三菱

三菱

三菱ラリーアート SUV・MPV用アクセサリーラインナップを発表

三菱自動車は、アウトランダーPHEV、エクリプス クロス、RVR(ASX)、デリカD:5向けに、ラリーアートブランドの各種アクセサリーを日本市場に導入しました。化粧品は、2ヶ月前の東京オートサロン2022で発表したコンセプトカー「Ralliart Style」と同じもので、三菱の豊かなモータースポーツの伝統にインスパイアされたものです。
三菱

三菱、2022年型アウトランダー ブラックエディションでダークサイドに進出

新型アウトランダーは、12月に過去最高の販売台数を達成し、昨年度のブランド総販売台数の33.2%を占め、米国における三菱自動車の運命を逆転させたと言えるでしょう。 これは大きなニュースであり、三菱はこの勢いを維持するために、新型アウトランダー ブラックエディションを導入しようとしています。
三菱

1990年代の三菱シグマはクラシックなユーロアジアデザインとそれに見合う快適さを備えた車だった

80年代前半から90年代にかけては、三菱にとって素晴らしい時代だった。世界が日本車を受け入れていたのだ。ラリーで我々を感動させただけでなく、日本の自動車メーカーは、BMW 5シリーズやボルボ240といったヨーロッパの競合車種に支配されつつある高級車市場に参入しようとしていた。
三菱

三菱i-MiEV: 真剣に取り組む最初の現代的EV

正直に言おう。2000年代後半、三菱i-MiEVが登場したときの反応は、いわば賛否両論だった。もしi-MiEVが当時のEV技術の最高峰だとしたら、EVの分野ではそれほど期待されていなかったに違いない。
三菱

三菱ランサーエボリューションの無謀な運転により3台の車が衝突する事故が発生

この事故は、2022年2月10日の夜遅く、シドニーの南西約20km(12マイル)にあるヤゴナの町で起こったようです。当初、自動車運転手の後方ダッシュカムには、黒いEvo VIIが積極的に交通をかき分け、前方を左折してきた白い貨物バンに追突するのを辛うじて避ける様子が映っていたそうです。
三菱

1976年の三菱ジープは日本が生んだアメリカン4X4の傑作

アメリカ人なら誰でもジープとわかるものを製造するために、世界中の一握りの自動車メーカーがどれだけのお金を稼いだか、あなたは信じないでしょう。しかし、そうではないかもしれません。なぜなら彼らは、Jeep の歴史と同じくらい長い間、それを続けてきたのですから。
三菱

三菱、新型『アウトランダー』のPHEVモデルをニュージーランドに投入

三菱は、新型クロスオーバーSUV『アウトランダー』のプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルを、海外市場で初となるニュージーランドで3月6日より販売開始します。 同国では、昨年11月より発売に先駆けて先行注文を受付開始しており、2月20日までに目標を超える500台を受注。
三菱

2022 三菱アウトランダーにブラックのアクセントを加え、ストームトルーパー仕様に

三菱アウトランダーは、ルノー、日産との提携により、最も安全で洗練されたコンパクトクロスオーバーとして、現在4代目となる最新モデルを発表しています。
三菱

2023年型アウトランダーPHEVは三菱を墓場から救うことができる

三菱自動車が21世紀に入ってから、どれほど危機的状況に陥っていたかを、人々は理解していないようだ。エボ10の死は、日本の上層部にとって、三菱のアメリカ乗用車事業の優先順位が下がったことを告げるかのようであった。
三菱

三菱パジェロエボリューションを超えるオフロード車はあるか?

「エボリューション」といえば、三菱ランサーエボリューションが有名だが、日本の自動車メーカーはパジェロの究極版にもこの名前を使用している。 パジェロ・エボリューションは、ダカール・ラリーで勝つために特別に製造され、1985年から2007年の間に、異なるバージョンのオフロード車がダカールで12勝もの勝利を収めたのである。
三菱

三菱ランサーエボリューションXにデジタル技術を導入、テレポートビルドを実現

三菱の旧型エボはやはり最高だと言う人もいる。まあ、そんな企画も、長く愛されてきた思い出がランサーの忘却の彼方へと消えていき、市場は縮小傾向にあるのだが。いや、待てよ、ここでCGIで思い出してみよう。
三菱

三菱、新型『アウトランダー』プラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルの累計受注台数が約3か月で累計10,000台超

三菱が、2021年12月16日に発売した新型クロスオーバーSUV『アウトランダー』のプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルの累計受注台数は、2021年10月28日の先行受注開始から約3か月後となる2月5日の時点で10,000台を超えました。(販売計画1,000台/月)
三菱

2030年代の三菱エクリプスEVは、2つのパーツに分かれる非公式デザインスタディ

三菱エクリプスは、かつての日本のライバル車ほどには愛されていないかもしれないが、それでも非常にクールな車であり、プロの自動車デザイナーであるアドバイト・タワレがカラン・アディヴィの協力を得て、この研究を行うことになった。
三菱

アークティックトラック、三菱パジェロスポーツをさらに進化させる

アークティックトラックは、オフロードに特化したSUVの改造で知られており、三菱パジェロスポーツをベースにした最新モデルも例外ではありません。すでにロシアで発売されているパジェロスポーツAT35をベースに、オフロード性能を高めつつ、存在感のある走りを実現したチューニングモデルを発表しました。
三菱

2022年型「三菱アウトランダー」にエンジンストール問題が発生するおそれ、米国でリコールを発令

最近、2022年式三菱アウトランダーを新車で購入されましたか?この話はおそらくあなたに関係するので、あなたがした場合、どこにも行かないでください。 数日前に発表された文書で、米国道路交通安全局(NHTSA)は、2021年2月8...
タイトルとURLをコピーしました