三菱

三菱

三菱、2年遅れで「アウトランダー」誕生40周年記念車を発表

特別仕様車が特別であることはまずないが、それは三菱アウトランダーとアウトランダーPHEVの40th Anniversary Editionが発表されたことで明らかである。
発売予定表

国産車・発売予定表【フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ情報】

国産車発売スケジュール:随時更新 日本国産車(トヨタ、レクサス、ニッサン、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ)の発表・発売の予定日をまとめました。 各メディアや、過去のデータから予想しています。 あくまで予想ですの...
三菱

三菱、東京オートサロンに冒険的なコンセプトモデルを多数出品

東京オートサロンは、自動車メーカーが自社の製品にスパイスを加える絶好の機会であり、まさに三菱が冒険的な側面に焦点を当てたものである。今年のラインナップは、軽自動車(デリカミニ、eKクロス、ミニキャブミーブ)、SUV(エクリプス クロス、アウトランダー)、ミニバン(デリカD:5)、そしてピックアップ(トライトン)の9車種である。
三菱

三菱の歴代最高傑作は?

もし、あなたが「最もワクワクしない新車のラインアップを持つ自動車ブランドはどこか」と尋ねられたら、三菱の名前が最初に浮かぶ可能性は高いだろう。 日本の自動車メーカーは52年の歴史があり、現在の車種はどちらかというと刺激に欠けるが、数十年にわたり素晴らしい車を生産してきたのだ。そこで今回のQOTDは、「三菱が作った最も偉大なクルマは?
三菱

三菱ミラージュ、日本での販売中止を決定、米国では当面継続販売

三菱ミラージュは、同社のウェブサイトは、モデルが廃止されていることを明らかにしたように、日本では道路の終わりに達している. 海外の開発にもかかわらず、広報担当者はAutoblogに語った "ミラージュは、この時点で私たちの米国のラインアップの不可欠な部分である".
三菱

2023年 オーストラリアで「パジェロスポーツ」を発売、新機能と新色を追加

三菱パジェロスポーツシリーズが、オーストラリアで2023年モデルとしてアップデートされ、いくつかのマイナーチェンジが行われました。新型車の生産は2月に開始され、販売店での納車は4月から開始される予定です。
三菱

三菱「D:5デリカ」、左ハンドル市場に参入せず

三菱が2018年にフェイスリフト版「D:5デリカ」を発表して以来、しばらく経ちました。三菱のデザイン言語「ダイナミックシールド」を採用した新感覚のスタイリングで、AWC四輪駆動システムを搭載したオフロード対応のピープルホーラーは、日本以外の市場でも愛好家やバイヤーの間でかなりの関心を呼び起こした。
三菱

三菱、『デリカD:5』の特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を11月17日から発売

三菱自動車は、オールラウンドミニバン『デリカD:5』の特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を11月17日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。メーカー希望小売価格は4,425,300円(消費税10%込)。
三菱

三菱、『エクリプス クロス』を一部改良し、特別仕様車「BLACK Edition」を設定

三菱自動車は、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』にブラックのアクセントカラーを内外装の要所に配した特別仕様車「BLACK Edition」を設定、また、グレード展開の見直しや機能装備の充実など一部改良を実施します。
三菱

三菱、新型『デリカミニ』を初公開、2023年夏頃に発売予定

三菱は、新型軽スーパーハイトワゴン『デリカミニ』のスペシャルサイトを本日開設し、エクステリアデザインを初披露しました。同車は初代『デリカ』の発売から55周年となる2023年度初夏に投入する計画で、「東京オートサロン2023」に参考出品する予定です。
三菱

2023年に登場する小型クロスオーバー「三菱XFCコンセプト」を初公開

三菱は先月、「新型」ASXを発表した後、ルノー・キャプチャーにバッジを付けて終了しました。この小型クロスオーバーは、XFCコンセプトの市販版を販売する予定のASEAN市場向けに、より力を入れることになるでしょう。
三菱

2023年 三菱アウトランダーPHEV、レンジトップトリムで5万ドル超の価格設定

2023三菱アウトランダーPHEVは11月に販売店に到達し、我々は今、その様々なトリムレベルのための完全な価格情報を持っています。どれだけ贅沢をするかで、ベースモデルとフラッグシップの間には1万ドルの差がある。
三菱

2023年 三菱トライトン スポーツエディションは、オーストラリア限定のブラックアウトスペシャルモデル

三菱自動車は、オーストラリアで2023年モデル「トライトン」を発売しました。ガソリンエンジンのオプションはなくなりましたが、装備を充実させ、「トライトン スポーツエディション」と名付けた特別仕様車を400台生産します。
三菱

三菱、『アウトランダー』のPHEVモデルに特別仕様車「BLACK Edition」を設定、標準車は一部改良して2022年10月27日から発売

三菱自動車は、クロスオーバーSUV『アウトランダー』のプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルに、ブラックのアクセントカラーを内外装の要所に配した特別仕様車「BLACK Edition」を設定。また、標準車はコネクティッド機能を充実させるなど一部改良し、全国の系列販売会社を通じて10月27日(木)から発売します。車両本体のメーカー希望小売価格は4,621,100~5,485,700円(消費税10%込)。
三菱

2023年 三菱アウトランダーPHEVは54マイル(87キロ)の全電気航続距離を誇ってデビュー

三菱アウトランダーは、4代目で大幅な改良を受けました。プラグインハイブリッドを含む全モデルのデザインを変更しました。三菱は、今年11月に米国の一部の市場でアウトランダーPHEVの販売を開始する予定ですが、到着時の価格は、地域によって異なる目的地料金を除いて39,845ドルです。
タイトルとURLをコピーしました