三菱

三菱

三菱、新型軽EV『eKクロス EV』を2022年夏に発売

三菱自動車は、軽自動車タイプの電気自動車『eKクロス EV』を新たに設定し、本年夏から全国の系列販売会社及び楽天市場店で販売を開始します。 メーカー希望小売価格は2,398,000円~2,932,600円(消費税10%込)。
三菱

2022年型三菱アウトランダーのシートベルトが正常に作動しない可能性

三菱自動車は、「アウトランダー」の米国内モデル2,865台に影響を与えるリコールを発令しました。 米国道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration)が発表したリコールの通知では、部品サプライヤーの射出成形金型の不適切なメンテナンスにより、自動ロックリトラクター(ALR)のベアリングプレートが仕様外の状態で製造されている可能性があることが明らかにされています。
三菱

2023年 三菱アウトランダー・プラグインハイブリッドが米国に登場、今年後半に発売予定

三菱は、今週末に開催されるツインシティーズ・オートショーでの米国デビューに先立ち、2023年型アウトランダー・プラグインハイブリッドを発表した。
三菱

2023年 新型三菱コルト、ティーザーを基にしたレンダリング画像は見覚えのあるものばかり

2020年7月末、三菱は新商品を投入せず、欧州での活動を終了することを発表した。しかし、キャプチャーに相当するルノー製の新型ASXが2023年初頭に発売されることを考えると、同社は考えを改めたようだ。同年末には生まれ変わったコルトが加わり、これもダイヤモンドのロゴを持つ同社製のクリオをリスキンしたものになるという。
三菱

トヨタ、レクサスのSUVの大群に対抗するためボクシーかつスムースな三菱パジェロCGIが帰ってきた

今度のヒュンダイ・パリセードや人気のキア・テルライドを見れば、アジアのSUVがいい意味でクセ者になっていることがわかる。それから、トヨタとレクサスのフラッグシップ・オフロード車を取り巻く誇大広告を考えてみてください。
三菱

三菱、ロシアでの自動車生産・販売を停止

現在のウクライナとロシアの紛争は、自動車分野を含むいくつかの産業に混乱をもたらしました。侵攻開始から1カ月以上が経過し、いくつかのブランドがロシアでの事業または生産の停止を発表した。フォード、ジャガー・ランドローバー、ボルボが最初にロシアでの事業を一時停止しました。
三菱

三菱エボリューションX ファイナルエディションは21世紀で最も悲しい別れの涙を流したモデル

しかし、ある世代にとっては、三菱ランサーエボリューションXとの別れの日ほど辛いものはない。 北米市場で何十年もイノベーションを起こそうとしなかった経営陣によって作られ、その結果、その品質はそれほど高くはなかったかもしれない。
三菱

2023年 三菱エクリプスクロスに新機能が追加されたが我々が望んだものではない

エクリプスクロスには、初めて全輪駆動が全車種に標準装備されます。三菱によると、これはただのAWDシステムではなく、WRCやダカールなどのラリーレースでの勝利にインスパイアされたものだという。ここでは、この新システムが何をするのか、そしてそれを手に入れるためにいくら支払うことになるのかについて、詳しく見ていきましょう。
三菱

生まれ変わった三菱コルト、ハイブリッド搭載で2023年発売を予告

"コルト"-久しぶりに使う名前です。2023年、三菱は約10年間眠っていたこの名称をほじくり返すことになる。1962年に発売された初代コルト600の誕生60周年を記念して、サブコンパクトハッチバックが欧州で復活するのです。この発表は、車の外観について漠然としたアイデアを与える影のあるティーザー画像と一緒に行われました。
三菱

このミッドエンジンFRエクリプスは三菱が過去に製造したどの製品よりも魅力的です

三菱エクリプスGSXが生産中止になったときは、悲しかったですね。あの流麗なモデルは、4輪にパワーを送るパンチの効いたターボチャージャーのスポーツカーだったが、二度と戻ってくることはなかった。そのエクリプスのミッドエンジン版、後輪駆動版を作ろうと決めた男がいる。
三菱

三菱自動車、旧パジェロ工場を大王製紙に売却へ

三菱は、閉鎖された中部地方の工場を大王製紙に約40億円(3400万ドル)で売却することに合意した。この工場では最近まで人気の高いSUV「パジェロ」を製造していたが、現在はトイレットペーパーやティッシュペーパーを製造するために転用されるようだ。
三菱

三菱ラリーアート「トライトン」ラリーカーを発表、ピックアップとSUVのチューニングモデルを示唆

2022年のアジアクロスカントリーラリー(AXCR)に参戦する三菱自動車のプライベートチーム「チーム三菱ラリーアート」への技術支援という形で、三菱がモータースポーツへの関与を再開したことを示す特別仕様車のトライトン/L200ラリーカーが登場しました。
三菱

三菱ラリーアート SUV・MPV用アクセサリーラインナップを発表

三菱自動車は、アウトランダーPHEV、エクリプス クロス、RVR(ASX)、デリカD:5向けに、ラリーアートブランドの各種アクセサリーを日本市場に導入しました。化粧品は、2ヶ月前の東京オートサロン2022で発表したコンセプトカー「Ralliart Style」と同じもので、三菱の豊かなモータースポーツの伝統にインスパイアされたものです。
三菱

三菱、2022年型アウトランダー ブラックエディションでダークサイドに進出

新型アウトランダーは、12月に過去最高の販売台数を達成し、昨年度のブランド総販売台数の33.2%を占め、米国における三菱自動車の運命を逆転させたと言えるでしょう。 これは大きなニュースであり、三菱はこの勢いを維持するために、新型アウトランダー ブラックエディションを導入しようとしています。
三菱

1990年代の三菱シグマはクラシックなユーロアジアデザインとそれに見合う快適さを備えた車だった

80年代前半から90年代にかけては、三菱にとって素晴らしい時代だった。世界が日本車を受け入れていたのだ。ラリーで我々を感動させただけでなく、日本の自動車メーカーは、BMW 5シリーズやボルボ240といったヨーロッパの競合車種に支配されつつある高級車市場に参入しようとしていた。
タイトルとURLをコピーしました