日産

日産、米国で小型電気自動車を計画、タイタン廃止の可能性も

日産自動車は、米国市場向けの軽量小型電気ピックアップ・トラックの可能性を探っている。これは、この車両を求める米国のディーラーに支持されたアイデアです。しかし、新しい電動ピックアップの可能性がある一方で、日産は依然としてタイタンを廃止し、早け...
ホンダ

2024年 ホンダ シビック ハイブリッド、米国でセダンとハッチバックの2車種展開が決定

ホンダは、来年に期待されるホンダの製品ラインアップを発表した。プレスリリースの中で、ホンダ・シビック・ハイブリッドについて短い言及がありました。ホンダは、2024年に米国でこのモデルを導入し、セダンとハッチバックのボディスタイルを提供する予定です。
日産

日産キックス327エディションは誰もが予想したユニークなコラボレーション

自動車メーカーが自動車以外のブランドとコラボレーションしてプロモーションを行うことは、ニュースではありません。これまで見てきた典型的な組合わせは、高級車と時計、そして自動車にインスパイアされたスニーカーです。
トヨタ

東京オートサロンで注目を集めたトヨタのドラマチックなクラウン

今月の東京オートサロンでは、トヨタ・クラウンのチューニングモデルが多数展示されましたが、その中からいくつかをご紹介します。 最初に紹介するのは、トムス・レーシングとKeePerが手がけたクラウン・セダンをベースにしたモデル。
スズキ

スズキ 新型スイフト 5代目 2023 写真・動画・スペック・情報

主なトピック スズキ 新型スイフト 5代目 2023 情報更新日:2021年12月1日: スズキが、スイフトのフルモデルチェンジを発売予定。 新型スイフトでは、改良される1.2Lガソリンエンジンとモーターを組み合わせるマイルド...
三菱

三菱、2年遅れで「アウトランダー」誕生40周年記念車を発表

特別仕様車が特別であることはまずないが、それは三菱アウトランダーとアウトランダーPHEVの40th Anniversary Editionが発表されたことで明らかである。
日産

日産「フェアレディZ」のスプリットフロントグリルが今年からディーラーオプションに

良いニュースもあれば、悪いニュースもあります。良いニュースは、日産が2022年の東京オートサロンで初めて発表した新型Z用のスプリットグリルフェイシアを生産するらしいことです。悪いニュースは、このグリルが現段階では日本市場向けにしか確認されていないことです。
ホンダ

ホンダ「シビック タイプR」、需要増に伴い日本での受注を停止

日本でホンダのシビック・タイプRを購入する予定の人に悪い知らせがある。需要が高く、部品供給が不透明なため、同社は一時的に注文を受け付けないことにしている。 ホンダは、シビックタイプRの日本市場向けページでこの発表を行った。
トヨタ

トヨタカローラ、24年ぶりにホンダシビックを抜き、カナダで最も売れた新車となる

トヨタ・カローラは昨年、カナダで最も売れた車となり、過去24年間それぞれトップの座を占めていたホンダ・シビックを退けました。 販売台数によると、トヨタは2022年を通してカナダで33,096台のカローラを販売したのに対し、ホンダは29,772台のシビックを販売し、カナダ中の家を鳴らしたことが明らかになった。
ホンダ

ホンダ 新型アコード 2024 写真・動画・スペック・情報

ホンダ新型アコードは全体のフォルムは現行アコードによく似ています。 ルーフが長く、傾斜したスイープなラインが特徴的。 そのため、セダンの骨格は新世代に引き継がれる可能性がありますが、フロントとバックはすべて新しくなる予定です。
トヨタ

トヨタカローラクロスをミニRAV4に改造するチューナー登場

トヨタのSUVの中で、サイズ的にも価格的にもRAV4の下に位置するカローラクロスですが、前者を持ちながら後者のルックスを好む場合、どうすればいいのでしょうか?日本のチューナー、リヴァイは、東京オートサロンに出展したトヨタ・カローラクロス用の新しいRAV4スタイルのボディキットに、数々のオフロード用アクセサリーを組み合わせて、その解決策を提案します。
トヨタ

トヨタGRカローラのECUをVFチューナーがクラックし、さらなるパワーアップを目指す

韓国のVF Tunerは、トヨタGRカローラのECUをクラックしたことを発表しました。これにより、GRカローラのポテンシャルを最大限に引き出すことができるようになりました。また、うまくすればエンジンの寿命も延びるかもしれません。
トヨタ

トヨタGR 86のボディキットはこれがベストかもしれない

トヨタGR86用のボディキットはすでに数多く存在し、今後数年の間にさらに多くのボディキットが市場に投入されることでしょう。しかし、Arta Mechanicsが夢見たものほど、印象的でユニークなものはほとんどないだろう。
マツダ

マツダ、夢のロータリースポーツカーを開発中

ロータリーエンジンを搭載した最後のマツダが生産終了してから10年以上が経過しました。ついにロータリーエンジンが復活しましたが、先代のようなエキサイティングな形ではありません。
トヨタ

2023年型GRカローラ、トヨタ発表以上のパワーを発揮することが判明

GRカローラが信じられないほど楽しいホットハッチであることに疑いの余地はない。実際、昨年運転してみて、トヨタが長い間やってきたことのなかでも最高のもののひとつだと思う。そして今、ある新しいオーナーが、少なくとも彼女のGRカローラが、トヨタが言うよりもかなり多くのパワーを出していることを証明した。
タイトルとURLをコピーしました