スズキ

スズキ

スズキ、「ハスラー」を一部仕様変更し 特別仕様車「J STYLEⅡ」を設定して5月23日より発売

今回の一部仕様変更では、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能をハスラー全車に標準装備したほか、狭路でのすれ違い時の接触防止をサポートするすれ違い支援機能の設定や、HYBRID GターボにLEDヘッドランプを追加するなど、安全装備を充実させています。
スズキ

ディーゼル車問題で検察当局がスズキ本社を家宅捜索、捜査は継続中

ディーゼルエンジンの制御モジュールにディフィートデバイスの疑いがあるとして、欧州検察当局が3カ国で家宅捜索を行った。捜査対象は、スズキの事業所、エンジンサプライヤーであるステランティス社、部品サプライヤーであるマレーリ社で、ドイツ、イタリア、ハンガリーの3カ国での捜査が行われた。
スズキ

2023年 スズキ・ビターラ/エスクードがフルハイブリッド1.5Lエンジンを搭載し、静かに進化を続ける

スズキは、昨年生産を終了した「エスクード」の日本での復活を発表しました。ヨーロッパではスズキ・ビターラと呼ばれるエスクードは、先代モデルと同じ外観ですが、新型のハイブリッドパワートレインを搭載し、後継モデルの登場までのしばらくの間、行進するように設計されています。
スズキ

スズキ、コンパクトSUV「エスクード」に ハイブリッドシステムを搭載して2022年4月21日より発売

スズキは、コンパクトSUV「エスクード」にハイブリッドシステムを搭載し、4月21日より発売します。 今回発売する「エスクード」に搭載したハイブリッドシステムは、ハイブリッドシステムの電圧、リチウムイオンバッテリーの容量、モーターの最大出力、トルクの変更により、EV走行が可能な時間や速度の範囲を拡大し、WLTCモード走行での燃費値19.6km/Lを実現。
スズキ

スズキ「ジムニー」がオールラウンダーな小指サイズの電気SUVに変身

世界的にカルト的な人気を誇るスズキ・ジムニーだが、4代目JB74Wはいまだアメリカには上陸していない。その理由は、厄介な排ガス規制ではなく、10年前に早々とブランドが消滅してしまったからだ。
スズキ

スズキ、RAV4ベースのPHEV「アクロス」を2022年に向けて小改良

あまり前のこととは思えないが、スズキは2020年にアクロスを発表したが、このプラグインハイブリッドSUVに技術や装備のアップグレードが施される時が来たのである。スズキの顔を持つトヨタRAV4のリバッジモデルが、より速いスピードで充電できるようになり、また、全周LEDライトなどの新装備を手に入れたのである。
スズキ

スズキ、軽四輪車「エブリイ」「エブリイワゴン」を 一部仕様変更して発売

スズキは、軽商用車「エブリイ」、軽乗用車「エブリイワゴン」を一部仕様変更して4月7日より発売。 また、福祉車両ウィズシリーズ「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を一部仕様変更して5月30日より発売します。
スズキ

スズキ、インドのEV生産に14億ドルを投資

スズキは、世界第2位の人口を誇るインドで電気自動車の未来に向けて準備するため、インドの施設に13億7000万ドルを投資します。日本の自動車メーカーは、インドの電気自動車の将来について長い間、腰が引けていると考えられていましたが、インド子会社初の大規模な電気自動車計画を発表し、現在、その実現に取り組んでいます。
スズキ

スズキがスカイドライブと契約し、電気自動車を開発へ

自動車メーカー各社は垂直離着陸機(VTOL)への投資を進めていますが、日本のスズキも新たに株式会社スカイドライブとの提携を発表し、その輪に加わりました。 両社は本日、近い将来、電動VTOLを共同で研究、開発、販売する契約を締結したと発表した。残念ながら、この契約の詳細は明らかにされておらず、投資額や生産スケジュールに関する情報は不明のままです。
スズキ

スズキがインドに本格参入、EV生産に12億ドル超を投資

スズキ株式会社は、EVへの大転換に向けて準備を進めています。そのスタート地点として日本企業が選んだのが、インドだった。その資金使途と、なぜ欧米ではなくアジアにしたのかを紹介する。
スズキ

スズキ、ロシアおよびウクライナへの自動車輸出を停止

スズキ・ハンガリーは、ロシアとウクライナの両国への自動車の輸出を停止すると発表し、自動車産業における戦争関連のハプニングのリストに追加された。ロイターの報道によると、これは現在の紛争がもたらす広範な経済的影響の最初の兆候であるという。
スズキ

リバティウォーク スズキ・ジムニー、G63 AMGをイメージしたコスチュームがかわいい

スズキ・ジムニーほどカルト的な人気を誇るクルマは少ないが、その中でもひときわ目を引くモデルが南アフリカの街角を転がっている。 このジムニーは、南アフリカのチューニングショップ「レース!」が製作したもので、スーパーカーをはじめとする高性能マシンの開発に時間を費やしている。
スズキ

2022年 スズキ「バレーノ」、大幅改良してインドに初上陸

先月のティーザーに続き、マルチ・スズキはインドで、数々の外観と技術のアップデートを特徴とする新型スズキ・バレーノの初公開を発表しました。同社はこのモデルを新世代と称しているが、2015年に発表された既存のBalenoのプラットフォームをベースに、2019年にアップデートされたものである。
スズキ

2022年 スズキ バレーノ フェイスリフトをインドで予告 高級感のあるスタイリングを実現

スズキは、インドですでに予約受付が開始されているフェイスリフト版Balenoのティーザーをドロップしました。小型ハッチバックの現行モデルは、スズキのハーテクトプラットフォームをベースに2015年に登場し、2019年に最初のフェイスリフトを受けたことから、2022年のアップデートは2回目となる。
スズキ

スズキ、月額定額で利用できる中古車サブスクリプションサービス「スズキ定額マイカー」を開始

スズキは、月額定額で利用できる中古車のサブスクリプションサービス「スズキ定額マイカー」を1月26日より開始します。 「スズキ定額マイカー」は、クルマをもっと気軽にご利用いただきたいという思いから生まれた、税金や自動車保険料を含めて月額29,000円(消費税10%込)からスズキの中古車を利用できるサブスクリプションサービスです。
タイトルとURLをコピーしました