発売予定表

国産車・発売予定表【フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ情報】

国産車発売スケジュール:随時更新 日本国産車(トヨタ、レクサス、ニッサン、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ)の発表・発売の予定日をまとめました。 各メディアや、過去のデータから予想しています。 あくまで予想ですの...
日産

2023年日産フロンティア、「ミッドナイトエディションパック」を発売、価格も若干アップ

日産は2022年モデルでピックアップ「フロンティア」を徹底的なリフレッシュを行った。15年以上ラインナップから遠ざかっていたこのトラックは、アップデートによってライバルと対等に渡り合えるようになった。しかし、2023年のフロンティアが登場すると、30,485ドルからと以前より若干高くなる(価格はすべて1,295ドルのデスティネーションチャージを含む)。
レクサス

レクサス、セーフティ・コネクテッド・サービスの10年間トライアルを一部車両で実施

レクサスは、本日、セーフティコネクトおよびサービスコネクト機能の試用期間を一部車両で10年に延長することを発表しました。 同商品は、24時間緊急アシスタンスと24時間強化型ロードサイドアシスタンスに加え、様々なサービスを提供するものです。
日産

マンハート社製「日産パトロール」、中東での発売を記念し、斬新な配色と641馬力を実現

マンハートは、中東での事業拡大を記念して、ライバルであるトヨタ・ランドクルーザーと並んで同地域で最も人気のあるSUVのひとつである日産・パトロールの改造車をプレビューした。マンハートPT650は、ニスモモデルをベースに、ゴールドのカラーリング、24インチホイール、そしてスーパーチャージャー付きV8エンジンにより641psにパワーアップしたモデルです。
トヨタ

トヨタが中国で2万8000ドルのEVセダン「BZ3」を今年発売との報道

ロイターの新しいレポートによると、トヨタは、わずか28,000ドルのカローラサイズの電気セダンを発売する準備が整った。 しかし、あなたが興奮しすぎる前に、ここに難点があります:年末までに生産を開始する予定の小さな4ドアEVは、少なくとも当初は、中国専用製品です.
トヨタ

新型トヨタ・ハリアーPHEVを際立たせるモデリスタが登場

10月31日に日本で発売されるトヨタ・ハリアーPHEVに先立ち、モデリスタはこの新しい電動化SUVのためのパーツやアクセサリーを次々と発表しました。
日産

日産フェアレディZ GT4レースカーがデビュー、2023年にサーキットで走行可能

日産自動車株式会社と日産モータースポーツ&カスタマイジング株式会社は、数日前の突然のティザー映像に続き、本日、最新のレーシングカー「NISSAN Z GT4」を公開しました。(日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイジングは本日、最新のレーシングカー「NISSAN Z GT4」を公開しました。
日産

オフロードに特化した日産自動車の新型SUV「パトロール・ウォリアー」、オーストラリアで発売決定

オーストラリア日産は、パトロールの新しいモデル、パトロール・ウォリアーを近々発売する予定です。 パトロール・ウォリアーは、今年初めに試乗したナバラ・プロ4X・ウォリアーの製造元であるプレムカーが開発・製造する予定です。
トヨタ

2023 GRカローラ、最初のテストで0-60タイム5.4秒を記録、トヨタの主張には及ばず

トヨタGRカローラは、破壊的なホットハッチであり、ついにサーキットを走ることになった。独立した性能テストは、どんなクルマが実際にどれほどの能力を備えているのかについて、多くのことを教えてくれるものだが、GRカローラで初めて行われた新しい結果もその傾向を引き継いでいる。
日産

2023年日産「アリア」、ベース車をより安価に変更、他のラインナップはより高価に

日産は、米国市場における2023年型アリアの価格と発売時期を発表し、新しいFFエントリーレベルトリムにより43,190ドルから、大型バッテリーを搭載したフラッグシップAWD e-4ORCEの60,190ドルにまで引き上げました。
三菱

2023年 三菱アウトランダーPHEVは54マイル(87キロ)の全電気航続距離を誇ってデビュー

三菱アウトランダーは、4代目で大幅な改良を受けました。プラグインハイブリッドを含む全モデルのデザインを変更しました。三菱は、今年11月に米国の一部の市場でアウトランダーPHEVの販売を開始する予定ですが、到着時の価格は、地域によって異なる目的地料金を除いて39,845ドルです。
日産

2023年日産フェアレディZ GT4ニスモレースカーを予告、9月28日デビュー予定

日産は、高性能なニスモ部門と協力して、ソーシャルメディアでZの新しい何かを予告しています。公式デビューは現地時間の9月28日午前8時に行われる予定なので、私たちは東部時間の明日夕方にスピードクーペを見ることができることになります。
トヨタ

トヨタ、ハリアーを一部改良するとともに、プラグインハイブリッドシステム搭載車を新設定

TOYOTAは、ハリアーを一部改良するとともに、プラグインハイブリッドシステム搭載車を新設定し、ガソリン車、ハイブリッド車は、10月4日、プラグインハイブリッド車(PHEV)は、10月31日に発売します。
トヨタ

トヨタGRカローラ、FFのライバルに対してAWDの重要性を示す

トヨタGRカローラがついにレビュアーの手に渡った今、我々はそれがホットなコンパクトの競争相手に対してどのように積み重なるかを見ることができるようになりました。Throttle Houseの最新映像では、ライバルであるホンダ・シビックタイプRとヒュンダイ・エラントラNと比較し、その実力を確認することにしました。
ホンダ

1991年式ホンダNSXにVeilSideボディキットを装着し58,000ドルで販売

中古車市場における初代ホンダNXSの価値は上がり続けているが、日本のチューナーVeilSideによる大規模な外観改造を気にしなければ、格安で手に入る可能性がある。ちょっと変わったボディキットを装着した写真のNSXは、スウェーデンで650,000フラン(58,773ドル)で売りに出されている(当初の価格は699,000フラン(63,201ドル)だった)。
日産

日産 新型セレナ 6代目 C28 2022 写真・動画・スペック・情報

主なトピック 日産 新型セレナ 6代目 C28 2022 情報更新日:2021年2月3日: 5代目は2016年に発表され、日産セレナのモデルサイクルは5~6年くらいになるので、2021年ないしは2022年にフルモデルチェンジと予想。...
タイトルとURLをコピーしました