三菱

三菱

三菱「D:5デリカ」、左ハンドル市場に参入せず

三菱が2018年にフェイスリフト版「D:5デリカ」を発表して以来、しばらく経ちました。三菱のデザイン言語「ダイナミックシールド」を採用した新感覚のスタイリングで、AWC四輪駆動システムを搭載したオフロード対応のピープルホーラーは、日本以外の市場でも愛好家やバイヤーの間でかなりの関心を呼び起こした。
三菱

三菱、『デリカD:5』の特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を11月17日から発売

三菱自動車は、オールラウンドミニバン『デリカD:5』の特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を11月17日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。メーカー希望小売価格は4,425,300円(消費税10%込)。
三菱

三菱、『エクリプス クロス』を一部改良し、特別仕様車「BLACK Edition」を設定

三菱自動車は、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』にブラックのアクセントカラーを内外装の要所に配した特別仕様車「BLACK Edition」を設定、また、グレード展開の見直しや機能装備の充実など一部改良を実施します。
三菱

三菱、新型『デリカミニ』を初公開、2023年夏頃に発売予定

三菱は、新型軽スーパーハイトワゴン『デリカミニ』のスペシャルサイトを本日開設し、エクステリアデザインを初披露しました。同車は初代『デリカ』の発売から55周年となる2023年度初夏に投入する計画で、「東京オートサロン2023」に参考出品する予定です。
三菱

2023年に登場する小型クロスオーバー「三菱XFCコンセプト」を初公開

三菱は先月、「新型」ASXを発表した後、ルノー・キャプチャーにバッジを付けて終了しました。この小型クロスオーバーは、XFCコンセプトの市販版を販売する予定のASEAN市場向けに、より力を入れることになるでしょう。
三菱

2023年 三菱アウトランダーPHEV、レンジトップトリムで5万ドル超の価格設定

2023三菱アウトランダーPHEVは11月に販売店に到達し、我々は今、その様々なトリムレベルのための完全な価格情報を持っています。どれだけ贅沢をするかで、ベースモデルとフラッグシップの間には1万ドルの差がある。
三菱

2023年 三菱トライトン スポーツエディションは、オーストラリア限定のブラックアウトスペシャルモデル

三菱自動車は、オーストラリアで2023年モデル「トライトン」を発売しました。ガソリンエンジンのオプションはなくなりましたが、装備を充実させ、「トライトン スポーツエディション」と名付けた特別仕様車を400台生産します。
三菱

三菱、『アウトランダー』のPHEVモデルに特別仕様車「BLACK Edition」を設定、標準車は一部改良して2022年10月27日から発売

三菱自動車は、クロスオーバーSUV『アウトランダー』のプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルに、ブラックのアクセントカラーを内外装の要所に配した特別仕様車「BLACK Edition」を設定。また、標準車はコネクティッド機能を充実させるなど一部改良し、全国の系列販売会社を通じて10月27日(木)から発売します。車両本体のメーカー希望小売価格は4,621,100~5,485,700円(消費税10%込)。
三菱

2023年 三菱アウトランダーPHEVは54マイル(87キロ)の全電気航続距離を誇ってデビュー

三菱アウトランダーは、4代目で大幅な改良を受けました。プラグインハイブリッドを含む全モデルのデザインを変更しました。三菱は、今年11月に米国の一部の市場でアウトランダーPHEVの販売を開始する予定ですが、到着時の価格は、地域によって異なる目的地料金を除いて39,845ドルです。
三菱

2023年 三菱ASX登場 パワートレインは5種類から選択可能

2023年三菱ASX、欧州で初公開!ICE、ハイブリッド、PHEVのバリエーションを揃えたコンパクトクロスオーバー。2023年3月より販売開始。 ASXは、重厚な造形のエクステリア・スタイリングを採用しています。
三菱

2023年型三菱 ASXの公開が9月20日に決定

三菱が次世代ASXを予告したのは1月で、その後6月に技術仕様が明らかにされた。ドイツ支社は、2023年初頭に予定されている欧州での市場投入に先立ち、明日開催されるデビューイベントの運営を任された。ASXは完全な新型車ですが、先代モデルとコンポーネントを共有しないという意味においてのみ、新型車となります。
三菱

三菱 新型トライトン/L200 2023 写真・動画・スペック・情報

三菱の新型車「L200」が登場予定。 新型L200は、ルノー・日産・三菱が旧大陸での販売を目指すのであれば、厳しい排ガス規制を満たすためにハイブリッドおよび/またはプラグインハイブリッドパワートレインを計画する可能性があるようです。
三菱

三菱、『eKクロス』『eKクロス スペース』に先進の安全・快適装備を充実させた「T Premium」「G Premium」を設定、2022年9月8日から発売開始

三菱自動車工業株式会社は、軽乗用車『eKクロス』『eKクロス スペース』に、先進の安全・快適装備を充実させた「T Premium」「G Premium」を設定するとともに、『eKワゴン』『eKスペース』も含めたeKシリーズの一部改良を実施し、2022年9月8日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。
三菱

三菱ラリーアート、特別仕様車で米国に再上陸

ラリーアートが米国に帰ってくる。三菱のスポーティなネームプレートが、2023年モデルのいくつかの特別仕様で復活します。 三菱は2010年、当時の経済危機を理由にラリアート部門を閉鎖した。2021年、同社は当初、東南アジア地域と日本に提供を集中させる計画で、このネームプレートを復活させました。
三菱

三菱、2023年のラインアップに米国向け新型ラリーアート特別仕様車を設定

三菱は、2023年に向けた米国でのラインアップの変更を発表しました。 大きなニュースは、今年後半に発売される再設計されたアウトランダーPHEVです。
タイトルとURLをコピーしました