新型フェアレディZ

日産

2023年 日産フェアレディZ、ニスモによる新エンジンチューニングパッケージを日本で発売

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「ニスモスポーツリセッティングType2」を新たに設定し、「フェアレディZ」のエンジン性能を向上させる。
日産

2023年型「日産フェアレディZ」、オーストラリアで開催された「Zドライブ」に特別参加

日産自動車は、オーストラリアで開催されたZカークラブのイベントで、新型「Z」をサプライズで主賓として迎え、現地での納車開始に向けて準備を進めています。
日産

日産、部品不足と新型コロナを理由に「新型フェアレディZ」と「アリアEV」の日本での受注を停止

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「アリアB6(2WD)」と新型「フェアレディZ(北米市場名:Z)」の受注を一時的に停止すると発表しました。
日産

日産300ZX、新型フェアレディZを忘れさせるモダンなレンダリング画像

2023年モデルの日産Zは、初代240Zからインスピレーションを得たスタイリングで、日産のラインアップに加わるエキサイティングなモデルです。240Zの象徴的なボディラインが新型日産Zの特徴かもしれませんが、もし日産が新しいスポーツカーに別の過去のZ車からインスピレーションを得たとしたらどうでしょう? カーデザイナーのTheSketchMonkeyが、現代の300ZXがどのような姿になるのかを教えてくれました。
日産

2023年型「日産フェアレディZ」、発売前にそのサウンドを楽しむ

先日、米国のジャーナリストたちが2023年型日産Zを試乗する機会を得ました。最初のレビューはまだ非公開ですが、The Smoking Tireのマット・ファラ氏は、この新しいスポーツカーをサーキットで走らせる映像を公開しました。
日産

2023年日産 フェアレディZの同乗試乗会でV6エンジンの素晴らしいサウンドを公開

ドライブ615のバイロン・グローバーは、6速マニュアルとメルセデスからライセンスを受けて日産が生産する9速オートマチックの2種類の新型Zをチェックする機会を得ました。ボルダーグレーに塗られた車両は、ブリヂストンのポテンザS007パフォーマンスタイヤを装着したZパフォーマンス、パッションレッドのトライコートに塗られた車両は、ヨコハマ・アドバンを装着したZスポーツです。
日産

新型「日産フェアレディZ」にG-Noseボディキットを装着して実車化

日産自動車の新型Zは、50年以上の歴史から要素を抽出したスローバックなスタイリングでファンを驚かせたが、誰もがそのぽっかりと口を開けたスタイリングに納得しているわけではない。 Hagertyのビデオでは、自動車イラストレーターのKhyzyl Saleemが、ワイドマウスに対応した新型Z用の特別なボディキットを製作する様子を紹介するとともに、初代240Zの珍しいオプションであるGノーズを復活させる様子を映し出しています。
日産

日産、新型フェアレディZが3月に生産開始、6月に販売開始の可能性

ここで、これまでの日産Zの年表を簡単にご紹介します。2020年5月、世界は初めて公式ティーザーで、そう、日産の新しいスポーツカーがやってくることを知りました。数カ月先の2020年9月には、「Zプロト」が公開されました。日産はこれをニア・プロダクション・プロトタイプと言っていたが、まさに生産間近のものだった。
日産

日産、スーパーボウルでビッグスターと新型フェアレディZを使った広告を発表

日産は先月、ブランドアンバサダーで女優のブリー・ラーソンが今年のスーパーボウルLVIのCMに出演することを発表しました。しかし、「Thrill Driver」という「アクション満載のコメディスリラー映画」を予告する最新のティーザーには、彼女の姿はない。このCMは、映画『ワイルド・スピード』シリーズのパロディになるようです。
日産

日産新型フェアレディZ、オーダーガイドのリークで心配された重量増が判明

日産は2021年8月に新型Zを発表しましたが、まだ私たちが見逃しているジューシーな詳細がかなりあります。ありがたいことに、カナダ市場向けのオーダーガイドがリークされたことで、パズルの最も重要なピースの1つが揃った。米国モデル同様、メープルシロップの産地として知られるカナダで販売されるバージョンには、スポーツ、パフォーマンス、プロト・スペックの3つのトリムレベルが用意される予定です。
日産

日産「新型フェアレディZ」が2022年に最も注目されるマニアックなクルマになっても不思議ではない

一般的に言って、EVはもうすぐケーキの上のアイシングだけではなくなりつつあるかもしれません。confused.comがまとめた最近のGoogleの調査によると、テスラは「(すでに)世界で最も人気のある国産車ブランド」であり、年間検索回数は1110万回を下らないという。以下、フォルクスワーゲン、トヨタと続く。
タイトルとURLをコピーしました