カージャパン・インフォ

日本車を中心にした自動車発売情報まとめ

三菱

2018年11月20日から予約開始。三菱 新型デリカ D5 2019 【新型情報・発売日・スペック・価格】

目次

三菱 新型デリカ D5 2018

三菱のミニバンSUVである5代目デリカD5の後継車種「デリカD6(仮称)」の最新情報をお送ります。

2018年は「デリカ」が登場して50年にあたるので、そこで6世代目が発表される見込みです。

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018の最新情報を随時更新していきます。

 

【関連記事】三菱 新型エクスパンダー 2018 Xpander 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

 

---------スポンサードリンク---------

 

フルモデルチェンジ(ビッグマイナーチェンジ)

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年5月5日更新):

2017年10月18日に行われた中期経営計画発表会で、2019年度までにデリカD5のフルモデルチェンジを発表しました。

また今進んでいる開発は、日産との提携前から始めているため、三菱オリジナルの開発として進んでいるようです。

 

2018年4月に最終モデルが発表された後、2018年12月20日にフルモデルチェンジ(ビッグマイナー)を実施

これに待望の安全装備(おそらくe-Assist)がつくようです。

 

デザインは、テスト車両のようにダイナミックシールドのデザインに。

現行車をベースにするので、サイズはほぼ変わらない様。

対人保護の関係から、少し縦に間延びしたデザインになり、ミニバンっぽさが増してしまう可能性があるようです。

 

また、ガソリンエンジンは、エクリプスクロスの1.5リッターターボと、従来のディーゼルなるようです。

またカラーバリエーションも再編されるようです。

新型デリカD5の発表は、2018年12月20日になるようです。

予約販売は11月20日から、発売は2019年の2月頃になるようです。

 

 

---------スポンサードリンク---------

 

次期D5の主な特長

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年11月5日更新):

フルモデルチェンジ前のビッグマイナーチェンジの主な内容です。

 

発売時期

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年9月10日更新):

予約販売の開始:2018年11月

発表:2018年12月20日

発売:2019年2月

現行車がモデル末期ながら、月1000台のセールスを誇っていて、さらにアクティブギアも大人気なことから、発売は少し遅くなるとの見通しです。

 

 

新型のエンジン

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年10月22日更新):

MIVEC2.2リッターディーゼルモデル

2.2リッターのディーゼルは、現行モデルで見送りとなったMIVEC仕様となり、より高出力&高燃費となるようです。

予想スペック

【最高出力】170ps/3500rpm

【最大トルク】38.7kg.m/1500-2750rpm

【JC08モード燃費】15.0km/L

 

今のところMIVEC仕様になるかは未定のようですが、有害物質(NOX)を無害化する、尿素SCRを採用するなど改良が実施されるようです。

 

 

PHEVモデル

新型のデリカD5は、2.2リッターか1.8リッターのクリーンディーゼル仕様のPHEVの採用を検討しているようです。

しかし、最近の欧州のディーゼル車離れを受けて、開発の見送りしているようで、アウトランダーPHEVと同じシステムで検討しているようです。

こちらも今回のビッグマイナーチェンジでは見送られるようです。

 

トランスミッションの変更

6速オートマチックトランスミッションから8速に変更されます。

 

エクステリアデザインは新意匠に

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年8月7日更新):

「ダイナミックシールド」を用いたフロントデザインになるのはほぼ確定で、イクリプスクロスのようにメッキがギラギラするデザインのようです。

一方リアデザインは、あまり変化が見られないようです。

 

今回はビッグマイナーチェンジになるので、サイズはほぼ同じになるようです。

 

インテリアデザインはモニターを大型化

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年9月10日更新):

インテリアは車両価格に見合った質感の高いものになるようです。

モニターを大型化してくるようです。

 

プラットフォームは現行の改良

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年8月29日更新):

プラットフォームは現行アウトランダーのものをベースにするので、つまり現行デリカをベースにするようです。

ですので、フルモデルチェンジではなく、ビッグマイナーチェンジになるとのことです。

また別の情報では、2018登場予定の新型RVRが、あらたなグローバルプラットフォームを採用する見通しで、それがベースになると云われています。

その場合はフルモデルチェンジとなりますが、時期的には2020年頃になると予想されます。

 

駆動方式(S-AWC)

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年9月27日更新):

2輪駆動モデルが無くなり、4輪駆動のS-AWCが標準になると予想されています。

また、次期型からガソリンモデルと2駆モデルが廃止されるようです。

今回のビッグマイナーチェンジでは見送られるようです。

 

安全運転支援機能

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年8月22日更新):

現行車にはないACC(アダプティブクルーズコントロール)や自動ブレーキが付く、「e-Assist」は標準で装備されます。

また、オートマチックハイビームやマルチアラウンドモニターも装備されます。

 

名称は「デリカD:5」のままで

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年11月9日更新):

そもそもデリカD5が登場したときは、5世代目のデリカとして登場しましたので順当にいけば次期モデルは「D6」だったのですが、その後に路線変更して、サイズの小さい順にデリカD2、D3が登場したことを受け、このサイズ順を踏襲するようです。よって新型も「D5」になる見込みです。

エアロバージョンの「ローデスト」は「アーバンギア(URBAN GEAR)」という名称に変更されるようです。

 

グレードと概算価格

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年11月5日更新):

すべてディーゼルモデルの価格です。

【M】3,842,640円

【G】3,942,000円

【G-POWER】4,082,400円

【G-POWER Premium】4,216,320円

【Urban gear】4,067,280円

【Urban gear G-POWER】4,207,680円

---------スポンサードリンク---------

 

開発車両の動画

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年11月8日更新):

全体的なシルエットは現行型と変わりませんが、フロントは大胆に、リアは少し変化しているのが確認できます。

 

カタログ写真

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年11月13日更新):

リアデザインとインテリアが明らかになってきました。

テールライトのデザインが少し変更されているのが確認できます。

大きなナビ画面が特徴のインパネも高級感が増したようです。

店内用のチラシを写メしたものと思われますので、質感などは伝わらないと思います。

実車を見た人の話では、内外装ともにかなり良くなったそうです。

どうしてもこの写真だと、のっぺりとした印象になりますが、実際はけっこう立体的とのこと。

インテリアもソフトパッドを使うなど質感が向上しているとのことです。

【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54389160.html

エクスパンダーのデザインをより直線的にしているように見えます。

いままでの「ローデスト」が、「アーバンギア」に名称が変わるようです。

こちらが通常版。

こちらがアーバンギアのようです。

【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54321476.html

---------スポンサードリンク---------

搬送中の車両の写真と動画

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年10月17日更新):

写真から推測すると、通常版とローデストと2タイプ存在するようです。それぞれホイールのデザインが異なる可能性があります。

またデザイン的にはエクスパンダーに近いといわれてましたが、ekスペースカスタムに近くなるようです。

おそらく、ダイナミックシールド+エクスパンダーのような上下2段のヘッドライト部+ekスペースカスタムの直線的な4本のメッキグリルといった感じになるのではないでしょうか。

 

カモフラージュされた車両の写真3

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年8月9日更新):

【参照】https://www.autocasion.com/actualidad/pruebas/fotos-espia-del-mitsubishi-delica-2019/amp

---------スポンサードリンク---------

カモフラージュされた車両の写真2

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年6月12日更新):

リアのコンビネーションランプの形状も変わりそうです。

一方で再度からの見た目はあまり変化が無いように思えます。

【参照】https://www.carscoops.com/2018/06/mitsubishi-tames-delica-minivan-concept-production/

---------スポンサードリンク---------

カモフラージュされた車両の写真

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年2月2日更新):

海外でキャッチされた、雪上テスト走行の模様です。

【参照】https://www.motor1.com/news/229259/mitsubishi-delica-spied-testing/

写真から推測すると、フルモデルチェンジではなく、現行モデルのビッグマイナーチェンジのようです。

フロントウィンドウにカメラが付いているようなので、安全運転支援システムは装備されているようです。

---------スポンサードリンク---------

予想CG

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年8月30日更新):

エクスパンダ―をベースにしたであろう予想CG。エクスパンダ―よりサイズが大きいですから、迫力がありそうです。

【参照】http://web.motormagazine.co.jp/_ct/17108242

 

 

 

小変更マイナーチェンジ(現行最終モデル)

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2018年4月28日更新):

フルモデルチェンジ前に、マイナーチェンジを実施する可能性があり、2017年11月28日で一旦、現行モデルの生産を止めるようです。

また「ローデスト」の生産は終了しました。

デリカD5のフロントバンパーを、対人保護のための改良を施すためだそうで、それに合わせて一部改良してくるものと思われます。

具体的にはフロントバンパーの下部を伸ばして、衝突時の巻き込みを防ぐ形状になるとのこと。

つまり、見た目的には、SUVテイストが薄れて、よりミニバンぽくなってしまう可能性があります。

また、安全性を重視するの改良なら、ぜひ安全運転支援機能「e-Assist」を装備も追加してほしいところですが、マイナーチェンジのあとにフルモデルチェンジがすぐに控えているので、これは難しいかもしれません。

2018年4月25日に改良版が発表される予定です。

 

2018年4月改良モデルの展示車両動画

2018年4月改良モデルのオフィシャル写真

ジャスパーのオフィシャル写真

価格
3,747,600円(MMCS装着)
3,570,480円(MMCS非装着)

---------スポンサードリンク---------

ジャスパーのカタログ写真

最終の特別仕様になりそうですね。

ダイナミックシールド顔が嫌な人は最後のチャンスですね。

 

カタログ写真

フロントバンパーガードのDELICAの文字が無いバージョンのように見えますが、良く見ると専用のデザインになっているようですね。

【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/53356262.html

 

---------スポンサードリンク---------

特別仕様車「ジャスパー」の復活

アクティブギアが付けているフロントバンパーガードが標準で装備されるようです。(対人保護の改良も含めて標準になるようです。)

ボディーカラーは以下の3色になるようです。

ダイヤモンドブラックとアイガーメタリック

ウォームホワイトパールとスターリングシルバー

ディープシーグリーンとアイガーグレーメタリック

 

 

デリカD:5 シャモニー「10th Anniversary」の写真

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年11月2日更新):

価格はMMCS装着車で、3,834,000円。未装着車で3,656,880円。

ダーククローム調アルミホイールが特長的です。

 

エクスパンダ―のオフィシャル写真

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年7月24日更新):

新型デリカD5はこのデザインを大きくしたような印象になるのでしょうか。

なかなかの迫力になりそうです。

ちなみにこのエクスパンダ―のサイズは、全長×全幅×全高:4475×1750×1700mm。

日本でも取り回しのいいサイズですね。

 

 

エクスパンダ―の車両画像

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年7月29日更新):

新型デリカD5もこんな顔になるのでしょうか。

個性的ではありますね。

【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/51783726.html

【参照】http://indianautosblog.com/2017/07/mitsubishi-expander-leaks-out-275153

 

 

エクスパンダ―のティーザー画像の追加

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年7月19日更新):

エクスパンダ―の追加ティーザー画像です。

エクスパンダ―は2017年8月10日(木)からのインドネシア国際オートショーで発表されます。

【参照】http://indianautosblog.com/2017/07/mitsubishi-expander-new-teasers-274604

エクスパンダ―のティーザー画像

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年7月13日更新):

こちらは中東アジア市場用モデルのエクスパンダ―のティーザーですが、新型デリカD5へのデザインの影響も少なからずあると思われます。

 

 

予想CG

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年2月22日更新):

こちらのCGがイメージ的に近いそうです。

【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/50698713.html

 

 

 

---------スポンサードリンク---------

 

デリカD:5特別仕様アクティブギアのCM動画

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年9月15日更新):

 

デリカD:5特別仕様アクティブギアの展示車動画

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年7月2日更新):

 

デリカD:5特別仕様アクティブギアのオフィシャル写真

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年4月22日更新):

コンプリートパッケージを装着して、価格は4,120,675円(ディーゼルモデル・MMCS装着車)

 

デリカD:5特別仕様アクティブギアのカタログ

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年4月21日更新):

 

【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/51116004.html

 

デリカD5 アウトドア ギア コンセプト

2016年の東京オートサロンで発表された「デリカD5 アウトドア ギア コンセプト」が2017年5月に発表されると噂されています。

【参照】https://www.webcartop.jp/2016/01/31121

 

---------スポンサードリンク---------

 

新型デリカになるのは「XM Concept」なのか

インドネシア国際オートショー2016で発表された7人乗りコンパクトMPVコンセプト「XM Concept」。

デリカD5よりも一回り小さいが、3列シートでSUV長のミニバンであるとのなど類似点が多くあります。

ただスライドドアではないのが、大きな違いの一つでしょうか。また、デリカD5の迫力は出せないように思えます。

ただ、ホンダ・フリードやトヨタ・シエンタがバカ売れしていることから、三菱も日本導入を考えているものと思えます。

ひょっとしたら「デリカD4」という名前でデビューするかも。

ただこちらのモデルは、三菱の編集局ブログによると、2017年にASEAN諸国から先行発売(2017年の秋)となり、日本での発売は2018年頃の見通しとのことですので、今年4月のデビューは間に合わなそうです。

やはりマイナーチェンジなのでしょうか。

こちらの情報ですが、XMコンセプトは、東南アジアで「エクスパンダ―」という名で発売されることが決まってます。

日本での発売は、今のところ無いようですが、発売されれば「デリカD4」になりそうですね。

でずので、「デリカD5」はこのXMコンセプトでも、セレナのOEMでも無く、新型が登場するとのことです。

 

【関連記事】三菱 新型エクスパンダー 2018 Expander 【新型車情報・発売日・スペック・価格】XMコンセプト XM 7-seat crossover

 

---------スポンサードリンク---------

 

カモフラージュ写真を追加

三菱 新型デリカ D5 (D6) 2018 情報(2017年5月4日更新):

XMの写真が新たに現れました。

【参照】https://autonetmagz.com/mitsubishi-xm-concept-versi-produksi-tertangkap-kamera-sedang-diuji-jalan/54292/

 

カモフラージュ写真

市販モデルのテスト走行の写真です。

【参照】http://paultan.org/2016/12/15/mitsubishis-seven-seat-crossover-to-enter-production-next-year-nissan-version-likely-to-take-on-honda-br-v/

---------スポンサードリンク---------

---------スポンサードリンク---------

コンセプトモデル「MITSUBISHI Concept AR」の写真

三菱 デリカD5 2018 情報更新日(2017年5月26日):

 

 

 

 

---------スポンサードリンク---------

現行車(5代目)の概要

2007年1月にデビューした、1box型SUVの定番モデル。

10年近いモデルサイクルを誇る。

クリーンディーゼルの投入など、年々改良を重ねているが、安全装備やACCなどが無いなど、モデルの古さを感じます。

 

基本スペック

サイズ

全長:4,730mm

全幅:1,795mm

全高:1,870mm

ホイールベース:2,850mm

主なパワートレイン

【2.2リッターディーゼルターボエンジン】

148PS/3,500rpm、36.7kgm/1,500~2,750rpm

 

【トランスミッション】

6速AT

 

【燃費】

JC08モード燃費:13.0km/L

安全性能

【緊急自動ブレーキ】無

【誤発進制御】無

【クルーズコントロール】定速

外装(エクステリアデザイン)まとめ

【参照】http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

内装(インテリア)まとめ

【参照】http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

 

動画まとめ

-三菱
-, , , , , , , , ,