発売予定表

国産車・発売予定表【フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ情報】

国産車発売スケジュール:随時更新 日本国産車(トヨタ、レクサス、ニッサン、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ)の発表・発売の予定日をまとめました。 各メディアや、過去のデータから予想しています。 あくまで予想ですの...
マツダ

2023年型「Mazda3」、パワーアップと燃費向上で新登場

2023年モデルのアップデートが続き、最新はマツダからで、Mazda3の変更点を発表した。 自然吸気の2.5リッター・スカイアクティブGエンジンは、最高出力191ps(142kW/194PS)、最大トルク186lb-ft(252Nm)を発生するようになった。
日産

2023年型「日産フェアレディZ」、オーストラリアで開催された「Zドライブ」に特別参加

日産自動車は、オーストラリアで開催されたZカークラブのイベントで、新型「Z」をサプライズで主賓として迎え、現地での納車開始に向けて準備を進めています。
レクサス

レクサス電動スポーツコンセプト、2022年モンテレー・カーウィークで初公開

レクサスのElectrified Sportコンセプトは、Monterey Car Week、特にThe QuailとPebble Beach Golf Linksにて米国でデビューする予定です。また、2023年のRX 500h F SPORT Performanceも参加し、2021年のSEMAショーからヒラク株式会社のIS 500を改造したモデルもチェックすることができます。
トヨタ

トヨタ 新型シエンタ 2023 写真・動画・スペック・情報

主なトピック トヨタ 新型シエンタ 2023 情報更新日:2021年12月18日: トヨタ・シエンタがフルモデルチェンジをして発売予定。 新型シエンタには、最新の「TNGAプラットフォーム」を採用する見込み。 パワー...
三菱

三菱アウトランダースポーツでエンジンに不具合が発生、7万5千台以上をリコール

2019年以降の三菱アウトランダー・スポーツに乗る人は、当分の間、駐車しておいたほうがいいかもしれない。2019年の5月に戻って、3つのそのようなSUVは、運転中に始動に失敗するか、ストールしました。長時間の調査と、さらに多くの死んだOutlander Sportのエンジンの後、三菱はこれ以上のケースが発生しないように75,000例以上をリコールしています。
ホンダ

ホンダ 新型パイロット 2023 写真・動画・スペック・情報

ホンダのパイロットは、2023年モデルで大幅なモデルチェンジを行います。 エンジンラインナップについては大きな変更はないと思われ、SUVの現行3.6リッターV6が引き続き同モデルでツアーを続ける可能性が高い。
トヨタ

架空のトヨタGR86 Shooting Brakeオフローダーを誰かが作るべき

トヨタGR86とスバルBRZの兄弟車に、10周年記念限定特別仕様車が追加されましたが、私たちが注目しているのは、完全にフィクションのバリエーションです。トヨタGR86 Shooting Brake Crossoverは、独立系デザイナーSugar Chowがデジタル世界で制作したもので、冒険の準備ができているような絵になっています。
三菱

2022年 オーストラリアで「三菱アウトランダー プラグインハイブリッドEV」を4つのモデルで発売

三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)は、オーストラリアにおいて、最新世代となる2022年型アウトランダー プラグイン ハイブリッドEVを発売し、8月15日より販売店での取り扱いを開始します。
ホンダ

次期ホンダブリーズ、中国のCR-Vの兄弟車として早くも登場

ホンダは中国で2つの非常によく似たSUVを提供している - 東風ホンダが生産する通常のCR-Vと、GACホンダが生産するBreezeです。後者の新世代は、中国工業技術部の一連の写真に登場し、そのエクステリアデザインを完全に明らかにした。
レクサス

レクサスLFAの電気式後継モデルはマニュアルギアボックスをシミュレートした可能性がある

昨年末、親会社のトヨタがEV戦略を発表したとき、レクサスは私たちを驚かせましたが、その中には、うねるようなスーパーカーの姿も初めて垣間見えました。2022年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで発表されたこのゼロエミッション・マシンは、「エレクトリファイド・スポーツ」として知られ、日本からヨーロッパへと旅立ちました。
三菱

2023年 三菱 エクスパンダークロスがフェイスリフト、ミニバンSUVはまだ二極化の様相を呈す

最近は何でもかんでもSUVにしなければならないので、三菱のXpander Crossは、ややタフな外観を持つハイト系ミニバンである。発売から3年足らずで、すでにフェイスリフトが行われている。デリカは何十年も前からあり、全輪駆動であるのに対し、こちらは前車軸にしか動力を送らないので、頑丈なピープルムーバーに関して言えば、三菱には長い歴史があることを忘れてはならない。
レクサス

レクサス、スピンドルグリル誕生から10年を振り返る

レクサスのスピンドルグリルは、レクサスのデザインの中心的な存在であり、好き嫌いは別として、私はこのグリルを公然と嫌う人を少なからず知っている。2011年に登場したLF-Ghコンセプトから数えて、実に10年もの間、レクサスのスピンドルグリルは存在し続けているのです。
日産

日産 新型セレナ 6代目 C28 2022 写真・動画・スペック・情報

主なトピック&スペック 日産 新型セレナ 6代目 C28 2022 情報更新日:2021年2月3日: 5代目は2016年に発表され、日産セレナのモデルサイクルは5~6年くらいになるので、2021年ないしは2022年にフルモデルチェン...
ホンダ

ホンダ、2023年発売の新型「シビック タイプR」に公式アクセサリーを装着して日本市場に投入

ホンダアクセスの公式アクセサリーを多数装着した2023年型新型シビックタイプRが初公開された。 問題のシビックタイプRは、8月6日、7日に富士スピードウェイで開催された2022年スーパーGT選手権日本大会第4戦に展示された。
タイトルとURLをコピーしました