日産フェアレディZ

日産

2023年 日産フェアレディZ、ニスモによる新エンジンチューニングパッケージを日本で発売

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「ニスモスポーツリセッティングType2」を新たに設定し、「フェアレディZ」のエンジン性能を向上させる。
日産

VeilSide製作の2023年型「日産フェアレディZ」、印象的なボディキットを装着し、その姿を現す

2023年型日産Zは、発売からまだ間もないですが、すでに日本の有名チューナー、ベイルサイドがボディキットを設計・製造しています。 このキットはまだ完全には公開されていませんが、Facebookで公開された画像では、ほとんどの角度からこの車をよく見ることができます。
日産

タミヤ、2023年新型日産フェアレディZの1/24スケール版を発表

タミヤはスケールモデルの製作に数十年の経験を持ち、その完成度の高さには定評があります。今回、同社は塗装を容易にするためのきちんとした機能を備えた、2023年新型日産Zの1/24スケール版を発表しました。販売開始は2022年12月で、価格は4,180円(現在の為替レートで30.53ドル)です。
日産

2023年型「日産フェアレディZ」、オーストラリアで開催された「Zドライブ」に特別参加

日産自動車は、オーストラリアで開催されたZカークラブのイベントで、新型「Z」をサプライズで主賓として迎え、現地での納車開始に向けて準備を進めています。
日産

フロントバンパーをカモフラージュした謎の日産フェアレディZプロトタイプが再び目撃される

1週間ほど前、フロントバンパーに謎のカモフラージュを施した日産「Z」のプロトタイプが登場した。このプロトタイプ、あるいはそれに似た別のプロトタイプが、New Nissan Zフォーラムのメンバーによって再び目撃され、これらの新しい、より正面を向いた画像では、バンパーがより詳細に示されています。
日産

2023年型「日産フェアレディZ」のボディキットをデザインしたデザイナーはこれから起こることを予感させる

2023年モデルの日産Zは、足回りがすべて新しくなったわけではありませんが、その新しいエクステリア・スタイリングは、それまでの350Zや370Zとは劇的に異なり、240Zや280Zのようなクラシックな記憶を呼び起こすものとなっています。
日産

2023年日産フェアレディZ プロト・スペック・エディション、オーストラリアで完売

日産自動車によると、オーストラリアで販売される「NISSAN Z」のプロト・トリムは、全車種が完売となりました。Zは日産のスポーツカーの真髄を表現したモデルであり、オーストラリアでの販売開始を前に、多くのお客様からご予約をいただき、事実上の完売となりました。
日産

2023年型「日産フェアレディZ」、発売前にそのサウンドを楽しむ

先日、米国のジャーナリストたちが2023年型日産Zを試乗する機会を得ました。最初のレビューはまだ非公開ですが、The Smoking Tireのマット・ファラ氏は、この新しいスポーツカーをサーキットで走らせる映像を公開しました。
日産

日産フェアレディZ「400Zカブリオ」、見た目はスポーティで高級感溢れるデザインでミアータと間違われる

ソーシャルメディアではsugardesign_1として知られるバーチャルアーティスト、シュガー・チョウは、素人でも彼のCGI作品が実際に現実世界の一部であるかのように簡単に騙されてしまう、ピクセルマスターの一人です。
日産

ピーターセン自動車博物館にて「2023年 日産フェアレディZ」を展示

クルマはアートになり得るか?はい、でもどんなクルマでもいいというわけではありません。問題は、2023年の日産Zはアートと言えるのか、ということです。ピーターセン美術館はそう考え、現在3階にプリプロダクションモデルを展示しています。
日産

この謎の「日産フェアレディZ」は、NISMOの開発モデルではないか?

昨年8月に発表された日産Zの初代モデルが、いよいよ販売店頭に並ぼうとしています。しかしこのたび、このスポーツカーのNISMOモデルが開発中であることを示唆する新たな動画が登場しました。
日産

2023年日産 フェアレディZの同乗試乗会でV6エンジンの素晴らしいサウンドを公開

ドライブ615のバイロン・グローバーは、6速マニュアルとメルセデスからライセンスを受けて日産が生産する9速オートマチックの2種類の新型Zをチェックする機会を得ました。ボルダーグレーに塗られた車両は、ブリヂストンのポテンザS007パフォーマンスタイヤを装着したZパフォーマンス、パッションレッドのトライコートに塗られた車両は、ヨコハマ・アドバンを装着したZスポーツです。
日産

新型「日産フェアレディZ」にG-Noseボディキットを装着して実車化

日産自動車の新型Zは、50年以上の歴史から要素を抽出したスローバックなスタイリングでファンを驚かせたが、誰もがそのぽっかりと口を開けたスタイリングに納得しているわけではない。 Hagertyのビデオでは、自動車イラストレーターのKhyzyl Saleemが、ワイドマウスに対応した新型Z用の特別なボディキットを製作する様子を紹介するとともに、初代240Zの珍しいオプションであるGノーズを復活させる様子を映し出しています。
日産

日産フェアレディZ(350Z)がマスタングに変身しカーミーティング中に縁石に激突

インターネットでは、フォード・マスタングのドライバーが車のイベントから帰るときに日常的にクラッシュしているというジョークが好まれているが、実はあらゆる種類の車のオーナーが同じことをしているのである。例えば、この日産350Zのドライバー。
日産

日産フェアレディZのコンバーチブルはこの市場に存在するのか?

日産は、2023年のZの発売に向けて準備を進めています。日本の自動車メーカーは、このスポーツカーの将来のバリエーションについて沈黙を守っていますが、コンバーチブル・バージョンを生み出す可能性は十分にあると思われます。
タイトルとURLをコピーしました