カージャパン・インフォ

日本車を中心にした自動車発売情報まとめ

日産

2017年12月にマイナーチェンジ。日産 スカイライン 2018【新型車情報・発売日・スペック・価格】

日産 スカイライン 2018

インフィニティQ50がベースとなった13代目「スカイライン(V37型)」

メルセデスベンツ製のエンジンを積むなど、ワールドワイドな仕様になっています。

2017年3月にジュネーブショーにて、Q50のフェイスリフトモデルが発表されました。

日本にも今回の改良デザインが2017年12月ごろ入ってくる予定です。

日産スカイラインの最新情報を随時更新していきます。

 

【関連記事】日産 新型フーガ 2019 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

 

---------スポンサードリンク---------

日産 スカイライン 2018 マイナーチェンジ

日産 スカイライン 2018 情報(2017年10月4日更新):

全方位型運転支援システムや、ダイレクトアダプティブステアリングなどが装備され、最新の装備となるようです。

また3.0リッターV6ターボモデルの追加も期待されます。

またエクステリアデザインも変更されます。

 

オフィシャル写真

日産 スカイライン 2018 情報(2017年10月4日更新):

フロントバンパーのデザインが変更され、また新デザインのアルミホイールも採用されています。

 

リアはコンビネーションランプのデザインが変更になりました。また、バンパーの形状も変わってますね。

ステアリングのデザインが変更変更されてます。シフトノブのデザインも変わっていて、よく見るとインフィニティのマークが確認できます。

 

発売時期

日産 スカイライン 2018 情報(2017年8月21日更新):

発売:2017年12月

 

 

 

 

 

デザイン詳細動画

日産 スカイライン 2018 情報(2017年4月14日更新):

北米インフィニティの2018年モデルの動画です。

 

外観(エクステリア)の写真

ライバルとなるのは、同エンジンを積むメルセデス・ベンツのCクラス、BMW3シリーズ、レクサスIS、キャデラックATSなどのFRセダンですが、その中でも遜色ない、とっても美しいセダンになっています。

リアライトのデザインも変わりましたね。

【参照】https://www.netcarshow.com/infiniti/2018-q50/

内装(インテリア)の写真

室内はあまり大きな変化はありませんが、細かいパーツの変更で、より質感が高まっています。

【参照】https://www.netcarshow.com/infiniti/2018-q50/

プロモーション動画

また一段と魅力が増していますね。「スカイライン」という伝統的な名前が消えてしまうのは悲しいですが、これはもう「Q50」と名乗った方が、似合っている様に思えます。

---------スポンサードリンク---------

13代目スカイライン(V37)の概要

基本スペック

サイズ

全長:4,800mm

全幅:1,820mm

全高:1,450mm

ホイールベース:2,850mm

パワートレイン

2.0リッター 直4 ターボガソリンエンジン

最高出力:211PS/5,600rpm

最大トルク:35.7kgm/1,250~3,500rpm

トランスミッション

7速AT

燃費

JC08モード燃費:13.0km/L

安全性能

【緊急自動ブレーキ】対車両

【誤発進制御】後退

【クルーズコントロール】全車速追従

-日産
-, , , , , ,