マツダ

マツダ

マツダ、「MAZDA3」「MAZDA CX-30」を一部商品改良し、2022年8月4日より予約受付を開始

マツダは、コンパクトカー「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」を一部商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて、本日より予約受付を開始します。発売は、「MAZDA3」が9月下旬以降、「CX-30」は8月下旬以降を予定しています。
マツダ

2023年 マツダ CX-50 メリディアンエディション、39,950ドルから発売中

今年2月に発表した「マツダ CX-50」に、「Meridian Edition(メリディアン・エディション)」パッケージを設定し、受注を開始しました。このパッケージは、より冒険的なマシンをお探しの方のために、外観とハードウェアをアップグレードしたもので、価格は39,950ドルからとなります。
マツダ

2023年 マツダCX-60に新型3.3L直列6気筒エンジンを搭載し、ディーゼルの存在感を示す

多くの自動車メーカーがディーゼルエンジンから撤退する中、マツダはプレミアムSUV「CX-60」に搭載する新しいスパークレス3.3リッター直列6気筒エンジンの欧州仕様の詳細を発表した。
マツダ

マツダ 新型CX-60 2023 写真・動画・スペック・情報

次期CX-5は名称を変更し、「CX-60」になります。 2023年型CX-60は、4気筒2.5リッターガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドパワートレインを搭載して販売する予定。
マツダ

マツダ、BMWやメルセデスのユーザーを魅了する新色「ロジウムホワイト」プレミアムペイントを発売

「CX-60」、SUV「CX-70」「CX-90」の発売により、マツダはプレミアムマーケットへの本格的な参入を果たしました。マツダは、プレミアムなクルマにはプレミアムな塗料がふさわしいと考え、今回も高級感のあるカラー「ロジウムホワイトプレミアム」を設定しました。
マツダ

マツダ、2035年までに全世界でカーボンニュートラルな工場運営を約束

マツダの現在のEVポートフォリオは、かなり小規模なものです。グローバルで見れば、ブランド初の量産型電気自動車であるMX-30があります。また、中国市場向けには、長安汽車との合弁で開発したゼロエミッション・クロスオーバー「CX-30」があります。
マツダ

マツダ、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を一部商品改良し、2022年5月23日より発売

マツダは、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を一部商品改良し、先進安全技術の強化など装備改良と外観/内装の一部変更を行いました。 全国のマツダ販売店を通じて、2022年5月23日より発売します。
マツダ

2022年モデル「マツダ MX-30」、航続距離は100マイルと短いが充電時間は10分短縮

マツダは電動クロスオーバーのMX-30をアップデートし、小さなバッテリーのサイズを大きくしていないが、少なくとも充電に必要な時間を短縮することで、そのバッテリーをわずかに使いやすくしている。
マツダ

マツダ 新型Mazda6 マツダ6 2022 写真・動画・スペック

ヨーロッパで人気のマツダですが、そのアッパーミドルセダンである「Mazda6」がモデルチェンジを実施する予定です。 今回のフルモデルチェンジの目玉は、FFから後輪駆動のFRにプラットフォームを変更すること。
マツダ

2023年型マツダCX-50をすでに大破させた人がいる

CX-50はマツダの最新モデルの1つで、米国でのデリバリーが始まったばかりです。しかし、このSUVの最初の例は、衝突事故によりフロントとリアエンドの両方にダメージを受け、すでにコパートに登場しています。
マツダ

マツダはビジョンクーペを作りたいがSUVが稼ぎ頭だ

マツダは2017年10月、痛快でゴージャスな「ビジョン クーペ」を発表し、すべての壁紙素材を私たちに提供した。4ドアクーペ」という意味不明な表現にふさわしいクルマがあるとすれば、それはこのクルマだろう。
マツダ

2022年型マツダCX-60 e-Skyactiv PHEV、試乗レビュー

2012年4月28日、つまりちょうど10年前の今日、ドイツでマツダCX-5の正式な市場導入が行われました。同シリーズは現在2代目となり、欧州での販売台数は50万台を超え、マツダの重要な柱となっています。CX-3」の後継モデル「CX-30」は、このシリーズのボトムエンドを補完するモデルです。もう一方の端はというと
マツダ

2022年型マツダMX-5ミアータ(ロードスター)とトヨタ・GR 86、滅びゆく種の最後を飾る

世界が電気自動車や自律走行車に移行するにつれ、マニュアルはますます忘却の彼方へ移っていく。現実を直視しましょう。未来のクルマ好きのために、今のうちにこの体験を余すところなく味わっておくことが、2022年のマツダ ミアータ MX-5とトヨタ GR 86以上にふさわしい方法ではないだろうか?
マツダ

マツダ、プラグイン車「MX-30」にロータリー式レンジエクステンダーを搭載し、今年発売予定であることを確認

マツダは、長年にわたって愛好家をからかってきたロータリーエンジンが、今年末にMX-30のプラグインハイブリッドシステムの一部として、単独ではなく米国で復活することを確認した。このエンジンは、直接車輪にパワーを送るのではなく、レンジエクステンダーとして使用される予定です。
マツダ

マツダ、5月に「マツダミュージアム」をリニューアルオープン

マツダは、創業からの歴史やヒストリックカーなどを展示する「マツダミュージアム」(広島本社敷地内)を全面リニューアルし、本年5月23日に一般公開を開始します。 今回のリニューアルでは、お客さまや地域の皆さまにより親しんでいただくこと、およびブランド発信拠点としての機能を強化することを目的とし、施設全体の空間デザインや展示内容を刷新。
タイトルとURLをコピーしました