日産スカイライン

日産

日産スカイラインGT-Rがアーティストによって現代風に生まれ変わる

日産GT-Rは、特にヨーロッパとオーストラリアの市場から姿を消した後、引退が近いと思われます。アーティストRoman MiahとAvante Designは、このスポーツクーペが将来どのように進化していくかを、この車の過去を振り返ることで想像しています。
日産

日産スカイラインR-33 GT-R Vスペック、不運な落札数で落札されず

この1995年の日産スカイラインR-33 GT-R V-Specは、13の入札が行われた後、販売に失敗しましたが、リザーブは満たされず、現在、出品者は車両を再掲載するか、提示された最高入札額を取るか考えなければならないでしょう。
日産

日産スカイラインR34 GT-R、砂漠に似合う1,150馬力のタンカラー

オーストラリアには日産スカイラインGT-Rの名車がいくつかありますが、このR34型はその中でも特に興味深い1台です。 このスカイラインが日産の工場を出たとき、どんな色に仕上がっていたかは不明だが、現在は中東の砂丘を走るトヨタ・ランドクルーザーを飾っているような色合いのタン色に再塗装されている。
タイトルとURLをコピーしました