日産

日産

日産、北極から南極まで約27,000kmを走行する改造アリアを準備中

スコットランドの冒険家クリス・ラムゼイがハンドルを握る日産アリヤが、EVはもちろん、自動車として初めて北極から南極まで走ることを目標に、27,000kmの旅に出ます。 Pole to Pole "の冒険は、2023年3月にスタートします。北極から出発し、北アメリカ、中米、南米を経て、南極大陸に渡り、最終的に南極点に到達する予定です。
日産

日産R390 GT1ロードカー、ヴィラ・デステでその壮大な姿を現す

もし『グランツーリスモ』がなかったら、日産R390 GT1は最も無名のスーパーカーのひとつに数えられていたことでしょう。この週末、イタリアのコモ湖畔に、右ハンドル仕様で唯一公道走行が可能なモデルが姿を現したのです。2022年のコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステに参加し、両側排気口と巨大な赤い翼を誇示しながら、素晴らしいV8サウンドを響かせたのです。
日産

日産 新型デイズ サクラ SAKURA 2023 写真・動画・スペック・情報

主なトピック 日産 新型デイズ サクラ SAKURA 2023 情報更新日:2022年5月20日: 「日産サクラ」は、100%電気で走るまったく新しい軽の電気自動車です。 軽自動車独自の小回り性能に加え、「日産リーフ」の開発で...
日産

日産ジューク ハイブリッド ラリー トリビュート コンセプト、ダカール参戦に向け準備万端

ジューク・ハイブリッド・ラリートリビュートは、その名前からもわかるように、今夏に欧州で発売予定の新型ハイブリッドSUVをベースにしている。しかし、その外観はラリーカーのように見えるよう、さまざまな改造が施されています。ホイールアーチをカットして265/70R16のオールテレイングッドイヤーラングラータイヤを装着し、フェンダーフレアをワイドにボールドオンしています。
日産

2023年日産エクストレイル、旧型の2.5リッター4気筒エンジンを搭載し米国で発売開始

新型X-TRAILは、日産のCMF-Cプラットフォームを採用し、ボンネットには135kW(181ps)、245Nm(181lb-ft)の2.5リッター自然吸気4気筒ガソリン・エンジンを搭載しています。これは三菱アウトランダーと同じエンジンで、CVTトランスミッションと組み合わされる。興味深いことに、これは2021年11月に北米のローグから引退し、よりパワフルで効率の良い1.5リッターターボ付き3気筒に置き換えられたエンジンである。
日産

日産 新型フェアレディZ Z35 2022 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

日産 フェアレディZ 2022 フルモデルチェンジ 日産は、2022年1月14日に新型「フェアレディZ」(日本市場向けモデル)を東京オートサロン2022で公開しました。 併せて特別仕様車の「Proto Spec」を発表。 ...
日産

JDM日産370Zの高速チューニングに注目

日産370Zは発売から10年以上経過していますが、そのドラマチックなデザインは今もなお、私たちの目を惹きつけてやみません。今回、ヤフーオークションに出品された370Zは、その中でもひときわ目を引く存在です。
日産

オーストラリアのプレムカーが日産ナバラの新モデル「ウォリアー」と強力なパトロール用オフローダーの開発に着手

オーストラリアのエンジニアリング会社プレムカーは、日産ベースの「ウォーリア」モデルのラインアップを現地市場向けに拡充する。
日産

左ハンドルのR34日産GT-Rを見たことがありますか?

R34日産GT-Rは、90年代に最も影響力のあった車のひとつであり、現在でも非常に優秀な車として崇められています。この車は右ハンドルのみで販売されていたことで有名ですが、ある勤勉な出品者は、そのR34を左ハンドルに改造することでそれを改善しようとしました。
日産

2023年日産フェアレディZ、オートマチックトランスミッション搭載で排気音が大きく

今度の日産Zは、最もエキサイティングな新しいエンスージアスト・カーのひとつです。このエキサイティングなスポーツカーには、6速マニュアル・トランスミッションと9速オートマチック・オプションの両方が用意されています。それぞれのトランスミッションの走行特性の違いに加え、日産は厳しい騒音規制をクリアするために、マニュアルトランスミッションのZにキッターマフラーを装着することを余儀なくされました。
日産

日産幹部、ニスモのEVがいずれ登場することを明言

日産の欧州担当会長ギヨーム・カルティエは、将来の日産EVに高性能なニスモバージョンが登場するだろうとトップギアに語った。しかし、このスポーティな仕様が最初に導入されるモデルは、まだ明らかではありません。
日産

2023年型「日産フェアレディZ」、発売前にそのサウンドを楽しむ

先日、米国のジャーナリストたちが2023年型日産Zを試乗する機会を得ました。最初のレビューはまだ非公開ですが、The Smoking Tireのマット・ファラ氏は、この新しいスポーツカーをサーキットで走らせる映像を公開しました。
日産

日産、2022年型GT-Rの日本での受注を終了、R35の将来については引き続き慎重に対応

2022年モデルのGT-Rは、本国ではT-specとNismoのバリエーションのみで発売され、オーストラリアでも一時販売されましたが、日産はオーストラリアでのラインアップから外しました。一方、米国ではGT-R PremiumとGT-R Nismoが2021年モデルとして残りました。
日産

ニスモが「NISSAN Z」レースカーを公開、富士24時間レースに参戦決定

日産自動車とニスモは、富士24時間レースに参加する日産Zのレース車両を公開し、新型Zの様々なモータースポーツカテゴリーへの参戦の可能性を探った。
日産

2023年日産アルティマ、よりスポーティな外観と大型インフォテイメントシステムを搭載してスパイされる

2018年のニューヨーク・オートショーで6代目となる日産アルティマが発表されましたが、同社が人気セダンのフェイスリフトに取り組んでいることは、さほど驚くことではありません。
タイトルとURLをコピーしました