カージャパン・インフォ

日本車を中心にした自動車発売情報まとめ

日産

2019年7月16日発表 日産 新型スカイライン 2020【新型車情報・発売日・スペック・価格】

目次

日産 スカイライン ビッグマイナーチェンジ 2020

ビッグマイナーチェンジを実施した新型スカイラインは、プロパイロット2.0を搭載(高速道路で同一車線内ハンズオフが可能なナビ連動ルート走行を実現)し、2019年7月16日に発表されました。

外観のデザインはインフィニティの外し、日産のエンブレムに。そして日産のデザイン・アイコンである「Vモーショングリル」を採用しています。

また、スカイラインの代名詞的存在であった「丸目4灯リヤコンビネーションランプ」も復活してます。

「スカイライン」史上最高の400馬力(3.0L V6 ツインターボエンジン)を実現した400Rもラインアップしています。

 

価格

ハイブリッド

【GT Type SP 2WD】6,048,000円

【GT Type P 2WD】5,711,040円

【GT 2WD】5,474,520円

【GT Type SP 4WD】6,327,720円

【GT Type P 4WD】5,990,760円

【GT 4WD】5,754,240円

 

V6ターボ

【GT Type SP 2WD】4,848,960円

【GT Type P 2WD】4,554,360円

【GT 2WD】4,274,640円

【400R】5,523,120円

 

主なスペック

サイズ

全長:4,810mm

全幅:1,820mm

全高:1,440mm

ホイールベース:2,850mm

 

400R

エンジン:3.0リッター V6 ツインターボエンジン

最高出力:298kW(405PS)/6400rpm

最大トルク:475Nm(48.4kgf・m)/1600-5200rpm

トランスミッション:7速オートマチックトランスミッション、2WD(FR)

WLTCモード燃費:10.0km/L

タイヤサイズ前後:245/40RF19

 

V6ターボ

エンジン:3.0リッター V6 ツインターボエンジン

最高出力:224kW(304PS)/6400rpm

最大トルク:400Nm(40.8kgf・m)/1600-5200rpm

トランスミッション:7速オートマチックトランスミッション、2WD(FR)

WLTCモード燃費:10.0km/L

 

ハイブリッド

エンジン:3.5リッター V6エンジン + モーター

エンジン最高出力:225kW(306PS)/6800rpm

エンジン最大トルク:350Nm(35.7kgf・m)/5000rpm

モーター最高出力:50kW(68PS)

モーター最大トルク:290Nm(29.6kgf・m)

トランスミッション:7速ハイブリッドトランスミッション、2WD(FR)、4WD

WLTCモード燃費:14.4m/L(2WD)、13.6m/L(4WD)

 

---------スポンサードリンク---------

 

レビュー動画

clicccar公式 第2チャンネルによるインプレッション動画

 

LOVECARS!TV!キャスターで自動車ジャーナリストの河口まなぶ氏によるインプレッション動画

試乗編

内外装のチェック編

 

 

オフィシャル動画を追加

ハンズオフ走行の模様です。

 

展示車両の動画

オフィシャル動画

オフィシャル写真

---------スポンサードリンク---------

カラーバリエーション

カーマインレッド

オーロラフレアブルーパール

インペリアルアンバー

HAGANEブルー

ラディアント レッド

ブリリアントホワイトパール

ブリリアントシルバー

メテオフレークブラックパール

ダークメタルグレー

スーパーブラック

---------スポンサードリンク---------

TVCM動画

 

 

開発車両の写真

 

プロパイロット2.0説明会動画とTVCM

 

2019年モデルのインフィニティQ50のCM動画

アメリカではスカイラインは、インフィニティブランドで「Q50」として売られています。

Q50 RED SPORT 400は、GTR譲りの3.0リッター V6ツインターボエンジンで405PSを発生。

 

 

日産 スカイライン 2018

インフィニティQ50がベースとなった13代目「スカイライン(V37型)」

メルセデスベンツ製のエンジンを積むなど、ワールドワイドな仕様になっています。

2017年3月にジュネーブショーにて、Q50のフェイスリフトモデルが発表されました。

日本にも今回の改良デザインが2017年12月ごろ入ってくる予定です。

日産スカイラインの最新情報を随時更新していきます。

 

【関連記事】日産 新型フーガ 2019 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

 

---------スポンサードリンク---------

日産 スカイライン 2018 マイナーチェンジ

日産 スカイライン 2018 情報(2017年10月4日更新):

全方位型運転支援システムや、ダイレクトアダプティブステアリングなどが装備され、最新の装備となるようです。

また3.0リッターV6ターボモデルの追加も期待されます。

またエクステリアデザインも変更されます。

 

価格

日産 スカイライン 2018 情報(2017年12月21日更新):

【350GT HYBRID Type SP  2WD】5,559,840円

【350GT HYBRID Type P 2WD】5,223,960円

【350GT HYBRID  2WD】4,955,040円

【350GT HYBRID Type SP  4WD】5,840,640円

【350GT HYBRID Type P  4WD】5,504,760円

【350GT HYBRID  4WD】5,235,840円

【200GT-t Type SP  2WD】4,713,120円

【200GT-t Type P  2WD】4,433,400円

【200GT-t 2WD】4,164,480円

 

オフィシャル写真を追加

日産 スカイライン 2018 情報(2017年12月21日更新):

 

オフィシャル写真

日産 スカイライン 2018 情報(2017年10月4日更新):

フロントバンパーのデザインが変更され、また新デザインのアルミホイールも採用されています。

 

リアはコンビネーションランプのデザインが変更になりました。また、バンパーの形状も変わってますね。

ステアリングのデザインが変更変更されてます。シフトノブのデザインも変わっていて、よく見るとインフィニティのマークが確認できます。

 

発売時期

日産 スカイライン 2018 情報(2017年8月21日更新):

発売:2017年12月

 

 

 

 

 

デザイン詳細動画

日産 スカイライン 2018 情報(2017年4月14日更新):

北米インフィニティの2018年モデルの動画です。

 

外観(エクステリア)の写真

ライバルとなるのは、同エンジンを積むメルセデス・ベンツのCクラス、BMW3シリーズ、レクサスIS、キャデラックATSなどのFRセダンですが、その中でも遜色ない、とっても美しいセダンになっています。

リアライトのデザインも変わりましたね。

【参照】https://www.netcarshow.com/infiniti/2018-q50/

内装(インテリア)の写真

室内はあまり大きな変化はありませんが、細かいパーツの変更で、より質感が高まっています。

【参照】https://www.netcarshow.com/infiniti/2018-q50/

プロモーション動画

また一段と魅力が増していますね。「スカイライン」という伝統的な名前が消えてしまうのは悲しいですが、これはもう「Q50」と名乗った方が、似合っている様に思えます。

---------スポンサードリンク---------

13代目スカイライン(V37)の概要

基本スペック

サイズ

全長:4,800mm

全幅:1,820mm

全高:1,450mm

ホイールベース:2,850mm

パワートレイン

2.0リッター 直4 ターボガソリンエンジン

最高出力:211PS/5,600rpm

最大トルク:35.7kgm/1,250~3,500rpm

トランスミッション

7速AT

燃費

JC08モード燃費:13.0km/L

安全性能

【緊急自動ブレーキ】対車両

【誤発進制御】後退

【クルーズコントロール】全車速追従

-日産
-, , , , , ,