ホンダ

ホンダ

ホンダ「ステップWGN」がスタイリッシュなキャンピングカーに変身

6代目ホンダ・ステップWGNをベースに、ホワイトハウスという日本の会社がとてもクールな外観のキャンピングカーを開発しました。このモデルは今年のジャパンキャンピングカーショーでデビューします。すでに実用的な3列シートミニバンのインテリアに、ポ...
ホンダ

ホンダCRベースの水素自動車、2024年に日米で発売へ

ホンダは、水素燃料電池に未来があると考え、その事業の大幅な拡大を発表しています。2024年に北米と日本でCR-Vベースの燃料電池電気自動車を発売することも含まれています。 このクルマの燃料電池システムは、ゼネラルモーターズとの共同開発...
ホンダ

ホンダ インテグラにハッチバックボディを追加し、シビックツインとして中国に投入

米国仕様のアキュラ インテグラは、ホンダ シビックをベースにした5ドアハッチバックですが、中国市場には、シビックとさらに共通化したインテグラが存在します。ホンダ・インテグラには、すでに4ドアセダンのバリエーションがありましたが、今回新たに5...
ホンダ

2024年 ホンダ リッジラインに頑丈なトレイルスポーツ・トリムを設定

リッジラインは、昨年、米国で販売台数が増加した唯一のホンダ車であり、同社は新しいTrailSportのバリエーションを提供することによって、その勢いに乗ることを望んでいます。 このトリムは、2024年のモデルイヤーに間に合うように到着...
ホンダ

2024年 ホンダ シビック ハイブリッド、米国でセダンとハッチバックの2車種展開が決定

ホンダは、来年に期待されるホンダの製品ラインアップを発表した。プレスリリースの中で、ホンダ・シビック・ハイブリッドについて短い言及がありました。ホンダは、2024年に米国でこのモデルを導入し、セダンとハッチバックのボディスタイルを提供する予定です。
ホンダ

ホンダ「シビック タイプR」、需要増に伴い日本での受注を停止

日本でホンダのシビック・タイプRを購入する予定の人に悪い知らせがある。需要が高く、部品供給が不透明なため、同社は一時的に注文を受け付けないことにしている。 ホンダは、シビックタイプRの日本市場向けページでこの発表を行った。
ホンダ

ホンダ 新型アコード 2024 写真・動画・スペック・情報

ホンダ新型アコードは全体のフォルムは現行アコードによく似ています。 ルーフが長く、傾斜したスイープなラインが特徴的。 そのため、セダンの骨格は新世代に引き継がれる可能性がありますが、フロントとバックはすべて新しくなる予定です。
ホンダ

ホンダ・シビック、ZR-V e:HEVスポーツ・アクセサリー・コンセプトは市販に向け準備中

ホンダは、2023年の東京モーターショーで、シビックとZR-Vのe:HEVモデルをベースにした2台の「スポーツ・アクセサリー・コンセプト」を出展しました。純正アクセサリーを多数採用し、よりスポーティなスタイリングを実現したモデルです。
ホンダ

無限が新型ホンダ シビック タイプRを開発

2023年の東京オートサロンでデビューしたホットハッチ・コンセプトは、数々のアップグレードが施されている。 ホンダはこのコンセプトについて、「無限が培ってきたモータースポーツのノウハウと技術を活用し、シビックタイプRへの情熱を具現化した」ということ以外、多くを語らなかった。
ホンダ

新型スーパーGTレースカー「ホンダ シビック タイプ R-GT」のコンセプトカーを公開

ホンダは、スーパーGTシリーズに参戦する新型車を開発中で、東京オートサロンで新しいコンセプトカーを公開しました。シビック・タイプR-GTは、NSX-GTタイプSの後継車種として、現行のロードゴーイングカーであるシビック・タイプRをベースに開発されたレースカーで、東京で公開したコンセプトカーは株式会社ホンダレーシングのコーポレートカラーである赤、青、白を身に纏っています。
ホンダ

ホンダ Jazz e:HEVがパワーアップし、スポーティな新型トリムを装着して欧州に登場

ホンダは、日本でのFitシリーズのマイナーチェンジに続き、欧州仕様の2023年型Jazz e:HEVについても同様のアップデートを発表しました。その内容は、エクステリアデザインのマイルドな変更、よりパワフルなハイブリッドパワートレイン、そして通常のJazzと「冒険的な」Jazz Crosstarに続く新しいトリムAdvance Sportの追加です。
ホンダ

ホンダ、インド向け新型SUVを発表、今夏にデビュー予定

ホンダのインド法人は、2023年夏にデビューする予定の新型SUVのティーザースケッチを公開した。ホンダは、このSUVをホンダR&Dアジアパシフィックがインドの顧客の特定のニーズを満たすために設計した「全く新しい」モデルであると説明しています。
Sony

ソニー・ホンダ・モビリティのセダン「アフィーラ」を米国で生産、ホンダの新EVプラットフォーム搭載へ

ソニー・ホンダ・モビリティはCESで、2026年に北米に登場する市販モデルを予告するセダンのプロトタイプを公開し、「アフィーラ」ブランドを紹介した。それはまだ先の話だが、同ブランドはすでに先を見据えて将来のラインナップを考えている。
Sony

ホンダとソニーが自動車ブランド「Afeela」を発表、新型プロトタイプを公開

ホンダとソニーは、共同開発した自動車を新開発の「Afeela」ブランドで販売することを発表しました。 両社はブランド名を明らかにしたほか、次期市販モデルの予告を目的とした新しいプロトタイプを発表しました。
ホンダ

2024年型アキュラ・インテグラ「タイプS」登場

新世代のアキュラ・インテグラは、多くの人の期待を裏切ったといっても過言ではないでしょう。しかし、今度のタイプSで、アキュラはエンスージアストを正当に評価する機会を得ました。 12月初旬、アキュラは、2024年の発売に向けてテスト走行中のインテグラ タイプSを、大きくカモフラージュした一連の写真を公開しました。
タイトルとURLをコピーしました