三菱

三菱

2022年 オーストラリアで「三菱アウトランダー プラグインハイブリッドEV」を4つのモデルで発売

三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)は、オーストラリアにおいて、最新世代となる2022年型アウトランダー プラグイン ハイブリッドEVを発売し、8月15日より販売店での取り扱いを開始します。
三菱

2023年 三菱 エクスパンダークロスがフェイスリフト、ミニバンSUVはまだ二極化の様相を呈す

最近は何でもかんでもSUVにしなければならないので、三菱のXpander Crossは、ややタフな外観を持つハイト系ミニバンである。発売から3年足らずで、すでにフェイスリフトが行われている。デリカは何十年も前からあり、全輪駆動であるのに対し、こちらは前車軸にしか動力を送らないので、頑丈なピープルムーバーに関して言えば、三菱には長い歴史があることを忘れてはならない。
三菱

三菱は10年前のミラージュG4の後継車を準備中か?

ソーシャルメディアに投稿されたこの魅力的な画像が示唆するように、三菱は新型セダンを準備しているのかもしれません。 日本の自動車メーカーのレンジは今、少し奇妙な場所にある。新世代のアウトランダーを販売・生産している一方で、他のモデルの多くは競合車と比較してかなり古く見え始めているのだ。
三菱

三菱アウトランダーのバックカメラに空白ができる事例が発生

米国で56,000台以上の三菱アウトランダーのオーナーは、アライアンス車載インフォテインメントシステムの問題を解決するために、最寄りのディーラーに車両を持ち込むよう奨励されています。
三菱

三菱 新型トライトン/L200 2023 写真・動画・スペック・情報

三菱の新型車「L200」が登場予定。 新型L200は、ルノー・日産・三菱が旧大陸での販売を目指すのであれば、厳しい排ガス規制を満たすためにハイブリッドおよび/またはプラグインハイブリッドパワートレインを計画する可能性があるようです。
三菱

三菱、「デリカD:5」と「ミラージュ」の価格を改定

三菱自動車は、『デリカD:5』『ミラージュ』のメーカー希望小売価格(車両本体価格)を、2022年8月1日(月)よ改定します。 今回の改定は原材料価格高騰、並びに原油価格高騰などによる輸送費増加を含む全般的なコスト上昇に伴うもので、装備等の変更はありません。
三菱

三菱、新型軽EV「eKクロス EV」を2022年6月16日に発売

三菱自動車は、軽自動車タイプの電気自動車『eKクロス EV』を、6月16日(木)から全国の系列販売会社及び楽天市場店で販売を開始します。 発売に先駆けて5月20日(金)より先行注文を開始し、本日までの約1か月で月販売目標台数850台の4倍となる約3,400台(6月12日時点)を受注しました。
三菱

2023年 三菱ASXのエンジンスペックを公開、PHEVは160馬力に

2010年に発売された三菱ASXは、現在販売されている車の中で最も古い車のひとつです。ありがたいことに、このサブコンパクトクロスオーバーは、2023年の初めにヨーロッパに到着する次世代モデルとして、完全なオーバーホールを受ける予定です。年初に発表された通り、キャプチャー の姉妹車はルノーがスペインのバジャドリッド工場で生産する予定です。
三菱

三菱、新型軽EV『eKクロス EV』を2022年夏に発売

三菱自動車は、軽自動車タイプの電気自動車『eKクロス EV』を新たに設定し、本年夏から全国の系列販売会社及び楽天市場店で販売を開始します。 メーカー希望小売価格は2,398,000円~2,932,600円(消費税10%込)。
三菱

2022年型三菱アウトランダーのシートベルトが正常に作動しない可能性

三菱自動車は、「アウトランダー」の米国内モデル2,865台に影響を与えるリコールを発令しました。 米国道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration)が発表したリコールの通知では、部品サプライヤーの射出成形金型の不適切なメンテナンスにより、自動ロックリトラクター(ALR)のベアリングプレートが仕様外の状態で製造されている可能性があることが明らかにされています。
三菱

2023年 三菱アウトランダー・プラグインハイブリッドが米国に登場、今年後半に発売予定

三菱は、今週末に開催されるツインシティーズ・オートショーでの米国デビューに先立ち、2023年型アウトランダー・プラグインハイブリッドを発表した。
三菱

2023年 新型三菱コルト、ティーザーを基にしたレンダリング画像は見覚えのあるものばかり

2020年7月末、三菱は新商品を投入せず、欧州での活動を終了することを発表した。しかし、キャプチャーに相当するルノー製の新型ASXが2023年初頭に発売されることを考えると、同社は考えを改めたようだ。同年末には生まれ変わったコルトが加わり、これもダイヤモンドのロゴを持つ同社製のクリオをリスキンしたものになるという。
三菱

トヨタ、レクサスのSUVの大群に対抗するためボクシーかつスムースな三菱パジェロCGIが帰ってきた

今度のヒュンダイ・パリセードや人気のキア・テルライドを見れば、アジアのSUVがいい意味でクセ者になっていることがわかる。それから、トヨタとレクサスのフラッグシップ・オフロード車を取り巻く誇大広告を考えてみてください。
三菱

三菱、ロシアでの自動車生産・販売を停止

現在のウクライナとロシアの紛争は、自動車分野を含むいくつかの産業に混乱をもたらしました。侵攻開始から1カ月以上が経過し、いくつかのブランドがロシアでの事業または生産の停止を発表した。フォード、ジャガー・ランドローバー、ボルボが最初にロシアでの事業を一時停止しました。
三菱

三菱エボリューションX ファイナルエディションは21世紀で最も悲しい別れの涙を流したモデル

しかし、ある世代にとっては、三菱ランサーエボリューションXとの別れの日ほど辛いものはない。 北米市場で何十年もイノベーションを起こそうとしなかった経営陣によって作られ、その結果、その品質はそれほど高くはなかったかもしれない。
タイトルとURLをコピーしました