ホンダ

ホンダ

ホンダ 新型ステップワゴン 6代目 フルモデルチェンジ 2022 写真・動画・スペック・情報 

主なトピック ホンダ 新型ステップワゴン フルモデルチェンジ 2022 情報更新日:2021年10月28日: 6世代目となる新型ステップワゴンが、2022年春に発表・発売予定。 デザインを刷新した2つのタイプ、STEP WGN...
ホンダ

ホンダ 新型CR-V 2023 6代目 写真・動画・スペック・情報

2016年にデビューした5代目から、2022年の初頭に6代目のCR-Vが発表される見込みです。 モデルサイクル的には少し早めの発表。このカテゴリーは、今やグローバルでも重要なので、早いのかもしれません。
ホンダ

ゴジラのような顔と500馬力のクレイジーなホンダCR-V

ホンダCR-Vのスポーツ性能はあまり知られていませんが、日本のあるオーナーは、この車を見事なスピードマシンに変身させることを止めませんでした。R34日産スカイラインGT-Rの顔を持つこの車は、多くの見物人を欺きますが、その皮下には500馬力の獣とAWDがあります。
ホンダ

2024年 ホンダ プロローグがGM初の電気クロスオーバーとして発表

ホンダの電動化推進は、クラリティやインサイトといった不発弾を生み出し、順調とは言えない状況にある。 2024年の発売(2024MYまたは2025MY)に向けて、ホンダは電気自動車「プロローグ」の最初のスケッチを公開したのだ。
ホンダ

オハイオ州で給油する次期ホンダ・パイロットの姿が目撃される

現行型のホンダ・パイロットは、少々年季が入ってきている。2016年にさかのぼり、2019年モデルのフェイスリフトを除けば、あまり変わっていない。次世代SUVについてはあまり聞いていませんが、この大きくカモフラージュされたプロトタイプは、大きな変化が間もなく訪れることを示唆しています。
ホンダ

ホンダ 新型シビックタイプR 2022 写真・動画・スペック・情報

主なトピック ホンダ 新型シビックタイプR 2022 情報更新日:2021年12月14日: 新型シビックタイプRは、11代目シビックのシャシーをベースに、先代モデルよりも剛性、長さ、幅を拡大し、ドライビングダイナミクスを向上させるこ...
ホンダ

2023年 ホンダ オデッセイに新グレード「スポーツ」を追加、エントリーグレードの「LX」は生産終了

ホンダは、2023年に向けてオデッセイのラインアップに手を加えている。新しいSportトリムを追加していますが、LXを犠牲にしています。エントリーレベルのトリムの損失は大幅にEXはオデッセイの行のための新しい底を作り、モデルの開始価格を増加させる.
ホンダ

2023年 欧州向け新型CセグメントSUVとしてホンダZR-Vを発表

ホンダは、新型SUV「ZR-V」を正式発表し、欧州でのラインアップを拡充しました。2023年に欧州市場に投入されるこのハイライダーは、HR-VとCR-Vの間に位置するブランド・ポートフォリオとなります。ここでは、当面の間、新しいクロスオーバーについて私たちが知っているものです。
ホンダ

2023年 ホンダ シビック タイプR、6月に公開予定。公式発表

次世代シビック タイプRが初めて目撃されたのは2020年5月のことだが、ホンダがこのホットハッチを予告したのは2021年10月のことだった。それ以来、かなりの数の公式プレビューを見てきたが、今ようやくその赤い偽装がいつ外れるのかがわかった。Carsales誌によると、ホンダオーストラリアのディレクター、スティーブン・コリンズは、世界デビューが来月行われることを発表しました。
ホンダ

ホンダ、2023年型「シビック タイプR」を継続発表、プロトタイプは7月に米国でデビュー予定

2023年のホンダ・シビック・タイプRのティーザーキャンペーンは続いており、自動車メーカーは7月に開催されるホンダ・インディ200でプロトタイプを米国でデビューさせることを確認した。
ホンダ

ホンダ「e:NS1」と「e:NP1」、中国で発売される10機種のEVの第一弾として登場

欧米の多くの人々が、GMのウルティウム・プラットフォームをベースにしたホンダの最初の2台の電気自動車の発売を心待ちにしている中、日本の自動車メーカーは、東風ホンダの合弁会社を通じて、中国で最初の電気自動車を静かに発表しました。
ホンダ

2023年型アキュラ インテグラのマニュアルは2022年型ホンダ シビック Siより8,500ドル高くなる

さすがはアキュラ、新型インテグラのマニュアルトランスミッションは5,000ドルの有料仕様にロックされています。しかし、無段変速機は、1,095ドルの納車税抜きで、30,800ドルである。
ホンダ

ターコイズブルーのホンダ・シビック・タイプRは静寂とデジタルマッドネスが見事に調和している

2023年型ホンダ・シビック・タイプR(FL、11代目コンパクトシリーズがベース)は、カモフラージュされた状態でもすでに記録的なラップ走行を始めているかもしれないが、人々はまだ現行のFK8を捨てる準備をしないほうがいい。少なくとも、バーチャルにではない。
ホンダ

アキュラの復活とは全く異なるスタンスのホンダ・インテグラ タイプRのCGI

5代目インテグラの名前を正しい視点でとらえることは、それほど難しいことではありません。ある人は、この復活はホンダのシビックSiにアキュラのバッジをつけたものに過ぎないと言うだろう。また、それ以上のものだと主張する人もいるでしょう。
ホンダ

東風Honda、新型EV「e:NS1(イーエヌエスワン)」を4月26日より発売

Hondaの中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司(以下、東風Honda)は、新型電気自動車(EV)「e:NS1(イーエヌエスワン)」を4月26日(火)に発売します。また、5月には同じく四輪車生産販売合弁会社である広汽本田汽車有限公司(以下、広汽Honda)も新型EV「e:NP1(イーエヌピーワン)」の予約受付を開始します。
タイトルとURLをコピーしました