ホンダ

ホンダ 新型CR-V 2023 6代目 写真・動画・スペック・情報

2016年にデビューした5代目から、2022年の初頭に6代目のCR-Vが発表される見込みです。 モデルサイクル的には少し早めの発表。このカテゴリーは、今やグローバルでも重要なので、早いのかもしれません。
スズキ

スズキ、既にリークされているインド向け新型SUV「ブレッツァ」を予告

スズキはインド市場向けに新世代のクロスオーバー「ブレッツァ」を発表する準備を進めており、ティーザー映像で新機能を確認することができる。Vitara Brezzaの後継となるモデルも、工場の現場からとされるリークがありました。
日産

2023年日産リーフ、フェイスリフトと値上げを発表

日産は今年初めにフェイスリフトしたリーフを発表し、今回、このモデルを27,800ドルから販売すると発表しました。 先代モデルより400ドル高い2023年型リーフは、新しいフロントマスク、改良されたグリル、そして更新されたヘッドライトを装備しています。
トヨタ

装甲されたトヨタ・ランドクルーザーが過酷な弾道試験を実施

装甲車は、さまざまな脅威から乗員を守るために、さまざまな技術を使って弾丸や爆弾を防いでいます。Inkas Armored Vehicles ManufacturingのYouTubeチャンネルが公開した新しいビデオでは、トヨタのランドクルーザーが、弾丸、手榴弾、地雷、15kgのTNTで打ちのめされるという残酷な研究開発に耐える様子を映し出しています。
ホンダ

ホンダ 新型シビックタイプR 2022 写真・動画・スペック・情報

主なトピック ホンダ 新型シビックタイプR 2022 情報更新日:2021年12月14日: 新型シビックタイプRは、11代目シビックのシャシーをベースに、先代モデルよりも剛性、長さ、幅を拡大し、ドライビングダイナミクスを向上させるこ...
トヨタ

トヨタ 新型bZ SDN 2023 写真・動画・スペック・情報

トヨタ新型bZ SDNの生産バージョンが目撃されました。 トヨタはbZ SDNについて多くを語っていませんが、以前、このコンセプトは "顧客のファーストカーへの期待に応える中型セダン "であると述べています。
スバル

400馬力のプロドライブP25は56万ドルのスバル・インプレッサのレストモッド

プロドライブは、今週末のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでの発表に先駆け、インプレッサP25の公式写真を初めて公開しました。P25は、1998年にスバルがプロドライブ開発のラリーカーでWRCに優勝したことを記念して極少数発売したインプレッサの聖像、インプレッサ22Bを現代風にアレンジしたものです。
ダイハツ

ダイハツ、コペン20周年記念特別仕様車を2022年9月に発売

ダイハツの軽オープンスポーツカー「COPEN(コペン)」は、2022年6月で2002年の初代「コペン」発売から20年を迎えました。 初代「コペン」は、誰もが気軽に楽しめる本格的オープン・スポーツカーとして開発され、ユニークな外観デザインや電動開閉式ルーフ(アクティブトップ)等の高い商品性と「持つ悦び、操る楽しさ」という新しい価値観に好評をいただき、今もなお幅広いユーザーに愛されています。
トヨタ

トヨタGRスープラのアルピナチューンモデルを買うか?

アルピナブランドのスープラは、フロントスプリッターを延長し、ボディカラーを変更したサイドスカートを装備しています。リアもバンパーとカーボンファイバー製ディフューザーを新たに採用し、より威圧的でありながらアルピナが得意とするバランスの良いデザインに仕上がっています。
日産

パイクスピークに挑む、2ドアの「日産リーフ」

モータースポーツイベント「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」が目前に迫ってきた。レースウィークが近づくにつれ、各社が参戦車両を次々と発表していますが、サムライスピードもその一人です。
スズキ

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」を一部仕様変更、新たに「アルト ラパン LC」を6月17日より発売

スズキは、軽乗用車「アルト ラパン」を一部仕様変更するとともに、新たに「アルト ラパン LC」を6月17日より発売します。 今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備。
トヨタ

トヨタbZ4Xに本格的なGRバリエーションが登場する可能性も

トヨタ・ガズーレーシングは、数年前にGRヤリスで注目を集めたが、現在は全く異なるものを開発中である。トヨタのエンジニアがbZ4XからGazoo Racingの名に恥じない十分な性能を引き出すことができれば、GRブランド初のEVとなる可能性があります。
ホンダ

ホンダが本物のシビックSiレースカーを55,000ドルで販売

工場で生産される数多くのスポーツカーやスーパーカーは、大げさに言えば「公道レースカー」と呼ばれる。中には、ラップレコードを樹立するほど速いクルマや、何週間もかけて丹念に塗装された派手なクルマもある。しかし、実際のレースカーと呼べるようなものはありません。今、ホンダは、55,000ドルもするシビックSiのハンドルを握れば、その超高級クラブに入れるようにするつもりだ。
Sony

ソニー・ホンダ・モビリティ・カンパニー発表、2025年に初のEVを販売へ

2台の電動コンセプトカーを発表したソニーは、2022年初めにEV分野への参入に向けたパートナー探しを発表した。3月上旬、ホンダというパートナーを見つけ、両者が50対50の合弁会社を設立することを決定したことで、その探索はあっという間に終わった。当時は単に「新会社」と呼ばれていたが、今回、最終的な社名が発表された。東京に本社を置き、年内にソニー・ホンダ・モビリティ株式会社を設立する。
トヨタ

フレックスが米国に海外初のショップをオープン、現代のトヨタ車にレトロな外観を付与

2022年冬、カリフォルニア州サンディエゴに、日本国外では初となるディーラーをオープンする予定です。 中村陽平は、「需要に応じ、今が米国市場へのデビューのタイミングであり、サンディエゴはこの動きを実現するのに適した場所です」と述べています。
タイトルとURLをコピーしました