日産

日産

ローバー200クーペをベースにした日産GT-R R34レプリカが登場

日産スカイラインGT-R R34は、最も象徴的な日本車の1つであり、保存状態の良い低走行距離のノーマルモデルは、最近では50万ドルで取引されています。では、「GT-Rが欲しいけど、本物を買うには資金がない」という場合はどうすればいいのでしょ...
日産

日本自動車大学校は、この日産リーフ「NGRコンセプト」を2040年に若者が望んでいるものだと考えています

現在開催中の2022年東京オートサロンでは、日本自動車大学校(NATS)の学生がスズキ・ジムニーを5ドアに改造した「キムンカムイ」が注目を集めたが、彼らのラインナップには、他にもかなりワイルドなクルマがあった。 そのひとつが、「次...
日産

日産 新型フェアレディZ Z35 2022 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

日産 フェアレディZ 2022 フルモデルチェンジ 日産は、2022年1月14日に新型「フェアレディZ」(日本市場向けモデル)を東京オートサロン2022で公開しました。 併せて特別仕様車の「Proto Spec」を発表。 ...
日産

2022年型 日産新型フロンティア、古すぎると酷評される

2022年の新型日産フロンティアは、ファンが長い間求めていたミッドサイズ・ピックアップトラックです。前回のフロンティアは、オバマが初めて大統領になったのと同じ年に発売されました。今、ダグ・デムーロは、新型トラックはすでに古すぎると言っていま...
日産

日産シルビア、2025年にEVとして復活との報道

日産は、米国で200SXと240SXとして知られているシルビアを復活させると報じられている。無名のソースからの情報と日本のベストカーによると、日本の自動車メーカーは、 "ピュアEVシルビア復活 "プロジェクトの下でこの銘板を復活させています...
スバル

2023年型日産Zが改造されたスバルWRX STIにレース参戦、ツインターボV6が脅威の走りを披露

その前に、私たちがストリートレースを容認していないことを強調することが何よりも必要です。紹介されている動画は、2017 MYから改造されたスバルWRX STIをレースするメーカープレート付きの2023年プレプロダクション日産Zを示しており、...
日産

2023年モデル日産Z、レトロな雰囲気のワンオフモデルが東京オートサロンに登場

日産は8月に米国市場向けにZを発表しましたが、日本市場向けにフェアレディZがステアリングを右側に置くのは、2022年1月のことです。東京オートサロンに登場するこのFRクーペは、いくつかのコンフィギュレーションとワンオフのコンセプトカーが展示...
日産

日産 新型エクストレイル フルモデルチェンジ 2020 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

T33型 4代目エクストレイル 4代目となるエクストレイルの開発が進められています。2013年に3代目が登場したので、7年ぶりである2020年6月15日に米国(米国名:Rogue(ローグ))で発表されました。 新型の目玉は「プロパイ...
日産

バイバイGT-R:新型Zは日産の次のスーパーGTレースカーです

日産自動車は、長年にわたって販売されてきたGT-Rを引退させることになりました。しかし、これは市販モデルではありません。その代わりに、スーパーGTバージョンが今年の終わりに引退します。これで、13年間にわたってスーパーGTのGT500ク...
日産

2023年モデルの「日産アルティマ」、初のスパイショットでマイルドなモデルチェンジを隠していることが判明

6代目「日産アルティマ」は発売からわずか2年ですが、来年の今頃には新しいデザインの車が登場していることでしょう。新しいスパイショットによると、日産はこのセダンを2023年のモデルイヤーに向けてミッドサイクルリフレッシュする準備をしているよう...
日産

日産、「チル」「サーフ」「ハング」「マックス」4つの電動コンセプトカーを発表

日産自動車は、「日産アンビション2030」を発表し、10年後までに23台の電動モデルを導入する計画を明らかにしました。そのうち15台は内燃機関を使用せず、2028年度までに少なくとも1台は固体電池を搭載する予定です。横浜を拠点とする...
日産

日産GT-R 2022年最終モデル、オーストラリアで販売開始

R35世代の日産GT-Rは、オーストラリアで最後の1台となりました。 GT-Rは、「T-Spec」と「Nismo SV」を合わせて、約50台がオーストラリアでの最終出荷となります。このT-Specのブラックモデルは、オーストラリア...
タイトルとURLをコピーしました