中国

トヨタ

トヨタが中国で2万8000ドルのEVセダン「BZ3」を今年発売との報道

ロイターの新しいレポートによると、トヨタは、わずか28,000ドルのカローラサイズの電気セダンを発売する準備が整った。 しかし、あなたが興奮しすぎる前に、ここに難点があります:年末までに生産を開始する予定の小さな4ドアEVは、少なくとも当初は、中国専用製品です.
ホンダ

ホンダ「e:NS1」と「e:NP1」、中国で発売される10機種のEVの第一弾として登場

欧米の多くの人々が、GMのウルティウム・プラットフォームをベースにしたホンダの最初の2台の電気自動車の発売を心待ちにしている中、日本の自動車メーカーは、東風ホンダの合弁会社を通じて、中国で最初の電気自動車を静かに発表しました。
ホンダ

アキュラ、中国での敗北を認め参入からわずか6年で市場から退出

中国市場での足掛かりを得るための非常に短い試みの後、ホンダは2022年末にアキュラブランドの車を中国から撤退させることを決定しました。2016年に現地の合弁会社GACと協力して準高級ブランドを導入してから、わずか6年での撤退となる。ホンダは今後、中国市場向けの新ラインナップ「e:NP」に資源を再配分するとの声明を発表している。
ダイハツ

ダイハツ、中国の安価なEVは日本の軽自動車にとって脅威となると指摘

日本の自動車メーカーは軽自動車の電気自動車への移行が遅れており、中国メーカーに市場参入の機会を与えている。日経アジアとのインタビューで、ダイハツの奥平総一郎社長は、中国勢に対抗できるよう最善を尽くすと語った。
トヨタ

中国でトヨタ新型ランドクルーザー300の外観を模倣した先代ランドクルーザー用のボディキットを作っている会社を発見

トヨタ自動車の新型ランドクルーザー300は、日本では納車まで最長4年待ちとなるほどの人気車種です。しかし、中国で新型の外観を模倣した先代ランドクルーザー用のボディキットを作っている会社を偶然発見しました。 ソーシャルメディアに共有されたボディキットの画像と動画を見ると、新型SUVの微調整されたプロポーションを完全に反映することはできないものの、ランドクルーザー300をうまく再現していることがわかります。
ホンダ

ホンダ「エリシオン」は、JDM「オデッセイ」をベースにした中国専用ミニバンで正式発表予定

東風本田は、他の国際市場でも販売されているJDM仕様のホンダ・オデッセイの姉妹モデルで、北米市場の大型オデッセイとは無関係の中国向けミニバン、エリシオンのアップデート版の最初の写真をソーシャルメディア上で公開しました。先代モデル同様、このフ...
三菱

三菱 新型エアトレック EV 2022 写真・動画・スペック・情報

三菱のエアトレックが電気自動車になって復活 新しいエアトレックは、三菱とGAC三菱が共同開発したものです。 最大出力135kw、最大トルク350ニュートンメートルの電気モジュールが搭載され、2種類のモデルが用意されそれぞれの航続距離...
タイトルとURLをコピーしました