三菱

発売予定表

国産車・発売予定表【フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ情報】

国産車発売スケジュール:随時更新 日本国産車(トヨタ、レクサス、ニッサン、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ)の発表・発売の予定日をまとめました。 各メディアや、過去のデータから予想しています。 あくまで予想ですの...
三菱

2023年 三菱ASX登場 パワートレインは5種類から選択可能

2023年三菱ASX、欧州で初公開!ICE、ハイブリッド、PHEVのバリエーションを揃えたコンパクトクロスオーバー。2023年3月より販売開始。 ASXは、重厚な造形のエクステリア・スタイリングを採用しています。
三菱

2023年型三菱 ASXの公開が9月20日に決定

三菱が次世代ASXを予告したのは1月で、その後6月に技術仕様が明らかにされた。ドイツ支社は、2023年初頭に予定されている欧州での市場投入に先立ち、明日開催されるデビューイベントの運営を任された。ASXは完全な新型車ですが、先代モデルとコンポーネントを共有しないという意味においてのみ、新型車となります。
三菱

三菱 新型トライトン/L200 2023 写真・動画・スペック・情報

三菱の新型車「L200」が登場予定。 新型L200は、ルノー・日産・三菱が旧大陸での販売を目指すのであれば、厳しい排ガス規制を満たすためにハイブリッドおよび/またはプラグインハイブリッドパワートレインを計画する可能性があるようです。
三菱

三菱、『eKクロス』『eKクロス スペース』に先進の安全・快適装備を充実させた「T Premium」「G Premium」を設定、2022年9月8日から発売開始

三菱自動車工業株式会社は、軽乗用車『eKクロス』『eKクロス スペース』に、先進の安全・快適装備を充実させた「T Premium」「G Premium」を設定するとともに、『eKワゴン』『eKスペース』も含めたeKシリーズの一部改良を実施し、2022年9月8日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。
三菱

三菱ラリーアート、特別仕様車で米国に再上陸

ラリーアートが米国に帰ってくる。三菱のスポーティなネームプレートが、2023年モデルのいくつかの特別仕様で復活します。 三菱は2010年、当時の経済危機を理由にラリアート部門を閉鎖した。2021年、同社は当初、東南アジア地域と日本に提供を集中させる計画で、このネームプレートを復活させました。
三菱

三菱、2023年のラインアップに米国向け新型ラリーアート特別仕様車を設定

三菱は、2023年に向けた米国でのラインアップの変更を発表しました。 大きなニュースは、今年後半に発売される再設計されたアウトランダーPHEVです。
三菱

スピードライン・インダストリーズのワンオフ車、三菱XPanderがラリーカーのような外観を目指す

パワーとパフォーマンスについて考えるとき、3列シートのクロスオーバースタイルのミニバンはまず思い浮かばないが、三菱はすでにインドネシアでXpanderをAP4ラリーカーに改造している。マレーシアのSpeedline Industries社は、このラリーカーからインスピレーションを得て、Evoのバリエーションが存在したらどのように見えるかを描いた特別なワンオフモデルを制作しました。
三菱

三菱アウトランダースポーツでエンジンに不具合が発生、7万5千台以上をリコール

2019年以降の三菱アウトランダー・スポーツに乗る人は、当分の間、駐車しておいたほうがいいかもしれない。2019年の5月に戻って、3つのそのようなSUVは、運転中に始動に失敗するか、ストールしました。長時間の調査と、さらに多くの死んだOutlander Sportのエンジンの後、三菱はこれ以上のケースが発生しないように75,000例以上をリコールしています。
三菱

2022年 オーストラリアで「三菱アウトランダー プラグインハイブリッドEV」を4つのモデルで発売

三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)は、オーストラリアにおいて、最新世代となる2022年型アウトランダー プラグイン ハイブリッドEVを発売し、8月15日より販売店での取り扱いを開始します。
三菱

2023年 三菱 エクスパンダークロスがフェイスリフト、ミニバンSUVはまだ二極化の様相を呈す

最近は何でもかんでもSUVにしなければならないので、三菱のXpander Crossは、ややタフな外観を持つハイト系ミニバンである。発売から3年足らずで、すでにフェイスリフトが行われている。デリカは何十年も前からあり、全輪駆動であるのに対し、こちらは前車軸にしか動力を送らないので、頑丈なピープルムーバーに関して言えば、三菱には長い歴史があることを忘れてはならない。
三菱

三菱は10年前のミラージュG4の後継車を準備中か?

ソーシャルメディアに投稿されたこの魅力的な画像が示唆するように、三菱は新型セダンを準備しているのかもしれません。 日本の自動車メーカーのレンジは今、少し奇妙な場所にある。新世代のアウトランダーを販売・生産している一方で、他のモデルの多くは競合車と比較してかなり古く見え始めているのだ。
三菱

三菱アウトランダーのバックカメラに空白ができる事例が発生

米国で56,000台以上の三菱アウトランダーのオーナーは、アライアンス車載インフォテインメントシステムの問題を解決するために、最寄りのディーラーに車両を持ち込むよう奨励されています。
三菱

三菱、新型軽EV「eKクロス EV」を2022年6月16日に発売

三菱自動車は、軽自動車タイプの電気自動車『eKクロス EV』を、6月16日(木)から全国の系列販売会社及び楽天市場店で販売を開始します。 発売に先駆けて5月20日(金)より先行注文を開始し、本日までの約1か月で月販売目標台数850台の4倍となる約3,400台(6月12日時点)を受注しました。
三菱

2023年 三菱ASXのエンジンスペックを公開、PHEVは160馬力に

2010年に発売された三菱ASXは、現在販売されている車の中で最も古い車のひとつです。ありがたいことに、このサブコンパクトクロスオーバーは、2023年の初めにヨーロッパに到着する次世代モデルとして、完全なオーバーホールを受ける予定です。年初に発表された通り、キャプチャー の姉妹車はルノーがスペインのバジャドリッド工場で生産する予定です。
タイトルとURLをコピーしました