三菱ラリーアート

三菱

三菱ラリーアート、特別仕様車で米国に再上陸

ラリーアートが米国に帰ってくる。三菱のスポーティなネームプレートが、2023年モデルのいくつかの特別仕様で復活します。 三菱は2010年、当時の経済危機を理由にラリアート部門を閉鎖した。2021年、同社は当初、東南アジア地域と日本に提供を集中させる計画で、このネームプレートを復活させました。
三菱

三菱ラリーアート「トライトン」ラリーカーを発表、ピックアップとSUVのチューニングモデルを示唆

2022年のアジアクロスカントリーラリー(AXCR)に参戦する三菱自動車のプライベートチーム「チーム三菱ラリーアート」への技術支援という形で、三菱がモータースポーツへの関与を再開したことを示す特別仕様車のトライトン/L200ラリーカーが登場しました。
三菱

三菱ラリーアート SUV・MPV用アクセサリーラインナップを発表

三菱自動車は、アウトランダーPHEV、エクリプス クロス、RVR(ASX)、デリカD:5向けに、ラリーアートブランドの各種アクセサリーを日本市場に導入しました。化粧品は、2ヶ月前の東京オートサロン2022で発表したコンセプトカー「Ralliart Style」と同じもので、三菱の豊かなモータースポーツの伝統にインスパイアされたものです。
タイトルとURLをコピーしました