かい360度ヒーテッドステアリングホイールが採用されました。

ツーリングXTには、シルバーステッチを施したスレートブラックナッパレザーを新たに採用しました。

安全面では、レーンチェンジアシスト付きブラインドスポットディテクションとリアクロストラフィックアラートを装備したモデルに、時速50マイル(80km)以下での衝突回避をサポートするオートマチックエマージェンシーステアリングが追加されました。

レンジトッピングモデルのレガシィツーリングXTには、ワイドアングルモノカメラを搭載し、”低速で交差点に進入した際に、視野をさらに広げ、歩行者や自転車をより早く認識する “ようになりました。

2023年型スバル・レガシィは、2022年の秋に米国のディーラーに到着し、価格は発売間近に伝えられる予定です。

【関連記事】スバル 新型レガシィ B4 2021 【新型情報・発売日・スペック・価格】

 

主なスペック(米国仕様)

スバル レガシィ フェイスリフト 2023 情報更新日:2022年5月14日:
・全長:4,840mm

・全幅:1,840mm

・全高:1,500mm

・ホイールベース:2,745mm

・エンジン:2.5リッター4気筒エンジン/2.4リッターターボ

・最高出力:182HP/5,800rpm/260HP/5,600rpm

・最大トルク:176lb-ft/4,400rpm/277lb-ft/2,000-4,800rpm

・トランスミッション:リアトロニック

・駆動方式:AWD シンメトリカル

オフィシャル動画:2023年 スバル レガシィ スポーツ&ツーリング XT(米国仕様)

スバル レガシィ フェイスリフト 2023 情報更新日:2022年5月20日:

オフィシャル写真

スバル レガシィ フェイスリフト 2023 情報更新日:2022年5月14日:

コメント

タイトルとURLをコピーしました