スズキ

発売予定表

国産車・発売予定表【フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ情報】

国産車発売スケジュール:随時更新 日本国産車(トヨタ、レクサス、ニッサン、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ)の発表・発売の予定日をまとめました。 各メディアや、過去のデータから予想しています。 あくまで予想ですの...
スズキ

マイルドハイブリッド技術を搭載した新型「マルチ スズキ ブレッツァ」を公開

先日のティーザーやリークに続き、スズキはVitara Brezzaに代わる都市型SUV、新型Brezzaを公開した。内外のスタイリングを刷新し、パワートレインはマイルドハイブリッド1種類を選択できるようになった。ブレッツァは新世代のモデルとして販売されていますが、その皮下では先代とアーキテクチャを共有しています。
スズキ

スズキ、既にリークされているインド向け新型SUV「ブレッツァ」を予告

スズキはインド市場向けに新世代のクロスオーバー「ブレッツァ」を発表する準備を進めており、ティーザー映像で新機能を確認することができる。Vitara Brezzaの後継となるモデルも、工場の現場からとされるリークがありました。
スズキ

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」を一部仕様変更、新たに「アルト ラパン LC」を6月17日より発売

スズキは、軽乗用車「アルト ラパン」を一部仕様変更するとともに、新たに「アルト ラパン LC」を6月17日より発売します。 今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備。
未分類

スズキ ビジョン グランツーリスモ、隼エンジン&3つの電気モーターを搭載して登場

グランツーリスモ7の無料アップデート1.15で、「2021 トヨタ GR010 ハイブリッド」と「ロードスターショップ ランページ カマロ」に加え、スズキ ビジョン グランツーリスモは、古くて新しいバーチャルレーシングカーです。
スズキ

スズキ、「ハスラー」を一部仕様変更し 特別仕様車「J STYLEⅡ」を設定して5月23日より発売

今回の一部仕様変更では、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能をハスラー全車に標準装備したほか、狭路でのすれ違い時の接触防止をサポートするすれ違い支援機能の設定や、HYBRID GターボにLEDヘッドランプを追加するなど、安全装備を充実させています。
スズキ

ディーゼル車問題で検察当局がスズキ本社を家宅捜索、捜査は継続中

ディーゼルエンジンの制御モジュールにディフィートデバイスの疑いがあるとして、欧州検察当局が3カ国で家宅捜索を行った。捜査対象は、スズキの事業所、エンジンサプライヤーであるステランティス社、部品サプライヤーであるマレーリ社で、ドイツ、イタリア、ハンガリーの3カ国での捜査が行われた。
スズキ

2023年 スズキ・ビターラ/エスクードがフルハイブリッド1.5Lエンジンを搭載し、静かに進化を続ける

スズキは、昨年生産を終了した「エスクード」の日本での復活を発表しました。ヨーロッパではスズキ・ビターラと呼ばれるエスクードは、先代モデルと同じ外観ですが、新型のハイブリッドパワートレインを搭載し、後継モデルの登場までのしばらくの間、行進するように設計されています。
スズキ

スズキ、コンパクトSUV「エスクード」に ハイブリッドシステムを搭載して2022年4月21日より発売

スズキは、コンパクトSUV「エスクード」にハイブリッドシステムを搭載し、4月21日より発売します。 今回発売する「エスクード」に搭載したハイブリッドシステムは、ハイブリッドシステムの電圧、リチウムイオンバッテリーの容量、モーターの最大出力、トルクの変更により、EV走行が可能な時間や速度の範囲を拡大し、WLTCモード走行での燃費値19.6km/Lを実現。
スズキ

スズキ「ジムニー」がオールラウンダーな小指サイズの電気SUVに変身

世界的にカルト的な人気を誇るスズキ・ジムニーだが、4代目JB74Wはいまだアメリカには上陸していない。その理由は、厄介な排ガス規制ではなく、10年前に早々とブランドが消滅してしまったからだ。
スズキ

スズキ、RAV4ベースのPHEV「アクロス」を2022年に向けて小改良

あまり前のこととは思えないが、スズキは2020年にアクロスを発表したが、このプラグインハイブリッドSUVに技術や装備のアップグレードが施される時が来たのである。スズキの顔を持つトヨタRAV4のリバッジモデルが、より速いスピードで充電できるようになり、また、全周LEDライトなどの新装備を手に入れたのである。
スズキ

スズキ、軽四輪車「エブリイ」「エブリイワゴン」を 一部仕様変更して発売

スズキは、軽商用車「エブリイ」、軽乗用車「エブリイワゴン」を一部仕様変更して4月7日より発売。 また、福祉車両ウィズシリーズ「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を一部仕様変更して5月30日より発売します。
スズキ

スズキ、インドのEV生産に14億ドルを投資

スズキは、世界第2位の人口を誇るインドで電気自動車の未来に向けて準備するため、インドの施設に13億7000万ドルを投資します。日本の自動車メーカーは、インドの電気自動車の将来について長い間、腰が引けていると考えられていましたが、インド子会社初の大規模な電気自動車計画を発表し、現在、その実現に取り組んでいます。
スズキ

スズキがスカイドライブと契約し、電気自動車を開発へ

自動車メーカー各社は垂直離着陸機(VTOL)への投資を進めていますが、日本のスズキも新たに株式会社スカイドライブとの提携を発表し、その輪に加わりました。 両社は本日、近い将来、電動VTOLを共同で研究、開発、販売する契約を締結したと発表した。残念ながら、この契約の詳細は明らかにされておらず、投資額や生産スケジュールに関する情報は不明のままです。
スズキ

スズキがインドに本格参入、EV生産に12億ドル超を投資

スズキ株式会社は、EVへの大転換に向けて準備を進めています。そのスタート地点として日本企業が選んだのが、インドだった。その資金使途と、なぜ欧米ではなくアジアにしたのかを紹介する。
タイトルとURLをコピーしました