ホンダ

ホンダ

ホンダが次世代運転支援技術を発表、ハンズフリー運転も可能に

先進運転支援システムや半自動運転技術といえば、どの自動車メーカーを思い浮かべるでしょうか。おそらくホンダではないでしょうが、同社はセンシング360とセンシングエリートの新機能を発表し、それを変えようとしています。
ホンダ

ホンダ、2024年にCR-Vベースの新型水素自動車を生産へ

ホンダは、新型CR-Vをベースにした新型燃料電池車(FCEV)を、オハイオ州メアリーズビルのパフォーマンス・マニュファクチャリング・センター(PMC)で製造すると発表した。このプラグイン水素自動車は、2024年から生産を開始する予定です。
発売予定表

国産車・発売予定表【フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ情報】

国産車発売スケジュール:随時更新 日本国産車(トヨタ、レクサス、ニッサン、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ)の発表・発売の予定日をまとめました。 各メディアや、過去のデータから予想しています。 あくまで予想ですの...
ホンダ

無限、ホンダHR-V用チューニングキット「ZR-V」を発表

北米仕様のホンダ「HR-V」の日本、中国、欧州での呼び名である「ZR-V」が、まもなく無限によってモデルチェンジされる予定だ。日本のチューナーは、改造されたSUVを示す1枚の写真で、アップグレードを予告した。
Sony

ソニーとホンダが電気自動車にPS5を搭載し、テスラに挑戦する可能性

ホンダが最近ソニーと設立した新しい合弁会社は、ソニーの音楽、映画、そして潜在的にはプレイステーション5を利用し、競合他社に対する優位性を獲得する予定です。単なる車ではなく、両社が作る車は、車輪の上の技術ショーケースとなる予定です。
ホンダ

ホンダ 新型パイロット 2023 写真・動画・スペック・情報

ホンダのパイロットは、2023年モデルで大幅なモデルチェンジを行います。 エンジンラインナップについては大きな変更はないと思われ、SUVの現行3.6リッターV6が引き続き同モデルでツアーを続ける可能性が高い。
ホンダ

ホンダ「シビックタイプR」寄居工場での生産工程を公開

ホンダ・シビック・タイプRは、長年にわたりホットハッチの最高峰として君臨してきましたが、このたびのFL5世代モデルで、日本の自動車メーカーが真に素晴らしいパフォーマンスカーを生み出しました。
ホンダ

新型ホンダ シビック タイプRがニュルブルクリンクの新記録を目指すようです

ホンダは、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェの前輪駆動市販車の新記録達成を目指し、2023年型シビック・タイプRでホットラップを行う姿を目撃されました。
ホンダ

ホンダ 新型アコード 2024 写真・動画・スペック・情報

ホンダ新型アコードは全体のフォルムは現行アコードによく似ています。 ルーフが長く、傾斜したスイープなラインが特徴的。 そのため、セダンの骨格は新世代に引き継がれる可能性がありますが、フロントとバックはすべて新しくなる予定です。
ホンダ

ホンダ「プレリュード」後継モデルは2028年に電気自動車として登場との噂

ホンダのプレリュードは、2001年に生産を終了して以来、20年以上の歳月が流れました。2001年に生産中止となったこの2ドアスポーツクーペは、日本ブランドの豊富なラインナップの中でも特にエキサイティングな車種でした。しかし、ここ数年、古い車名の復活が流行しており(トヨタ・スープラ、アキュラ・インテグラ)、プレリュードの復活も期待されている。
ホンダ

ホンダe:N2コンセプト、中国専用EVを発表

ホンダは、世界最大の電気自動車市場のひとつである中国での電動化ラインアップを強化しています。昨年の今頃には、「e:Nコンセプト」と呼ばれる一連のショーカーをデビューさせ、人民共和国向けの将来のホンダEVを予見していたのです。
ホンダ

ホンダ 新型WR-V、11月2日のデビューに向けインドネシアで予告編を公開

ホンダ・インドネシアは、11月2日に新型小型SUVをデビューさせる準備を進めている。この新型車は、昨年発表されたホンダSUV RSコンセプトの市販版として、WR-Vのネーミングを採用する可能性が高い。
ホンダ

2023年 ホンダ・パスポートがAWDのみになり、ベース価格が上昇

ホンダはそのミッドサイズSUVの価格を増加していないにもかかわらず、ホンダパスポートに入るだけでより高価になった. 特定のトリム価格は上昇していないが, ホンダは前輪駆動EX-Lバージョンをドロップすることを選択したため、5人乗りトラックのエントリレベルの価格は、効果的に上昇している.
ホンダ

2023年 ホンダ シビック セダンにLXが追加され、初値は2,100ドル高に

2023年のホンダ・シビック・セダンは、ベースとなるLXトリムをラインアップから削除。これにより、「Sport」グレードがエントリーモデルとなり、4ドアのスタートコストは25,745ドル(1,095ドルのデスティネーションフィー後)。最も安価な4ドアモデルは、昨年より2,100ドル高くなっている。
ホンダ

ホンダ「シビック・デルソル」、ロングテール化でハイパーカーに変身

長年にわたり、メインストリームモデルをベースにしたハイパーカーレプリカを数多く見てきたが、ジョージア州のホンダベースの製作物は群を抜いている。その理由は、ワイドボディのロングテールを過激に改造し、まるでミッドエンジンのモンスターのように見せているからだ。
タイトルとURLをコピーしました