スバル

スバル

2022年型スバル WRXの全オプションを選択した場合の価格はこちら

新しい2022 WRXは、異なる理由の全体のホストのために意見を分割している, 少なくともそのGTトリムの基本価格は、発信STIよりもコストという事実である. スバルがコンフィギュレータをリリースしましたので、我々は1が過ごすことができるどのくらい見つけるために、すべての単一のオプションに付けましたし、少年はそれが緑の多くである.
スバル

スバル、スーパーGTチャンピオンを記念してレヴォーグの特別仕様車「Takuty Special Edition」を発売

スバルは、レヴォーグの特別仕様車「Takuty Special Edition」を発表し、スバル東京で独占販売することを発表しました。 このクルマは、2021年スーパーGTのGT300クラスでチャンピオンとなった井口卓人選手が、改造したSUBARU BRZでレースに参戦していることを記念しています。
スバル

スバル、東京マラソン2021にグローバルBEV「SOLTERRA(ソルテラ)」などを大会支援車両として提供

SUBARUは、2022年3月6日に開催される、「東京マラソン2021」にオフィシャルパートナーとして協賛し、SUBARU初のグローバルBEV「SOLTERRA(ソルテラ)」を先導車として提供する他、レガシィ アウトバック、レヴォーグ、SUBARU XVなどを大会支援車両として提供します。
スバル

スバルWRX5世代を振り返る

スバル(インプレッサ)WRXは、歴代の名車に名を連ね、長年にわたり熱狂的なファンを獲得してきました。5代目となる今回は、その30年の歴史を振り返ってみました。 1992年、WRXはインプレッサのトリムレベルとして登場した。その名は "World Rally eXperimental "の頭文字をとったもので、ラリーとの関わりを示すものであった。
スバル

意外と知られていないスバルのディーラーマークアップ廃止の動き

スバルは、マークアップを巡って米国の販売店を辱めた最新の自動車メーカーである。 スバル・オブ・アメリカの最高経営責任者が署名した書簡には、"顧客体験とブランド・ロイヤリティに悪影響を及ぼす可能性があるため、このような行為に関与しないよう強く推奨する "と書かれている。
スバル

スバル、顧客からのクレームを受けて販売店にマークアップをやめるよう指示

自動車市場は、世界的なチップ不足をはじめとするさまざまな要因によって、莫大な需要が発生しています。その結果、自動車メーカーが十分に速く自動車を製造することができない。その自動車不足に対応するため、全米の多くのディーラーが製品にマークアップを施している。今日、スバル・オブ・アメリカのCEOは、このやり方を非難する長文の手紙を全ディーラーに送った。
スバル

コンシューマーレポート2022、スバルがベストブランド、ジープは最下位

コンシューマーレポートは、最新のブランドレポートカードを発表し、日本とドイツの自動車メーカーが上位を占めた。 スバルは、総合得点81点でベストブランドに選ばれました。次いで、マツダとBMWがそれぞれ78点を獲得しました。
スバル

2022年型スバルWRXの価格は30,100ドルから、GTトリムは43,000ドルに迫る勢い

スバルWRXは、ロードゴーイングラリーレーサーの5代目のキックオフとなる2022年のニューマシンです。2021年9月にデビューし、さまざまな評価を受けたが、今回、2022年型WRXファミリー全体の正式な価格設定が明らかになった。この数字によって、WRXファンや購入検討者の最新モデルに対する意見は変わるのだろうか。
スバル

2022年型スバルBRZ用JDM STIパフォーマンスキットをYouTuberが納品

2代目スポーツクーペのBRZには、ターボなどエンジンの改造がないのが残念です。STIはJDMパフォーマンスキットを発売したばかりだが、STIバッジやステッカー、エアロキットを売り続ける限り、BRZが本当の意味でSTIであることはないだろう。TJハントことトーマス・ハント氏は最近、4,000ドルのJDM STIキットを2022年型スバルBRZに追加しました。
スバル

スバルBRZ WRX、GR86との関係を断ち切りターボ「折り紙」仕様に変更

スバルとトヨタはおそらく天才的だと思っているのだろうが、BRZ/GR86ツインの共同開発・生産提携に、誰もが満足しているわけではない。もちろん、それをどうにかできる人は限られている。たとえ、バーチャルでも。
スバル

2023年型スバル・ソルテラの予約が2月28日に終了、価格はまだ未定

今から2週間後、スバルは2023年型ソルテラの予約受付を最終日とする。つまり、日本のブランドは、2022年2月8日に開いた電気SUVの予約を、わずか20日間しか維持しなかったことになる。
スバル

スバル、2022年シカゴモーターショーに公園をテーマにしたブースを出展

2022年シカゴモーターショーは、今年の米国カレンダーで最初の主要な自動車イベントです。自動車メーカーにとっては、より大規模な北米デトロイト・オートショーを前にして、印象を固める絶好の機会です。 このオートショーでは、主要な自動車メーカーが新しいコンセプトを発表し、ブランドを変えるような発表を行うため、電気自動車が中心となっています。
スバル

2022年 スバル フォレスター e-BOXER ハイブリッド技術を英国に持ち込む

1月に欧州市場向けに発表されたフォレスターe-BOXERは、2.0リッター水平対向4気筒エンジン(147ps)と電気モーター(16.5ps)、新型リニアトロニックトランスミッションを組み合わせています。また、13.5kWhのバッテリーパックも搭載しています。
スバル

2022年 スバル フォレスター e-BOXERハイブリッドの欧州・英国向け価格を発表

スバル・フォレスターに4気筒ボクサーエンジンをハイブリッド化したものを何と呼ぶか?フォレスターe-BOXER」ですが、決してコストパフォーマンスがいいとは言えません。
スバル

スバル BRZ カップカーの基本仕様を公開、レース仕様に変更

2022年、SUBARU BRZとTOYOTA GR86 Cup Car Basicは、日本のドライバーに手頃な価格でワンメイクレースに参加できるモデルを提供するために登場しました。サーキット走行時の安全性と信頼性を高めるための改良が施されています。
タイトルとURLをコピーしました