日産

日産

日産アリアEV、ムーステストに見事合格

日産自動車の電気自動車「アリヤ」は、自動車メーカーにとって非常に重要な車です。私たちはまだ運転する機会がありませんが、かなり多くのことを行っているようです。 アリヤは非常に魅力的なエクステリアデザインを持つだけでなく、そのインテリアは非常にモダンで、他のすべての現行日産モデルよりも大幅にアップグレードされているように思われます。
日産

日産 新型セレナ 6代目 C28 2022 写真・動画・スペック・情報

主なトピック 日産 新型セレナ 6代目 C28 2022 情報更新日:2021年2月3日: 新型「セレナ」は、初代から受け継がれる“BIG”、“EASY”、“FUN”のコンセプトに代表される室内空間の広さや利便性はそのままに、移動時...
日産

2023年型日産フェアレディZ、ワタナベホイールで完璧にドレスアップ

新型Zのデザインは、240Z、260Z、280Zといった名車からインスピレーションを受けつつ、現代的なデザインに仕上げられているといっても過言ではないでしょう。 2023年型Zの販売台数が増加するにつれ、アフターマーケットの専門家も増えてきました。レーシングサービスワタナベは、このスポーツカーに目を引くホイールを装着した最新の会社です。
日産

2023年 日産「ヴァーサ」、価格アップと装備充実の両立を実現

日産自動車は、2023年モデルから若干の値上げを実施したが、一連のアップグレードのおかげで、この値上げが不合理とは思えない。 日産のサブコンパクトセダンの価格は、エントリーレベルのSに標準の5速MTを組み合わせた場合、15,730ドルからとなっており、2022年モデルの15,080ドルからわずかな上昇にとどまっている。
日産

VeilSide製作の2023年型「日産フェアレディZ」、印象的なボディキットを装着し、その姿を現す

2023年型日産Zは、発売からまだ間もないですが、すでに日本の有名チューナー、ベイルサイドがボディキットを設計・製造しています。 このキットはまだ完全には公開されていませんが、Facebookで公開された画像では、ほとんどの角度からこの車をよく見ることができます。
日産

600馬力のZエンジンを搭載した日産フロンティアのオフロードレーサー

フォーミュラ・ドリフトのチャンピオンである吉原大選手は、最近オフロードレースに興味を持ち始めたそうです。そこで、スポンサーであるENEOSとフィラデルフィアのR/T Tuningが共同で、このワイルドなフロンティアを製作し、SEMAで初公開しました。
日産

2023年型日産GT-R、ベース価格115,435ドルで初公開

日産GT-Rの現行モデルは、2009年のモデルイヤーで米国に上陸しました。そして今回、2023年モデルの価格が発表されました。トリムレベルは2つあります。プレミアムとニスモです。 日産は米国でGT-Rの2022年モデルを販売しませんでした。2021MYバージョンは2022年前半まで販売されていました。そのため、下の表は2021年式車両とのコスト比較になっています。
日産

日産フェアレディZ、V8フロンティア、アリアサーフワゴンがSEMA2022に登場

10月の終わりといえば、ジャック・オー・ランタン、キャンディ、コスチュームなど、普通の人なら誰もが思い浮かべるものです。しかし、自動車業界に身を置く私たちにとって、毎年恒例のSEMAショーでは、まったく異なる装いの人々がグランドデビューを果たします。
日産

2023年日産ジューク、オーストラリアで新エンブレムとエアロをマイナーチェンジ

2代目日産ジュークは2019年から登場したが、まだかなり新鮮な印象がある。オーストラリアの2023年モデルで、日産は非電化のジュークに、欧州のジュークハイブリッドが最近導入した小さなアップデートをいくつか装備し、同時に価格も少し上げることにした。
日産

HKSの2023年型日産フェアレディZはセクシーな魅力に溢れています

日本のチューニングで有名なHKSは、その魔法をかけた最初の2023年型日産Zの1台を公開しました。 HKSは、このZにどのような改造を施したかは明言していませんが、特に目立つものを2つほど紹介します。
日産

2023年日産「ヴァーサ」、Vモーショングリルの変更と新トリムパックを搭載してデビュー

日産ヴァーサは、いくつかの変更を加えながら2023年に登場します。グリルの変更、新しいトリムパッケージの追加、そして新しいエクステリアカラーの導入が行われました。このモデルは、今年の秋以降に発売されます。
日産

2023年日産フロンティア、「ミッドナイトエディションパック」を発売、価格も若干アップ

日産は2022年モデルでピックアップ「フロンティア」を徹底的なリフレッシュを行った。15年以上ラインナップから遠ざかっていたこのトラックは、アップデートによってライバルと対等に渡り合えるようになった。しかし、2023年のフロンティアが登場すると、30,485ドルからと以前より若干高くなる(価格はすべて1,295ドルのデスティネーションチャージを含む)。
日産

マンハート社製「日産パトロール」、中東での発売を記念し、斬新な配色と641馬力を実現

マンハートは、中東での事業拡大を記念して、ライバルであるトヨタ・ランドクルーザーと並んで同地域で最も人気のあるSUVのひとつである日産・パトロールの改造車をプレビューした。マンハートPT650は、ニスモモデルをベースに、ゴールドのカラーリング、24インチホイール、そしてスーパーチャージャー付きV8エンジンにより641psにパワーアップしたモデルです。
日産

日産フェアレディZ GT4レースカーがデビュー、2023年にサーキットで走行可能

日産自動車株式会社と日産モータースポーツ&カスタマイジング株式会社は、数日前の突然のティザー映像に続き、本日、最新のレーシングカー「NISSAN Z GT4」を公開しました。(日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイジングは本日、最新のレーシングカー「NISSAN Z GT4」を公開しました。
日産

オフロードに特化した日産自動車の新型SUV「パトロール・ウォリアー」、オーストラリアで発売決定

オーストラリア日産は、パトロールの新しいモデル、パトロール・ウォリアーを近々発売する予定です。 パトロール・ウォリアーは、今年初めに試乗したナバラ・プロ4X・ウォリアーの製造元であるプレムカーが開発・製造する予定です。
タイトルとURLをコピーしました